« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

ウツボグサと百日草

田んぼの土手に紫色の小さな花をつけはじめたウツボグサ。花穗の形が弓矢を入れる靫に似ていることからウツボクサと名前がつけられようですが、私にはサンゴの間から顔を覗かせているたくさんのウツボ(海の生物)のイメージがしか湧きませんでした。

Dsc_98352

隣の広場に植えられた百日草が見ごろをむえました。花期が長いことから百日草と名前がつけられ、夏の花壇の花として親しまれていますが、最近は花の改良によるのでしょう、とてもカラフルでしたので、ついついカメラを向けてしまいました。

Dsc_9787

Dsc_9783

Dsc_9789

 

2012年6月28日 (木)

チョウの飛翔を撮る

 春の田植え前に刈った田んぼの土手の草が伸び、今日は一日その除草におわれました。土手は今、ノアザミやウツボ草の花が咲きチョウ達がさかんに飛び回っています。休憩時間にそんなチョウの飛翔避姿を撮ってみました。

Dsc_9824

Dsc_9826

Dsc_9827

ヒントはオートフォーカスよりもマニアルで固定し、微調整は自分の身体を前後してヒントが合った瞬間に連写するのがよいようです。

2012年6月27日 (水)

ジャガイモが豊作

 今日はなかなか収穫のできなかったジャガイモを収穫。大きな芋もあり、今年は豊作でした。

Dscf58971

今年はダンシャク、十勝コガネ、とうやの3種類をつくりました。それぞれどんな味がするか楽しみです。

Dscf58981

大きなイモは手でつかみきれないほどありました。写真は十勝コガネ。

Dscf5896

ジャガイモを栽培してみえる方ならわかりますが、こちらはジャガイモノの実。花が終わりトマトのような実をつけますが、この先 熟して種ができるかは不明。

Dsc_9813

話は変わって、妻がまな板の上に置いていた切りかけのパプリカ。何となく人か動物の顔に見えたのでパシャリと一枚。

2012年6月26日 (火)

ホタルガとネジバナ

今日見つけたのは赤い頭に黒い羽根のその名もホタルガ。ホタル風仕様のこのガもこの時期と9月に見られるようです。

Dsc_97741

マダラガ科の仲間で発光はしませんが、飛んでいるとき、羽根の白い帯がライトをくるくる回しているように見え目立ちます。

Dsc_97561

話は変わって、今、田んぼ畔にネジバナが咲き始めとても綺麗です。

Dsc_9767

地方によってはヒダリマキなどともよばれ、一般に左にねじりながら花をつけていきますが、写真の真ん中の2本のように右にねじれて花をつけていくのもあります。

2012年6月25日 (月)

カワラナデシコとカワラヒワ

 今年もナデシコと呼ばれるカワラナデシコが花盛りを迎えています。

Dsc_9739

Dsc_9745

9月頃まで咲くため秋の七草にも入っているカワラナデシコ。中国から入ったカラナデシコ(石竹)にたいして、日本に自生するナデシコということでヤマトナデシコともよばれ、川原や山野に普通に見られましたが、今はなかなか目にすることができなくなりました。

Dscf0966

ナデシコとは関係ありませんが、このごろキリキリコロコロと鳴きながらやってくるのは、おなじカワラと名前がつくカワラヒワ。数匹でやってくるのでにぎやかです。

2012年6月24日 (日)

水の流れ

 今日も夜はホタルの撮影。まだまだ少し明るい中でカメラをセット。そんなホタルを待つ間に撮ったのは川の流れ。川面に発生した泡が、水の流れに沿ってゆっくりと円を描いていた。

Dscf0926_2

Dscf0920

2012年6月22日 (金)

ホタル

 写真仲間の方の情報で、先ほどまで近くの川にホタルの撮影にいってきました。いましたいました、数匹が光を放ちながら飛んでいました。しかし話を聞いたよりも数は少なそう。きっと昨夜の大雨で影響があったかもしれませんね。でも何とか写っている写真を掲載しましたので、画像をクリック拡大して見てください。

