« 2012年3月18日 - 2012年3月24日 | トップページ | 2012年4月1日 - 2012年4月7日 »

2012年3月25日 - 2012年3月31日

2012年3月31日 (土)

大サイズ写真展

happy01 隣町の土岐市セラトピアで挑光創作写真協会主催の土岐展が開催されていたの行ってきました。

Dscn3845

この写真展は全紙以上の大サイズで展示されていて、個性豊かで、なかなか迫力がありました。

Dscn3844

全紙、全倍は当然ですが、B0という1,040㎝×1,456㎝の超大型の写真も展示されてました。こうした写真展を見ると刺激を受け、失いかけていた写欲が沸いてくる。 展示は明日の午後5時まで。

2012年3月30日 (金)

明石焼?玉子焼?タコ焼?

happy01 一昨日の続きになりますが、一泊した淡路島の帰りに、明石によってタコ焼きに似た、明石焼を食べようということで明石市によりました。

Dscf54161_2

さっそく市内のお店に入って食することに。出てきたのは黄色いタコ焼きと汁(つゆ)。つまりタコ焼を汁につけて食べるという不思議な食べ方。

Dscf54151_2

さっそく黄色いタコ焼に汁をつけて食べると、黄色い衣は卵焼でした。中にはタコが入っていて形はタコ焼のようですが、まったく別の食べ物。よくよく店の人に話を聞くとタコ焼きとは呼ばず、地元では玉子焼と呼ぶそうで、ようやく納得。しかし、お店の人はタコ焼きの元祖であり、正真正銘の明石のタコを使ったタコ焼きであると強調されてみえました。

Dscf54171

なるほど、街角には大阪の有名なタコ焼き屋に負けないほど行列の出来る玉子焼(明石焼)のお店もありました。いずれにしても、食文化ほど多様で奥深いものはないと、改めて実感しました。

2012年3月29日 (木)

瀬戸内 

happy01 神戸散策の後の泊まりは淡路島。海のない岐阜県に住んでいると広々とした海はとても新鮮で魅力的で、特に波が穏やかな瀬戸内は何度でも行きたい所。

Dscf5398

うずしお科学館からながめる鳴門海峡と1,629mの大鳴門橋。

Dscf54001

瀬戸内では淡路島を一番大きいが、だれもいない小さな無人島も少なくない。そんな小さな島を買い取り、独立国を作ったらと考えるが、やっぱり税金から逃れることはできないので無駄だと思った。

Dscf5345

Dscf5385

瀬戸内の漁は早朝に始り、朝日が昇り始め、1時間もすると三々五々船は港に帰る。旅館の人に聞いたらイカナゴ漁だとか。

2012年3月28日 (水)

kobe de 清盛

happy01 大河ドラマ 「平清盛」に関連して清盛ゆかりの地域では関連するイベントを行い観光客の誘致に力を入れている。今日、訪れた神戸でもテーマ館が作られると共に、清盛ゆかりの神社やお寺などを観光ルートにして力を入れている。

Dscf5300

Dscf5299

大河ドラマ「平清盛」に使用する衣装や道具などを介している、ドラマ館の一番の人気は松山ケンイチの蝋人形。本物そっくりの蝋人形と並んで記念写真を撮ることが出来ます。

Dscf5303_2

こちらは清盛の生きた約800年前の神戸の歴史や、出土品などを紹介している歴史館。

Dscf5288

神戸を散策後に昼食に寄ったのはステーキハウス。使用牛肉は神戸牛ではなかったが黒毛和牛と紹介されていました。花より団子・・・で一番印象に残りました。おいしかったなー。

2012年3月26日 (月)

金星・月・木星  直列

happy01 「近所の方が星と星との間に三日月があるので珍しい、写真に撮れないか」とアドバイスあった。このところ金星と木星が接近している知っていたが、その間に月が入るとは思っていなかった。さっそくカメラを引っ張り出して外に出て見たものの、雲がかかっていてみえない。それでも10分ほど待つと雲も切れ、金星・月・木星が西の空に輝き始めた。なるほど、そんなに見られる現象ではないとシャッターを押した一枚。

Dscf05331

地平線の山を入れたが写っていなかった。明日は月がどのあたりに来るのかなー。もう一度明日見てみたい。 7時40分頃の撮影。

寒い日

暑さ寒さも彼岸までと、もうこれからは春に一直線かと思いきや、今日もまたまた小雪の舞う寒い一日になってしまった。もう寒さはうんざり!。

Dscf5274

シュロの木に積もった雪。幾何学的な模様をつくりおもしろい。

Dscf5276

真っ赤な実をつけ、食べてねとアピールしているのに、なぜか野鳥達にも食べられず、秋口から実をつけているナンテン。半年ものあいだよく頑張ったね。

Dscf5272

栗林の下のスイセンもつぼみを付け、今にも花を咲かせようとしていたのに、またまたおあずけ。 

« 2012年3月18日 - 2012年3月24日 | トップページ | 2012年4月1日 - 2012年4月7日 »