« 2012年10月14日 - 2012年10月20日 | トップページ | 2012年10月28日 - 2012年11月3日 »

2012年10月21日 - 2012年10月27日

2012年10月27日 (土)

happy01 昨日の続きになりますが、海のない県に育つ私には、海辺の人達には何でもない海の風景が新鮮にみえます。新鮮といえば海の幸も新鮮で、これも魅力の一つ。年に一度は海辺の旅をしたいと思っています。

Dsc_0785001

旅館から見た海辺の夕景。湾には筏や小舟が浮かびシルエットとなり、いっそう秋の夕暮れを感じました。

Dsc_0804001

フェリーで伊勢湾を縦断。波は静かで多くの釣り船が出ていましたが、何を釣ていたのかは不明。

Dsc_0805

伊勢湾の入り口、ど真ん中にある神島。周囲3.9キロほどの小さな島で人口500人ほどの人が住む。三島由紀夫の小説「潮騒」の舞台となった島。 

2012年10月26日 (金)

お伊勢さま

happy01 一昨日と昨日に、伊勢方面と伊勢湾フェリーに乗って渥美半島の旅に出かけ、久しぶりに伊勢神宮外宮と内宮の両方を訪れた。秋の行楽日和に誘われてか、平日にもかかわらず大勢の観光客で賑わっていて、特におかげ横町は真っ直ぐ歩けないほどの人、人、人でした。

Dsc_0748001

前々日の雨で増水した五十鈴川は立ち入りが解除されたばかり。もちろんコイの姿は見えません。

Dsc_0755

樹齢300年を超える木立の中の参道も大勢の参拝者。来年は式年遷宮の年で、さらに多くの参拝者で賑わうことでしょう。スローシャツターで玉砂利の参道を行く参拝者を撮ってみました。

Dsc_0764002

何と行っても膨大な広さの伊勢神宮、一歩踏み入れれば静寂そのもの。

Dsc_0775

花より団子でしょうか、おかげ横町は人、人、人の賑わい。

Dsc_0778

相変わらず元気な干もの屋さん。お客さんの大入りで笑いが止まらないようす。

Dsc_0777    

サメの干ものがめがね置き場になっていました。

Dsc_0781001

参拝後の休憩はもちろん、伊勢の名物あんころ餅と伊勢茶の抹茶。

2012年10月23日 (火)

絵画風

happy01 久しぶりに 一日中雨になり、使い放しの農機具の整備を行った。オイル交換や春まで使わないものは燃料を抜くなどにおわれた。ということで今日は一度もカメラを手にすることはなかった。そこで、撮った写真を絵画風に仕上げてブログに掲載します。

Dsc_0680

まずは日間賀島の漁港風景をスケッチ風に仕上げました。

Dsc_0606

こちらはオアシス21 水の宇宙船からの風景。

 

2012年10月22日 (月)

ジョウビタキ

happy01 冬鳥としてこの頃見かけるようになったジョウビタキ。警戒心の少ない鳥のようで、カッカッカ、ヒィヒィヒィとずいぶん近くまでちかづいてきます。

Dscf1701

Dscf1682

家の側のフェンスに留まって 鳴いていたジョウビタキのメス。オスに比べやっぱり優しい感じがしますね。

Dscf1697

こちらは同じフェンスの下にいたキセキレイ のメス。

2012年10月21日 (日)

ヤマガラ

happy01 このところ近くの桜の木に毎日訪れるのはヤマガラ。お目当ては桜の冬芽のようです。

Dscf1661

葉を落とし始めた桜の木に毎日やってくるヤマガラ。口に冬芽をくわえています。

Dscf1600

冬芽を落としたのでしょうか、慌てて拾おうとしているようですが、写真で見ると冬芽は上で、拾おうとしているのはもっといいものかも知れません。

Dscf1577_2 

飛び上がって小枝に移るヤマガラ。まるで軽業師のようです。

« 2012年10月14日 - 2012年10月20日 | トップページ | 2012年10月28日 - 2012年11月3日 »