« 2012年1月22日 - 2012年1月28日 | トップページ | 2012年2月5日 - 2012年2月11日 »

2012年1月29日 - 2012年2月4日

2012年2月 4日 (土)

氷点下の造形美

happy01 今日は立春、これからす少しは暖かくなっていくのかなー 。
 昨日つづいて、氷点下の「みたけの森」でみつけた、氷が織りなす造形美の紹介。なぜかこういうのが好きで、探して回ると興味が尽きません。

Dsc_85512

Dsc_8546

Dscf50492

2012年2月 3日 (金)

この冬一番の冷えこみ

happy01 朝起きたら水道が出ない。我が家の玄関先の寒暖計は-7℃をさしていました。
ニュースではこの冬一番の冷えこみで、観測史上最高の冷えこみだった所もあったとか。
そこで思い立ち、「みたけの森」に水車が気になりカメラを持って出かけました。

Dscf5003

やはり、「みたけの森」の小さな水車は氷りに覆いつくされ停止していました。ツララがすごい!

Dscf5025

下の大きな水車は回っていましたが、水車の周りは氷に覆われ息も絶え絶えの動き。

Dscf50341

入り口の「ししおどし」は完全に凍結状態。

Dscf5055

池は全面氷結。僅かに残った無氷結の場所では、カルガモの一家がスイスイと泳いでいました。

2012年2月 2日 (木)

みどり湖の氷紋など

happy01 幸いこの地域は雪が少なく、雪かきをしなくて済みましたが 吹く風は冷たく、もっぱら今日はパソコンの中の写真をDVDと外付けハードデスクに移し替えての整理。これを定期的にやらないとすぐ内蔵ハードデスクは満杯になります。写真をデジタルでやる者の悩みの種の一つですね。

Dsc_8485

昨日に続いてみどり湖の写真。水位が変化するダム湖のため湖岸には、上の写真のような不思議な光景が見られます。氷りを割って岩が突き出てきたように見えますが、水位が下がったためにできたもの。

Dsc_8497

こちらも凍り始めた湖面が急な水位の低下により、表面の氷だけが取り残され、バラバラになったもの。

Dsc_8494

下から湧き出た気泡が、氷りに閉じ込められて出来た模様。 

2012年2月 1日 (水)

みどり湖

happy01 茶臼山での撮影を終えて寄ったのが、新豊根ダムによってできたみどり湖。その名のとおりエメラルドグリーンの水を湛えていました。

Dsc_8454

エメラルドグリーンの湖面と撮影仲間。ボートを漕ぐ人はダム湖管理の方。

Dsc_8444

Dsc_8461

湖岸に近い所は薄氷も張っていて、そのパターンとグラデーションがとても綺麗。

Dsc_8520

いちだんと気温も下がりだした帰り際の湖面には、丸い不思議な模様が現れました。

2012年1月31日 (火)

雪の茶臼山

happy01 昨日は写真仲間と愛知県の茶臼山方面に撮影旅行。若い頃、スキー担いで2回ほど来たことのある茶臼山でしたが、平日のためスキーヤーは5~6人ほどで、人影のないウソみたいな光景。でも写真を撮るには最高でした。

Dscf0065

Dscf0073

茶臼山の高原牧場は真っ白な雪に覆われ、愛知県とは思えず、まるで北海道の光景。

Dscf0080

路肩に積まれた雪塊。なんだかヒマラヤ山脈の高峰に見えました。

Dscf0023

とはいえ、1千4百メートルを超える高原、吹く風は冷たく、時々ミニブリザードも出るほど。
明日はみどり湖の写真を掲載します。

« 2012年1月22日 - 2012年1月28日 | トップページ | 2012年2月5日 - 2012年2月11日 »