« これが本当のブルームーン | トップページ | 2っのアーチ »

2012年9月 1日 (土)

ツマグロヒョウモンの幼虫

happy01 夏の初め裏庭にツマグロヒョウモンが来ていたので、食草であるスミレを除草せずに残していた。そのスミレの葉に、前にも紹介したがツマグロヒョウモンノ幼虫を見つけた。今まで気がつかなかったが すでにだいぶん大きくなっていた。

Dsc_0429_2

Dsc_0427

赤と黒のちょっと強面の風体。毒はなく刺すこともないと図鑑に書いてあったが素手で触る気にはとてもなれません。ただ庭に来る野鳥達はそのことを知っているようで、こうした幼虫もいつの間にかいなくなってしまいます。

Dsc_1474 

こちらはツマグロヒョウモンの成虫♀。どことなく幼虫時代の面影が残っているような気もします。

« これが本当のブルームーン | トップページ | 2っのアーチ »

動物」カテゴリの記事

コメント

幼虫から想像できない美しい蝶に変身するのですネ
私の自宅でもサンショや食用にうえているパセリにはアゲハがよく卵を産みつけます。
 

アゲハチョウやキアゲハの幼虫はトゲや毛状ものが無く可愛いぐらいですが、トゲや毛のある幼虫はやっぱりいやですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« これが本当のブルームーン | トップページ | 2っのアーチ »