2

川の岸辺近くを飛ぶゲンジホタル。24㎜の広角側で25秒ほどかけて撮りました。ちなみにISO1600でF値は5.6です。   

Dsc_0915

こちらは中望遠で撮った一枚。

Dsc_0914

対岸の藪の中にもたくさんのホタルがいましたが、笹のの葉に止まり点滅を繰り返すだけ。休憩中だったようです。

2012年6月21日 (木)

竹林

 春に顔を出した竹の子が大きく育ち、いま立派な竹になりました。竹の表面は初々しく、多くの竹の中から見つけることも容易です。

Dscf5877

右は今年生えた竹。まだ竹皮におおわれた部分もありました。

Dscf58741

よく手入れされた竹林。竹の節の縞模様が綺麗です。

Dscf5875

竹の年齢によって色が変化して、そのグラディーションが綺麗です。 

2012年6月20日 (水)

愛知県森林公園

今日は2回ほど休んでいたウォーキングに参加し、愛知県尾張旭市にある森林公園を散策しました。

Dscf58401

この公園は全国森林浴100選にも選ばれていて、一般公園と有料の植物園を合わせ140ヘクタールにも及ぶ公園で、森林浴も兼ねて色々なコースをウォーキングできます。

Dscf58591

大きな芝生広場もあり、まるで緑の砂丘のようです。

Dscf5869

Dscf5866

アジサイ園ではアジサイが見頃をむかえていました。

2012年6月19日 (火)

テイカカズラ

 午後から台風が近づくとあって、風で飛んでいきそうなものの片付けに追われた。今のところたいした風も吹いていないので、このまま通り過ぎれば良いのだが。

Dsc_9751

Dsc_97492

雨の日はなかなか外出しずらい。それでもと、傘とカメラをそれぞれ片手に散歩に出かけた。山すそに見つけたのは、白いプロペラのようなテイカカヅラの白い花。今日の雨と開花の最盛期をとうに過ぎていたのか地上にに白い花をいっぱい落としていました。

無防備な鯉たち

 近所の寺の池に鯉たち、人が池のまわりに近づくと、食べ物がもらえると思い大きな口を開け近づいてくる。とても可愛いが、あまりにも無防備すぎるので心配してしまう。

Dsc_0784

Dsc_07981

生まれたときから人に餌をもらって育てられた鯉ゆえでしょうか。

2012年6月16日 (土)

初夏の祇園 

昨日はツァーで祇園散策。初夏の祇園を楽しみました。

Dsc_0837

舞妓の花かんざしもアジサイとカタツムリ。

Dsc_0871

白河夜船ならぬ白川沿いも初夏の風情。

Dsc_0864

小路にものれんと生け花。演出が細やか。

Dsc_0901

出された和菓子もアジサイをイメージ。

Dsc_0891

2012年6月14日 (木)

御嵩町文化協会美術工芸部作品展

 今日は地元の作品展の紹介になりますが、今御嵩町中山道みたけ館特別展示室で御嵩町文化協会美術工芸部作品展を開催しています。お近くの方で興味のある方はお立ち寄りください。開期は6月24日(日)まで。

Dsc_97481

いきなりトップ画像に掲載して申し訳ありませんが、今回出品している私の作品「巨樹」。

Dscn3917

開催案内のポスター。 こんなポスターも私が作ります。

Dscn3922

Dscn3919

写真のほか水墨画、伊勢型紙も展示しています。 

2012年6月13日 (水)

モリアオガエルとヤブテマリ

 今日も一昨日の平池の話題、平池にはモリアオガエルがいて、ちょうど池のまわりで花を咲かせたヤブテマリに卵を産卵していました。

Dsc_9666

Dsc_96491

ヤブテマリの枝が水面に突き出ていて、モリアオガエルの格好の産卵場所になっていました。

2012年6月12日 (火)

ゼブラロード

 昨日の続きで、カキツバタの撮影を午前中に終え、午後からは周辺の撮影ポイントあちこち回りました。

Dsc_0752

まずは、マキノにあるメタセコイアの並木道。ゼブラロードとして写真家の間では格好の被写体になっているようです。時間帯も良く、メタセコイアの影が道路と直角に交わり、まるでシマウマの背中のようでした。

