« 2012年1月8日 - 2012年1月14日 | トップページ | 2012年1月22日 - 2012年1月28日 »

2012年1月15日 - 2012年1月21日

2012年1月21日 (土)

水滴写真

happy01 今日は大寒、この日から節分までは一年の内でももっとも寒い時とされる。もつともこの地域では雪ではなく雨の一日で比較的暖かだったようです。

Dscf3462  Dscf3429

とはいえ雨の日はやっぱり冷たいし、久しぶりに水滴写真を撮ったが、花も何もないこの時期は映り込むのは枯れ木ばかりで侘びしい。

2012年1月20日 (金)

地衣類の子器

happy01  この地域ではまだ井戸水に頼っていて、このところの雨不足で井戸水も涸れる農家が出てきていましたが、昨夜からの雨で少しは回復したのでしょうか。
近くの桜の枯木に張りついていた地衣類もこの雨で元気を取り戻していました。

Dscf34401

おなじみマッチ棒のようなコアカミゴケの赤い子器 (胞子などを作る生殖器官) はツルツルと輝いていました。

Dscf3445

こちらはチヂレウラジロゲジゲジゴケでしょうか皿状の子器を広げていました。

Dscf34441

大きな子器は縁が盛り上がっています。こうしてみるとコケ(菌類)の仲間ということがわかります。

2012年1月18日 (水)

冬芽と葉痕

happy01 時々紹介する冬芽と葉痕。花も咲かない冬の時期は野山も殺風景ですが、春を待ちわびる冬芽や、秋に葉を落として残った葉痕をさがし散策するの楽しい。

Dscf34191_2

Dscf34161

何に見えるかはおまかせします。

2012年1月17日 (火)

花寿司

happy01 今日は御嵩町花ずしの会の依頼で花寿司の物撮り。物撮りといっても材料から作成行程、完成までの一連を撮って冊子にするというお話。
ボランティアですが、日頃自由に写真を撮っているため緊張する撮影となりました。

Dscn3798

花寿司 のり巻き寿司で、普通は小さなのり巻きを3~5本ほど束ねて1個ののり巻きずし、その切り口が花模様なるよう作られます。
最近は作り手の創作により色々な模様の花寿司がつくられるようです。
写真はお弁当にいただいた簡略化した花寿司で、物撮りした花寿司はもっと豪華です。 

2012年1月16日 (月)

白樺模様

happy01 一昨日の開田高原の撮影で寄った日和田高原、ここは積雪もあり雪と白樺の白が幻想的な世界を造っていました。

Dsc_8366

日和田高原の白樺林。夏とはまた違った風景。

Dscf3402

白樺の幹の表面には傷の跡でしょうか、色々な事物に見えておもしろく、こうした模様を探して歩くのも楽しいですね。アヒルに見えました。

Dscf3401

こちらはすこし強引ですが、魚のアンコウ、ナマズに見えました。

Dscf3408

ヤドリギの実も色づき白樺林に色を添えていました。

« 2012年1月8日 - 2012年1月14日 | トップページ | 2012年1月22日 - 2012年1月28日 »