« リアリティな看板 | トップページ | 新舞子の干潟 »

2013年1月27日 (日)

みたけの森の冬

今日はこの冬一番の冷えこみと昨日の雪を期待して、デジカメ教室の方々とみたけの森へ。思っていたより雪も少なく、池も全面結氷とまではいたらず少し拍子抜けでしたが、それでもそれぞれベストアングルを探しながらみたけの森の冬を楽しみました。

Dscf2115

湖面の氷に積もった雪が日射しが強まるとともに融けだし、まるでミステリーサークルのよう。

Dscf2113

静寂な湖面は鏡のよう。

Dscf2146

だれが作ったのか雪だるま。空に向かってバンザーイ。

Dscf2054001

森の水車の凍結状態。今日は2っとも回っていました。さらに厳しい冷えこみになると氷の塊のようになり水車は止まります。

« リアリティな看板 | トップページ | 新舞子の干潟 »

自然」カテゴリの記事

コメント

あまりの近さについ見過ごしてしまっています。
近いうちに、厳しい寒さの時期に私も出かけたいと思います。

厳しい冷えこみ時の水車には大きなツララもたくさんできてなかなか面白いですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リアリティな看板 | トップページ | 新舞子の干潟 »