Dsc_9697

さらに足を伸ばして、越前海岸の「水仙の里」近くに、海を望む棚田があるということで行きました。残念ながら棚田のほとんどが現在は耕作放棄地になっていて、田植えがなされいたのは数枚程度でした。それでも田植えが終わったばかりの田んぼは赤土色で、青い海とのコントラストがとても綺麗でした。

Dsc_97061

帰りの最後は余呉湖にもよりアジサイを撮影。しかし、こちらもまだ咲き始めたばかりで10日以上早く、少し残念な結果となりました。写真は唯一アジサイが色づき始めた場所での写真。

2012年6月11日 (月)

平池のカキツバタ:

 今日は滋賀県高島町にある平池に咲く、カキツバタの撮影会。早朝よりの撮影のため深夜の出発し日の出前に現地に到着。日の出と共に差し込む朝日はカキツバタの群生を明るく照らし出す幻想的世界を写しました。

Dsc_96602 

Dsc_96611

Dsc_9675

浮島に咲くカキツバタのような世界。

Dsc_9658

地理的に関西圈ということもあり、大阪や京都方面のカメラマン方々がたくさん見えました。日が高く昇る頃にはカメラマンの姿はほとんど見られなくなり、一般の観光客と入れ替わりました。

2012年6月 9日 (土)

雨の日はやっぱり水滴写真なのだ

  いよいよ梅雨に入りし今日は一日中雨でした。そんな雨の日はやっぱり水滴写真なのだと、近くの広場のサツキが満開だったので、傘とカメラを両手に撮影に挑みました。

Dsc_9583

Dsc_96101

Dsc_96021

サツキの木は小枝が密で、また枝もしっかりしているため、蜘蛛が巣を張りやすいのてしょう、たくさん巣を作っていました。そんな巣に雨が降ると水滴がついてとても綺麗です。

Dsc_96311

こちらはサツキの花のシベに付いた水滴。いずれもマクロレンズを使用しています。

2012年6月 8日 (金)

金環食写真

さる5月21日に撮影した金環食の連続写真を一枚の写真に加工してみました。

12

欠け始めから金環日食まで連続写真です。右下は触に入る直前の太陽。

2012年6月 7日 (木)

ササユリが見ごろ (みたけの森)

 毎年このブログで紹介している「みたけの森」のササユリが今年も見ごろをむかました。

Dscf57762

Dscf5798 

生活環境保全林として整備されたみたけの森。昔からこの地に自生するササユリを守り増やそうとボランティアの方々などの努力により、周辺地域屈指の群生地となり、広さでは日本一となりました。

Dscf5780

林下に清楚な花をつけるササユリは見ていると心が癒されます。

Dscf57641

Dscf5792

訪れたのは午後の4時過ぎでしたが、多くの来園者で賑わっていました。まだまだたくさんの蕾がありましたので、この週末がピークのようです。

2012年6月 6日 (水)

金星の日面経過

 今日は金星の日面経過 (太陽面通過ともいう) があるということで撮影に挑みました。金環食の撮影のため揃えていたフイルターが再度役にたつことになりました。今回は300㎜に2xのテレコンをつけての挑戦。午前7時10分頃から食が始まったようですがこの地域ではあいにくの曇り空、それでも午前9時30頃から雲が切れたため、さっそく撮影に挑みました。このあとこの現象が見られるのは105年後だそうです。

Dsc_0541

9時32分頃。もう太陽の真ん中あたりを通過していました。

Dsc_0556

↑ 9時36分頃

Dsc_05651

↑13時10分頃

Dsc_0568

↑13時30分頃 第3接触 (太陽の縁に接すること)

Dsc_05811

↑13時37分頃 

Dsc_0592

↑13時44分頃  47分頃には太陽面を離脱。    

2012年6月 5日 (火)

要注意外来生物 イタチハギ

 道路脇に最近見かけるようになったイタチハギの花。北米原産の植物で一時期、道路の法面保護のため、種子がまかれ育ったもののようですが、現在は要注意外来生物として取り扱われています。

