« 海辺の夕暮れ | トップページ | 崩落寸前 »

2012年12月10日 (月)

大雪の日

happy01 このところ写真展などの行事に追われていたが、ようや落ち着き今日は朝寝坊をしようときめこんでいた。ところが「大雪だ」と、バタバタする家族の声に起こされ外を見ると真っ白な雪景色。12月上旬の雪としては珍しい15㎝をこえる積雪の大雪だった。

Dsc_1138003

さっそくカメラを持って家の周辺を散策。何といっても雪の日はナンテンの赤い実が目立ちます。

Dsc_1170

花壇に植えられた菊の花も雪の綿帽子を被り人形のよう。これがほんとの菊人形ですね。

Dsc_1181001

農家の庭のシュロの木。武将の兜のよう。   

Dsc_1167002

カエルやヘビ、タニシ、ホウネンエビ、オケラ・・・ 今はどうしているのでしょう。

« 海辺の夕暮れ | トップページ | 崩落寸前 »

自然」カテゴリの記事

コメント

田んぼのモノトーンの風景、いい感じです。
冬しか撮影できないナイスショット!

菊の綿帽子、羽を広げた白鳥のようにも見えます。
下の棕櫚の木もやはり羽を広げたクジャクのようにも・・・

自然が醸し出す妙ですね。

オヤ爺さんの方は雪はどうでしたか、雪景色はi写真に撮るにはいいですが、これから3月までこんな寒い日がつづくと思うと、今からうんざりですね。

先日の作品展のご来場ありがとうございました。お礼をメールで差し上げるつもりがバタバタしててサボってしまいごめんなさい。
受付の日の帰りは猛烈な降雪に見舞われ必死で帰りました。 あの状況だとスーちゃんさんの方は相当な降雪だったと察しました。

こちらとそれほどの距離はないのに雪の多さにビックリです。
昨日は私も小雪交じりの天候の中をみたけの森にでかけましたが、木々の小枝にかじりついていた雪もおりからの風で木肌むき出しのすがたになっていました。
残念でした。 やはり早起きしければと後悔しきりです。

寒い日はなかなか起きられませんね。
私も、どうしても起きなければならない理由が無ければ無理しないことにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 海辺の夕暮れ | トップページ | 崩落寸前 »