« 2012年2月26日 - 2012年3月3日 | トップページ | 2012年3月11日 - 2012年3月17日 »

2012年3月4日 - 2012年3月10日

2012年3月 9日 (金)

生き物たちの活動開始

今日は久しぶりに野鳥たちが我が家の周囲にやってきた。この頃めっきり姿を見せなかった野鳥たち、膨らみ始めた桜の花芽を目当てに姿を見せたようです。

Dscf0488

小雨の降る中、桜の小枝にやってきたのはヤマガラ。少し膨らみかけた桜の花芽をつついていました。

Dscf0505

こちらはシジュウカラ。さかんにジュクジュクと鳴いて枝わたりしていました。このほか常連のスズメやヒヨドリはもちろん、セグロセキレイ、ホオジロなどもやってきました。

Dscf05001

鳥たちを撮っていると、目の前にスーと糸を伸ばしながら現れたのはハナグモ。冬の間どこにいたのでしょうか。

Dscf5163

Dscf5161_2

話し変わって、明日から御嵩町商家竹屋で開催する「御嵩の冬景色」と題しての写真展。 お近くの方は見に来てください。この地域では旧暦の雛祭りですので、おひな様も飾ってありますよ。

2012年3月 6日 (火)

金環食用フイルター

happy01 来る5月21日の見られる金環食撮影のため、太陽撮影フィルターを購入しました。今日はそのフィルターをカメラに取り付け、久しぶりに午後から顔のぞかせた太陽を撮影してみました。

Dscf5159

購入したフィルターはND-100000というフィターで、今回の金環食撮影用に作られた太陽撮影用フィルター。もちろんこのフィルターをかざして、一般の風景を見ても真っ黒けで何も見えません。

Dscf0480

さっそくカメラに取り付け、フィルターの付録についていた手引きを参考に、ISO800とし、マニアル露出でシャツター速度500分の1、絞りをf16で撮影しました。 注意点として、太陽を肉眼で直接見ることは危険なため、カメラのファィンダーを覗きながら、太陽を視野に入れる必要があり、三脚の雲台は自由雲台が良いようです。

Dscf0477

こちらは上の画像を拡大したもの。大きな黒点が現れていました。6月6日には金星の太陽面通過が見られますので、こんなふうに見えるかも知れませんね。いずれにしても5月21日は晴れてほしい。

2012年3月 4日 (日)

取り壊されたトマソン的建設遺産

happy01 前にも紹介した、丸山ダムの建設時に建設され、骨材用の原石を選別した塔が取り壊され、60年ほどの歴史に幕を閉じ、姿を消しました。

Dsc_4394

建設遺産ともいえる、丸山ダム建設時の原石選別タワー(取り壊される前の姿)。トマソン的存在で大変気に入っていました。

Dscf5153

いまは三基は取り壊され跡形もありません。

Dscf5154

残る一基も特殊なハワーショベルで解体が行われていました。いずれの塔も道路脇にあることから、地震や土砂崩れによって、万が一の崩壊を恐れ、取り壊しとなったようです。それにしてもこんな長いパワーショベルもあるんですね。

Dscf51492

ついでに紹介するのは、八百津大橋の上流にあった旧錦織橋の橋脚。こちらもトマソン的存在ですが崩壊しても川の中ということで、当分この姿が見えそうです。

 

« 2012年2月26日 - 2012年3月3日 | トップページ | 2012年3月11日 - 2012年3月17日 »