Dscf09063

Dscf0908

イタチの尻尾に似ていることから、イタチハギと名前がつけられたのかも知れませんが、ブラシノキの紫色バージョンといった感じ。花だけを見るとけっこう綺麗ですが、道路脇にたくさん咲いているところを見ると、日本の風景には合わない異様な感じがします。

要注意外来生物 ・・ 特定外来生物のように、法令により移動が制限されるなどの生物ではありませんが、注意や今後 観察を要する生物。セイタカアワダチソウやハリエンジュなども含まれます。

Dscf0912

こちらもブラシのようなシライトソウ。林の縁などによく見られた日本古来の山野草ですが今はあまり見かけなくなりました。隣の家の庭に植えられていました。

2012年6月 4日 (月)

今年も豊作ホウネンエビ

 卵で1年のほとんどを地中ですごしていたホウネンエビ。田植えをしてから2週間以上を経った いま、大きく育って田んぼの中をさかんに泳いでいました。

Dsc_9554

交尾をしているホウネンエビでしょうか、2匹が一緒に泳いでいました。とすれば、右が雌で左が雄ということになるようです。

Dsc_95601_2 

すでに卵を持っている雌のホウネンエビ。卵からは一度乾燥状態を経ないと生まれないし、親の寿命も1ヶ月ほどですので、ホウネンエビが見られるのは今の時期だけ。ほとんどの場合足を上にして泳ぎますので、水面近くで見られる.のはお腹と足ということになります。

Dsc_9546

近くにいたのはホウネンエビの天敵、オタマジャクシ。大きくなるとホウネンエビはもちろんメダカなどの小魚も食べてしまいます。

2012年6月 3日 (日)

55才の一円玉

 このブログのテーマと少しかけ離れますが、小銭入れがいっぱいになり、できるだけ小銭を使いやすいように金種別に分けて入れ直した。一円玉が一番多かったがそんな中に昭和30年代の一円が3ッも出てきた。一番古いのは昭和32年の一円玉で、もう55才になる。人は社会で一人前に働くようになるのは20才ぐらいからだが、一円玉は生まれたときから働いているので、とうに定年を過ぎているといてもよい。しかし写真にあるように、多少の擦り傷はあるがあと10年以上は活躍できそうである。とかく1円玉は一万円札等とくらべ価値として軽視されがちだが、日本経済の運営上なくてはならない存在に変わりはない。多くの人の手から手へと渡り1円という使命を50年以上ひたむきに努めてきた。それゆえ1円玉を粗末にしてはいけない。ただただ感謝のみだ。

Dsc_95291

私の小銭入れに入っていた1円玉。左から昭和39年、昭和32年、昭和38年生まれ。皆さんの中にはこれより古い1円玉をお持ちかも知れませんが(昭和30年が最初)、一円玉の旅カラス、 この三兄弟もすぐに私の手から離れて日本中をまだまだ旅することでしょう。

2012年6月 2日 (土)

アジサイが見ごろ

 6月になりアジサイが見ごろになった。といっても山すその林内に生えるコアジサイ。アジサイより少し早めに開花するようです。

Dscf57222

Dscf57211 

アジサイ特有の装飾花を持たないやさしい感じのアジサイでシバアジサイともよばれます。

Dscf5725

傍に咲いていたのは秋に赤い実をつけるガマズミの花。薄暗い林内もこうした花たちで今は賑やか。

2012年6月 1日 (金)

今年もニゲラの花盛り

 裏庭にニゲラが咲き始めました。見た目も変わった花で、実が熟すと種を飛ばして勢力を拡大してきている。あらためて外来植物のしたたかさに感心する。

Dsc_9527

クロタネソウとも呼ばれるニゲラの花。雌しべは受粉するとすぐに大きくなり、タコが逆立ちをしたように見えます。花びら(花弁)のように見えるのは萼片 (がくへん)で、イガグリのトゲように見えるのは総ほう片。

Dsc_9528

トゲのような総ほう片に囲まれたつぼみ。触れると痛そうですが、やわらかく触っても痛くはない。葉も総ほう片とおなじ線状です。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »