« やっぱりもう春なんだ | トップページ | 中馬のおひな様 »

2013年3月 3日 (日)

イノシシ解体

happy01 今日は、地域の分別収集も終わり家で一服していたら、「イノシシの柵にイノシシが入った、これから殺処分し解体するから手伝いに来い」との要請がありイノシシ解体のお手伝いに行ってきました。地域共同の檻に入ったのは3年ぶり。画像はリアリテイを避けるためモノクロにしました。

Dscn4188002

行くと、すでに殺処分された70㎏ほどもある大きなメスののイノシシが、 解体台の上に横たわっていました。

Dscn4191

まず内蔵を取り出し清水で洗浄後 、皮をはがします。皮下脂肪を残し、皮だけをはがしますがこれがなかなか難しい。

Dscn4195

皮をはがされたイノシシは、冬のイノシシということもあって、厚いところでは10㎝ほどの皮下脂肪に覆われていました。この後、肉片に解体し会員全員に配分されます。

Dscn4201002

写真は今回初めて見たのはお腹の中の赤ちゃん。
僅か10㎝ほどの赤ちゃんですが、すでに立派なイノシシの風体で足の蹄もしっかりついていました。
赤ちゃんは写真のように固まってお腹の中にいるのではなく、一つ一つが羊水で満たされた袋に入って いました。

 

« やっぱりもう春なんだ | トップページ | 中馬のおひな様 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっぱりもう春なんだ | トップページ | 中馬のおひな様 »