« うり坊受難 | トップページ | アサガオ »

2012年8月29日 (水)

エノコログサ

happy01 日中は残暑が厳しいものの早朝はだいぶん涼しくなり、裏庭のエノコログサの花穂にも露がついて一段と秋の気配を感ずるようになりました。

Dsc_0333001

Dsc_0334_2

名前のエネコログサは、花穂が子犬の尾に似ることからつけられたようですが、花穂を猫に近づけると、子ネコがじゃれるということから、別名 ネコジャラシという名前もがつけられています。つまり子犬のシッポに、子ネコがじゃれついているという連想でしょうか。

Dsc_0355_2

ついでに紹介するのはタカサゴユリ。厳しい残暑にもかかわらず今、道端や草地に元気に花をつけています。
一つの茎から5っぐらい花をつけているのも見かけますが、大正時代に台湾から観賞用として入ってきたものが野生化したもので、温暖化でさらに勢力を拡大しているそうです。

  

« うり坊受難 | トップページ | アサガオ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« うり坊受難 | トップページ | アサガオ »