« お伊勢さま | トップページ | イノシシに出逢った日 »

2012年10月27日 (土)

happy01 昨日の続きになりますが、海のない県に育つ私には、海辺の人達には何でもない海の風景が新鮮にみえます。新鮮といえば海の幸も新鮮で、これも魅力の一つ。年に一度は海辺の旅をしたいと思っています。

Dsc_0785001

旅館から見た海辺の夕景。湾には筏や小舟が浮かびシルエットとなり、いっそう秋の夕暮れを感じました。

Dsc_0804001

フェリーで伊勢湾を縦断。波は静かで多くの釣り船が出ていましたが、何を釣ていたのかは不明。

Dsc_0805

伊勢湾の入り口、ど真ん中にある神島。周囲3.9キロほどの小さな島で人口500人ほどの人が住む。三島由紀夫の小説「潮騒」の舞台となった島。 

« お伊勢さま | トップページ | イノシシに出逢った日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

神島は 私も今年の5月に クラツーで、「神島一周ウォーク」に 行ってきましたよ。

島歩きは とても好きで 時々行きます。

島民の素朴な人柄が好きですし、レトロな雰囲気が好感持てます。

神島は行ったことがありません。レトロな雰囲気の島なのですね。「潮騒」のイメージもあり、ぜひ機会があったら行ってみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お伊勢さま | トップページ | イノシシに出逢った日 »