« 55才の一円玉 | トップページ | 要注意外来生物 イタチハギ »

2012年6月 4日 (月)

今年も豊作ホウネンエビ

happy01 卵で1年のほとんどを地中ですごしていたホウネンエビ。田植えをしてから2週間以上を経った いま、大きく育って田んぼの中をさかんに泳いでいました。

Dsc_9554

交尾をしているホウネンエビでしょうか、2匹が一緒に泳いでいました。とすれば、右が雌で左が雄ということになるようです。

Dsc_95601_2 

すでに卵を持っている雌のホウネンエビ。卵からは一度乾燥状態を経ないと生まれないし、親の寿命も1ヶ月ほどですので、ホウネンエビが見られるのは今の時期だけ。ほとんどの場合足を上にして泳ぎますので、水面近くで見られる.のはお腹と足ということになります。

Dsc_9546

近くにいたのはホウネンエビの天敵、オタマジャクシ。大きくなるとホウネンエビはもちろんメダカなどの小魚も食べてしまいます。

« 55才の一円玉 | トップページ | 要注意外来生物 イタチハギ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 55才の一円玉 | トップページ | 要注意外来生物 イタチハギ »