« 椛の湖のソバ畑 | トップページ | 絵手紙回廊 »

2012年10月 3日 (水)

アゲハチョウの幼虫

happy01 今まで気がつかなかったが庭のサンショウの木の側に、新たな幼木が育っていて、その幼木の小さな小枝にアゲハチョウの幼虫がいました。

Dscf1328001_2

幼虫が食べ尽くしてしまったのか、留まっている木には葉はありません。

Dscf1326_2

よく見ると小さな小枝の先までもムシャムシャ食べていました。

Dscf1330_3

そこで、近くの大きなサンショウの木は緑の葉を少し残していたので、手でつまんでそこへ移動させてやりました。よほどお腹が空いていたのか、すぐに葉を食べ始めました。
このサンショウの木の葉も半分ほどが黄色くなっていますし、庭には小鳥たちが頻繁にやってきます。この先も無事に生きていける確率は少ないようです。

« 椛の湖のソバ畑 | トップページ | 絵手紙回廊 »

動物」カテゴリの記事

コメント

とても愛嬌のある顔をしていて、鳥に襲われるか心配になってきますね。食欲旺盛ですが来年の春に蝶に姿を変えるのでしょうか?

朝、サンショの木にハトが留まっていました。心配で確認したら、もう幼虫は見当たりませんでした。探し方が悪かったのか、どっかに移動したのか、ハトに食べられたのか。とほほ・・(+m+);

okuyatotoさんの 小さき生き物に対してのやさしさを感じます^^

嫌いな生き物もたくさんありますが、彼らなりに短い命を精一杯生きていると思うと いとおしくなりますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 椛の湖のソバ畑 | トップページ | 絵手紙回廊 »