« 2012年4月22日 - 2012年4月28日 | トップページ | 2012年5月6日 - 2012年5月12日 »

2012年4月29日 - 2012年5月5日

2012年5月 5日 (土)

谷間の姫百合

happy01 いま裏庭のスズランが見頃をむかえました。小さな白い鈴をたくさんつけたランと言うことでスズランと呼ばれますが、別名は君影草とか谷間の姫百合などともばれます。
いずれも清楚でロマンチックな呼び名ですが、この野草の実態は、食べると死に至るケースもあるという毒草だそうで、「綺麗なバラにはトゲがある」のことわざ以上の花のようです。

Dsc_9285

Dsc_9298

北海道などに自生するニホンスズランと、園芸種のドイツスズランがありますが、写真は園芸種のドイツスズラン。

2012年5月 4日 (金)

野生のノダフジ

公園などの藤棚のフジは当然ですが、山の雑木林の野生のフジも、いま見ごろをむかえています。

Dsc_92701

一般的にフジと言われるノダフジ。花序も長く左巻きに巻きあがり成長する。関西以西のヤマフジ(ノフジ)と呼ばれるフジは、右巻きで花序も短ようです。

Dsc_92732

下から見上げるフジもまた綺麗です。

Dscf0509

こちらは藤棚に咲く園芸種のフジ。これはこれでまた綺麗ですね。

2012年5月 3日 (木)

日本昭和村のアルパカ

今日からゴールデンウイーク後半、そこで孫と一緒に最近になって日本昭和村にきたというアルパカを見に行きました。

Dscf04611

アルパカ小屋に行くと、窓から可愛い顔を覗かせていました。最近名前がつけられて、写真の左が雌の「なごみ」(和)、右が雄の「しょう」(昭)だそうです。

Dscf0464

長い髪の毛の「しょう」。ヒツジに似ていますが首が長いラクダの仲間。良質な毛が採れることから、南米地方で家畜として飼われていますが、ここのアルパカはまだ毛が刈り取られていなかったためか、モップのような姿でした。

Dscf0484

昭和村では色々なイベントが行われていて、今日は阿波踊り、バンド演奏、手品などが披露されていました。

Dscf0511

菜の花やチューリップも咲いていて、昭和村では今が一番いい季節かも知れませんね。

2012年5月 1日 (火)

まだ咲いているサクラ

happy01 今日から五月。あっという間に夏が来て、近くの田んぼでは田植えの準備がはじまり、いよいよ里山はにぎやかになってきました。でも 今年は暖かくなるのが遅かったせいか、今花をつけているサクラがあります。

Dscf04062_2

Dscf04051

ウワズミザクラ  とてもサクラとは思えませんが、バラ科サクラ属にのなかまで、小さな花が穂状(花穂)につき、一つ一つの小さな花をよく見るとやっぱり桜の花に似ます。

Dscf03762_2

Dscf0374 

こちらは近くの広場に咲いて満開をむかえた八重桜。もつとも、東北や北海道ではこれからが桜の見頃ですので、そんなに驚くこともないのでしょうが。

 

2012年4月30日 (月)

スミレいろいろ

happy01 今、野山は花ざかり。今日も色々な花とであいました。今日はその中で4種類のスミレに会いました。

Dscf0364

スミレ 日本全土の日当たりのよい山野に咲く。

Dscf0237

タチボスミレ  日本各地の林野の縁などに咲く。

Dscf0399

ツボスミレ 白い小さな花で、山野の少し湿った場所に咲く。

Dsc_9172

ノジスミレ 道路ばたなどに咲き、花は濃い紫色。

2012年4月29日 (日)

ミツバアケビの花

happy01 近くの山すその土手に今年もミツバアゲビが花をつけた。同じ花序に、雌雄別の小さな花をつける少し変わった花。

Dscf03491

アケビの花 上が雌花で下が雄花で、いずれも赤紫色で、陽に透かしてみるとけっこう綺麗です。

Dscf0340

上につく雌花の拡大写真。

Dscf0355

花序の下部につく雄花。小さな白い萼(がく)が開くと、くるりと巻いたシベが現れる。

ミツバアケビ 葉に三枚の小葉をつけることからミツバアケビ呼ばれ、アケビと同じ実をつける。

« 2012年4月22日 - 2012年4月28日 | トップページ | 2012年5月6日 - 2012年5月12日 »