« シオカラトンボの交尾 | トップページ | エノコログサ »

2012年8月28日 (火)

うり坊受難

happy01 今日は、最近このブログにコメントをいただいているスーちゃんさんとそのお友達の方が、いま開催している「みたけフォトサークル写真展」を見るため はるばる大垣から来てくださった。
東海道線ー名鉄各務原線ー名鉄犬山線ー名鉄広見線を乗り継いで来ていただいたそうで、同じくコメントをいただいているabuさんとネット上でのお知り合いということもあり、地域の公民館でabuさんとも一緒に色々と話しすることができました。
遠いところ来てくださり、また楽しい時間をすごすことができましたことに お礼と感謝を申し上げます。
話は変わって、そんな楽しい公民館での帰り道に出くわしたのは、路上に横たわるうり坊の姿。車を降りてよく見るとすでに息はなく、車によって被災したようでした。近年、里山や山間地の道路で時々見かける光景ですが、その原因は自然環境の大きな変化によるものかも知れませんね。

Dscf6129003

 皆さんも里山や山間地の道路を走るとき、人がいないと思いついついスピードを出される方もありますが、住宅地と同じようにスピードは控えめにお願いします。

« シオカラトンボの交尾 | トップページ | エノコログサ »

動物」カテゴリの記事

コメント

今晩は、ネットを介して輪が広がるって 一昔前には考えられなかったことですが この文明の力も悪用される世の中には困ったものですネ

ウリボウもとんだ災難でした。 
私は2W~3W位前から、カイツブリの子育てを観察していますが、この写真のウリボウにそっくりな毛なみをしています。

ついついカイツブリのウリボウを思いだしてしまいました。

きょうはお忙しいなか、公民館までお運びいただき、いろいろお話を伺うことができました。
本当にありがとうございました。
abuさん共々 有意義な時間を過ごさせていただきましたこと、うれしく思います。

写真展、すばらしい作品ばかりで、二人で じっくり拝見させていただいてきました。おかげ様でこちらまで豊かな気持ちになれました。

これからのご活躍を お祈りしております。

abuさん昨日はお世話になりありがとうございました。
abuさんのカイツブリの写真を見ると、野鳥をただかっこよく撮るだけではなく、野鳥に対する深い愛情までもが感じられます。
作られた形だけのかっこよい野鳥の写真ではなく、生態を知り尽くして、自然の中で懸命に生きていくを姿を残していくことが写真家のなすべきことと思いました。

スーちゃん ご期待に添うほどの写真展ではなかっかかと思いますが、遠いところありがとうございました。
私個人の写真は、良いも悪いもひっくるめてこのブロクにアップしていきますのでご訪問くださいね。

スーちゃんの友達です。
昨日はありがとうございました。
写真展もすばらしかったし、お話しもいろいろ聞けてとても楽しい時間を過ごさせていただきました。
御嵩町に初めて伺いましたが、中山道の宿場町らしい建物も残っていて風情のある町でとってもいい所ですね。
これからブログ楽しみに拝見します。

フーちゃんさんでしたよね(最近歳とともにもの覚えが悪くなって失礼しました)。
昨日は遠いところお越しいただきありがとうございました。
御嵩町に初めてお越しいただいたのに、暑いのと時間もなく、ご案内できませんでしたが、涼しくなったらまたおいで下さい。(11月頃がお勧めです)
その時は、名所や史跡などをよかったらご案内させていただきます。(郷土の歴史研究会にも入っていたこともありますので)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シオカラトンボの交尾 | トップページ | エノコログサ »