« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

モノクロームも良いもんだ

 先日いった足助の町で撮った写真をモノクームに変換して掲載しました。色に惑わされないため表現が明確になります。とくに色彩が氾濫する街角のスナップなどに利用したいですね。

Dsc_3665

後ろのカラフルな植木鉢の花やおひな様の色が抑えられ、人物の表情が明確になりました。

Dsc_3738

こちらも派手な色に惑わされることなく、それぞれの犬の表情か明確になりました。

Dsc_3805001

ポスターや交通標識の色が目立たなくなり人物が浮き上がりました。

2013年3月30日 (土)

タチボスミレ

 今日も畑に行ってネギの苗を植えた。昨年植えたネギがまだたくさん残っているが、もうしばらくするとねぎ坊主が出てきて食べられなくなるからその前に更新したかったのだ。

Dscf1968001

そんな畑の周辺は今や花盛り。写真は薄紫の花をつけていたスミレの中で比較的早く花を咲かせるタチボスミレ。。

Dscf1964001

こちらは雑草のお花畑。オオイヌのフグリ、ホトケノザ、カラスノエンドウetc。

2013年3月29日 (金)

白いショウジョウバカマ

 今日の散歩の途中で見つけたのはショウジョウバカマの群生。それも少しずつ色を変えて咲いていました。中には白いショウジョウバカマも咲いていました。

Dsc_0176

白というより、ほんのりと桜色のショウジョウバカマ。このハーフトーンがなかなかいいですね。

Dsc_0151_2

こちらはよく見られる薄い赤紫色のショウジョウバカマ。

Dsc_0140

猩々の袴に一番よく似たのは赤いショウジョウバハマ。
ショウジョウバカマも咲く場所によって微妙に色を変えているようです。

Dsc_0182_2 

話は変わって、そんな散歩の途中で出くわしたのは冬眠から目覚めて出てきたヘビ。ヘビも私も突然の出会いにビックリ。しばらくはお互い身動きできませんでした。  背中の縞模様からシマヘビのようです。 

2013年3月28日 (木)

ハルリンドウ

 毎年、山すその田んぼの畔に、この時期花を咲かせるハルリンドウ。今日 訪れたら青紫の可愛い花をつけていました。この花を見つけるとき一番春を感じます。

Dsc_0172001

Dsc_0170

ハルリンドウ 日当たりの良い少し湿った場所に育ち、株元から花茎を立て花を咲かせます。イノシシに荒らされ最近は少なくなった花です。

Dsc_0159

さらに近くの湧き水の出る場所にはワサビが育ち、こちらは白い花を咲かせていました。   

2013年3月27日 (水)

標準レンズ

 今日は3ヶ月ほどお休みしていた、地元ウォーキングクラブのウォーキングの再開で中津川方面に出かけました。最近買い換えたカメラとレンズを持参し、試し撮りも合わせて楽しみました。

Dsc_0078

持参したカメラとレンズはニコン7100と標準レンズ50mm1.8 。
中津川ふれ合い牧場の動物たちを激写してきました。

Dsc_0081

Dsc_0071001

カメラは小型軽量で在りながら2400万画素の高画素。レンズの1.8をフルに活用するため開放で撮影。柔らかな描写ながらピントが合った部分はじっにシャープ。ただこの標準レンズには手ブレ補正がありませんので、暗い場所での撮影はしっかりしたホールドが必要です。

2013年3月25日 (月)

サクラ開花

 山里のこの地域はサクラの開花が遅いが、それでも例年より早く咲き始め、早咲きの桜は満開をむかえました。

Dsc_2155

Dsc_2150

コヒガンザクラかな?ソメイヨシノより早めに咲き満開をむかえています。

Dsc_2135

こちらは裏庭にサクランボの木に咲いた桜。こちらも種類不明ですがほぼ真っ白な花。

  

2013年3月23日 (土)

ヒレンジャクの集団

 今朝、裏庭近くの少しつぼみが膨らみかけたシダレザクラ。その木にヒレンジャクの集団がやってきていました。

Dsc_0007

いつも見られないヒレンジャク。北に帰る途中に立ち寄った集団のようです。

Dsc_0008

ヒレンジャクのペア。どちらが♂か♀かはわかりませんが羽根の模様が少し違うようです。

Dsc_0014

ヒレンジャクとキレンジャクとの区別は尾の先が赤いのがヒレンジャク、黄色いのがキレンジャクだそうです。

2013年3月22日 (金)

黄色い花たち

 春本番となって、このところ目立つのが黄色い花たち。黄色は昆虫たちにとっても目立つ色なのか。

Dscf1928

まずは裏庭に咲き始めた水仙。

Dscf1935

つぼみだったフキノトウも黄色い花。

Dscf1939

もちろんタンポポも。

Dscf1922

畑の菜の花も黄色。

 

2013年3月21日 (木)

シデコブシ開花

 我が家のシデコブシが開花しました。
例年よりも1週間ほど早い開花のようです。

Dsc_2128  

野生のものより少しピンクぽいが花びらの縮れが気に入っている。

Dsc_2130001

こちらは明日にでも開花するつぼみ。
暖かい冬毛のコート7に覆われていたが、このところの暖かさでコートを脱ぐことにしたようです。

2013年3月20日 (水)

ツクシ

 曇り空の畑で見つけたツクシ。3日ほど前まで姿を見なかったのに。
見落としていたのか、それとも3日で成長したのか。

Dsc_2111

Dsc_2114

どのツクシも胞子嚢から胞子が出たあとのようでした。

Dsc_6518

こちらは過去にも紹介した胞子の顕微鏡写真。タコのような足が水分を含むとビョーンと伸びて飛び散らばるようです。

 

2013年3月19日 (火)

ミツマタ

 昨日の続きで、川売(かおれ)の梅園の帰りに寄ったのはミツマタの群生地。小暗い林の中に白い花を咲かせて群生するミツマタで、幽玄の世界に入ったよう。

Dsc_4225001

Dsc_4255_2

Dsc_4250

ミツマタ 枝先が3っに分かれることが三椏とよばれ、コウゾと同じように和紙の原料とされた。もともと栽培種ですが各地で野生化しているそうです。

2013年3月18日 (月)

川売梅園

 今日は新城市川売(かおれ)地区の梅花の撮影会。 梅の里 川売とか川売梅園とよばれますが、11戸ほどの農家により約2,000本の梅の木植えられ 満開をむかえていました。

Dsc_2001001

あいにくの曇り空でしたが、集落に入ると梅の花の甘い香りも漂い桃源郷そのもの。

Dsc_4142

集落は傾斜地にあり散策は運動にもなります。

Dsc_2025

Dsc_2034

古木も多く見ごたえがあり。

Dsc_2095

Dsc_4188

下2枚の写真は、少しはなれた別の場所にある木下梅園さんのシダレ梅。こちらも人気の梅園で、大勢の観光客で賑わっていました。

2013年3月15日 (金)

ショウジョウバカマ

 朝は冷え込んだけれど、日中は畑にいると汗ばむほど。今年は例年より早いのか遅いのか、近所の畑の土手にはショウジョウバカマが紅紫の花をつけていました。

Dscf2177001

Dscf2179

これからは野草たちも花を咲かせ外にでるのが楽しくなります。

Dsc_1961

畑で草取りをしていたら近づいてきたのは冬鳥のツグミ。北に帰る準備なのか畑の土をつつき食べ物を探していました。元気に帰ってまた冬に会おうね。

2013年3月14日 (木)

パンスターズ彗星 速報

 夕刻、今話題のパンスターズ彗星の撮影に挑戦。どうにかその姿を撮すことができたのでさっそく紹介します。

Dsc_1974002

Dsc_1972

上2枚 データ 撮影時間 18:45   ISO800 F=4   S=1/2
     レンズ300mm  トリミング約2×  

Dsc_1979

上 データ 撮影時間 18:55   ISO800 F=4   S=0.7秒
           レンズ300mm  トリミング約3×
見る目安として、日没後30分から50分ごろで 西の空 5度ぐらいの位置にありますが、高度が低いため春霞なども加わり双眼鏡などが必要です。  

 

紅梅が満開

 花咲く春はやっぱり楽しい。縮こまっていた心も体もほぐれて外に出たくなる。

Dscf1914001

Dscf2162

Dscf2168

今年は少し遅れて咲き始めた梅の花。いま町の高台にある南山公園の紅梅が満開をむかえていました。

2013年3月13日 (水)

安曇野の白鳥

 昨日の続きで、今日は本命、安曇野の白鳥の写真を紹介。すでに北帰行が始まっていて白鳥の数は半分以下とかの話でしたが、初めての私にとっては間近に見る白鳥の飛翔は新鮮な被写体。なれないこともあり、連写とAFをたよりに100カットほど撮りましたがピンぼけがほとんど。良い勉強になったのが収穫でした。

Dsc_3926

Dsc_3931

犀川での撮影に入ったのが夕方ということもあり、ほとんどが帰還する白鳥ばかり。

Dsc_3952

それでもねぐらを変える白鳥もあり飛び立つ姿もありました。

Dsc_1918

途中、近所のおばさんが来て給餌する光景も見られました。

Dsc_3995

日が暮れ、白鳥たちも飛翔が見られなくなり、別の場所に移動しましたが、この場所がねぐらになっているようで、鴨たちもたくさん集まっていました。これでこの日の撮影はすべて終了しました。いつも思いどおりの作品ができず悩みますが、それが次への意欲につながるようです。

2013年3月12日 (火)

快晴の白馬連山

 このところ寒暖の差が激しく風邪をひいてしまったが、昨日は体調も回復したためお誘いを受けていた撮影旅行に出かけることができた。安曇野で白鳥を撮る計画で出かけたが、時間があったため白馬村の方まで足をのばした。

Dscf1900

雲一つ無い快晴で、白馬連山が眼にまぶしいほど。写真は左に八方尾根、右に白馬岳のながめがある松川橋からの一枚。

Dscf1898

望遠での鑓ヶ岳、杓子山のながめ。

Dscf1894

こちらは民家を入れて撮影。手前に大糸線の列車を入れて撮りたかったが列車通過時間まで待てず断念。

Dscf1885

白馬村から少し入ったところに青鬼という集落があり、さらに足をのばす。
白川郷の合掌造りとはまた異なった独特の家の作りは、江戸後期から明治初期に立てられ、元々はかやぶき屋根であったが現在はその面影を残したトタン葺きとなっている。

2013年3月 9日 (土)

春本番

 このところ年度末ということもありバタバタしていてなかなか写真が撮れないでいたら、季節は冬から一気に初夏をむかえてしまったようだ。近所の畑の梅の花もいっき開花し、春本番となった。

Dsc_3758

2013年3月 6日 (水)

フォト可茂写真展開催。

 前にも紹介しましたが、今日から可児市文化創造センター「アーラ」で、 全日写連フォト可茂支部の写真展を開催ししています。会員それぞれの力作が39点ほど展示してあります。お近くの方、写真に興味のお持ちの方はぜひご来場下さい。お待ちしています。開期は3月10日(日)まで。 

Dscf1848

Dscf1849

Dscf1853

写真は展示風景。

2013年3月 5日 (火)

中馬のおひな様

 文化協会の行事で愛知県豊田市足助町を訪れた。足助町は香嵐渓の紅葉で有名ですが、中馬のひな祭りとしても近年人気を集めていて、今日も春の日射しを受けて大勢の観光客で賑わっていました。

Dsc_3700_2

Dsc_3622

Dsc_3753

Dsc_3691  

Dsc_3478

お店や民家には、それぞれ趣向をこらしてひなひな人形が飾られ、散策する人の眼を楽しませてくれます。なお、ひな祭りは3月10日まで開催されています。

Dsc_3720001

飾られているひな人形の中で、もっとも古いといわれる江戸時代後期のおひな様(写真上)。当時おひな様は大名や公家、富豪の女性がのみが所有する程度で、庶民には縁のない高価なものでした。そのため作りもしっかりして気品も感じます。

Dsc_3499

足助は伊那街道(別名中馬街道ともよばれた)の中継地点で三河湾からの塩や海産物が、また、信州からは米やたばこなどの山の幸が集まる交易の町として栄えました。

Dsc_3637

お昼にいただいたのはイノシシのもつ鍋。この地域もイノシシの大量発生地区で、最近はジビエ(山肉料理)として人気のメニューとなっています。シシ肉コロッケも有名。

2013年3月 3日 (日)

イノシシ解体

 今日は、地域の分別収集も終わり家で一服していたら、「イノシシの柵にイノシシが入った、これから殺処分し解体するから手伝いに来い」との要請がありイノシシ解体のお手伝いに行ってきました。地域共同の檻に入ったのは3年ぶり。画像はリアリテイを避けるためモノクロにしました。

Dscn4188002

行くと、すでに殺処分された70㎏ほどもある大きなメスののイノシシが、 解体台の上に横たわっていました。

Dscn4191

まず内蔵を取り出し清水で洗浄後 、皮をはがします。皮下脂肪を残し、皮だけをはがしますがこれがなかなか難しい。

Dscn4195

皮をはがされたイノシシは、冬のイノシシということもあって、厚いところでは10㎝ほどの皮下脂肪に覆われていました。この後、肉片に解体し会員全員に配分されます。

Dscn4201002

写真は今回初めて見たのはお腹の中の赤ちゃん。
僅か10㎝ほどの赤ちゃんですが、すでに立派なイノシシの風体で足の蹄もしっかりついていました。
赤ちゃんは写真のように固まってお腹の中にいるのではなく、一つ一つが羊水で満たされた袋に入って いました。

 

2013年3月 2日 (土)

やっぱりもう春なんだ

  久しぶりに田んぼにでかけた。まだ風は冷たく吹き飛ばされそうな強い風でしたが、日射しは春の日射し。 途中で見つけたのはフキノトウ、オオイヌノフグリ、カエルの卵・・・・やっぱりもう春なんだ。

Dsc_1785001

フキノトウ

Dsc_1789

オオイヌノフグリ

Dsc_1791001

カエルの卵   

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »