« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

田んぼと鳥たち

 いよいよ田植えの時期に入った。近くの田んぼでは代かきが始まり、代かきが終わるとやってくるのは水辺の鳥達です。

Dsc_0952

なんといっても目立つのはアオサギ 日本のサギの中で最大級。

Dsc_0944001

この地域で多いチドリの仲間のケリ。水田やその周辺で繁殖するため、子育ての時期に田んぼに入ると襲ってくることがある。

Dsc_0930

田んぼに首を突っ込み餌探しをするカルガモ。留鳥で公園の池などでも繁殖する。 

2013年4月29日 (月)

スズラン

 今年も我が家の庭のスズラン(園芸種のドイツスズラン)が 白い清楚な花をつけ、初夏の雰囲気を醸し出しています。そういえばあと一週間もすれば立夏なんですね。

Dsc_2590

Dsc_2580001

Dsc_2588

スズランの花を食べる甲虫(カミキリモドキ類)。 人間にとって有毒なスズランも昆虫にとっては美味しい食べ物となるようです。  

2013年4月28日 (日)

デッドヒート

 今日は写真クラブで静岡県相良サンビーチで行われた砂浜草競馬の撮影会。やはり高速道路でゴールデンウィーク定番の渋滞に巻き込まれ、撮影時間は僅かしかなかったが、天候にはき恵まれ何とか目的を達成しました。

Dsc_5106_2

日本で唯一砂浜で行われる草競馬。

Dsc_0853_2

砂浜で行われるため砂煙で迫力があります。

Dsc_0807

女性騎手同士のデッドヒート。

Dsc_0874

子供達の乗るポニーレース。落馬が数件ありましたが砂の上ということもあり怪我は無し。 

2013年4月26日 (金)

紫の花

 昨日は汗ばむ陽気だったのに 今日は一変して冷たい北風の一日。このところ豹変する気候に少々うんざり。今日の花は紫で、ノジスミレとすこしずつ花序を伸ばしているフジの花。

Dsc_2467

Dscf2151001

2013年4月25日 (木)

朝のキラキラ

 昨日の雨で今朝の庭は朝の光でキラキラ輝いていました。

Dsc_2554002

Dsc_2560002

Dsc_2563001

昨日は一日中雨で肌寒かったのに、今日は汗ばむほどの初夏の日射し。

2013年4月24日 (水)

写真の加工

 今日は一日中 写真整理に没頭。息抜きに画像ソフト ピカサの色の反転で加工してみました。

Dsc_9450

タンポポのわたげ。

Dsc_2523_3

ミツバツツジの花。
 

2013年4月23日 (火)

アオキの花とミツバアケビの花

 毎年紹介するアオキの花とアケビの花が今年も花盛り。2っとも地味ながらユニークな形で面白い。

Dsc_2505

Dsc_2506

アオキの花 雌雄異株で、これは雄花ですが花弁やシベが偶数の4ッ。

Dsc_2508

Dsc_2519

ミツバアケビの花  雌雄同じ株ですが花は雌雄別。写真上が雌花、 写真下が雄花。  

2013年4月21日 (日)

新緑

 昨夜から今朝にかけての雨で今日の新緑はとても綺麗だった。

Dsc_2483001

隣町に通ずる林道ぞいは、遅く花を咲かせた山桜や黄色い芽吹きで、まるでキャンバスに描いた油絵のようです。

Dsc_2479001

Dsc_2485

2013年4月18日 (木)

着生植物カヤラン

 昨日の話になりますが、松平東照宮の入り口に松の古木があり、その木に着生する植物、カヤランが黄色い花を咲かせていました。

Dscf2063

Dscf2063001

着生植物  木の養分を吸うなどして寄生する植物と違い、木に付着し、養分は雨水や空気中から取り込んで成長する。高温多湿の熱帯樹林などに多く見られるが、日本でみられるのは数少ない。

2013年4月17日 (水)

松平郷と鞍ヶ池公園ウォーキング

  今日は地元ウォーキンググループ「道くさウォーキングみたけ」で愛知県豊田市にある松平郷と鞍ヶ池公園のウォーキング。少し汗ばむ陽気でしたが日射しは柔らかく快適ウォーキングを楽しむことができました。

Dscf2049

徳川発祥の地である松平郷を散策。
※徳川家康は松平の家系であったが天下統一を志す中で改姓し、徳川と名乗り徳川の宗家となりました。

Dscf2038

松平東照宮 元々は松平家の屋敷神としての八幡神社であったが、その後家康公や松平親氏公を合祀されたこともあって、昭和58年に松平東照宮と名称が変更されました。

Dscf2076

鞍ヶ池公園 豊田市東部にある公園で、94ヘクタール程の公園にはトヨタ記念館、植物園、動物園などの施設と、周囲6㎞ほどある鞍ヶ池からなる公園。東海環状自動車道鞍ヶ池パーキングエリアから徒歩で行けますし、スマートインターチェンジで車でも行くことができ、近年ファミリーパークとして人気が出てきています。

Dscf2108

公園内にある植物園 現在は無料で開放されています。

   

2013年4月16日 (火)

ウコンザクラ

 近くの道路脇に植えられたウコン桜が見頃をむかえていました。

Dsc_2471001

Dsc_2469

黄桜ともよばれる桜ですが、木全体に花をつけた姿は地味で目立ちませんが、花を太陽に透かして見ると、シックで落ち着いた魅力ある花です。

2013年4月15日 (月)

ツクシ林

 いまさらツクシの話題でもありませんが、今日見た畑のツクシの群生はみごとなツクシ林。まるでツクシを栽培しているようでした。

Dscf2029001

畑一面に広がるツクシは壮観の一言。 

2013年4月14日 (日)

スイセンとアルプスと

 先日の駒ヶ根周辺の桜撮影会の折によった光善寺前のスイセン畑。南アルプス、中央アルプスを背景に綺麗でしたので紹介します。

Dsc_4763001

スイセン畑から駒ヶ根市と南アルプスのながめ。

Dsc_4755

中央アルプス 木曽駒ヶ岳とスイセン

Dsc_4753

道祖神とスイセン

2013年4月13日 (土)

増えるムスカリ

  最近裏庭を占領しつつあるのはムスカリ。ほとんど放置状態でも良く育ち、鈴のような青紫の花をたくさんつけて咲く。

Dsc_2452

Dsc_2455001

ヒヤシンスの仲間で地中海地方が原産。

Dsc_2424

こちらは同じ裏庭の雑草に混ざって咲いていた花。
名前がよくわからなかったがネモフィラの一種 マクラタという花だそうです。
最近はホームセンターなどで買う鉢植えなどに種が付着して入るのか、見たこともない花が突然か顔お出すことが多くなりました。 

2013年4月12日 (金)

サクラ散る

 このところの冷えこみで がんばって花をつけていたサクラも終盤をむかえ 地上は桜の花びらでピンク色に染まりました。

Dsc_4948_2

近くの工場の池にはサクラの花びらが落ちて、水面に映ったサクラの木に再び花を咲かせたよう。

Dscf2019

そんな池にはカルガモのペァがスイスイ。

Dscf2024_2

風今日は風もあり、我が家の裏庭にも花びらがたくさん飛んできました。 

2013年4月11日 (木)

桜前線北上中

 昨日は桜前線を追って信州は駒ヶ根方面に撮影旅行。
午前中は曇り空で心配していた天候も回復、風の強い一日でしたが桜も見頃をむかえていて、何とか撮影を終えることができました。

Dsc_4794

神社仏閣にはやはり桜の古木が多い。上は栖林寺(駒ヶ根市東伊那地区)のシダレザクラ(樹齢400年)。

Dsc_4734

下は蔵澤寺(駒ヶ根市中沢地区)の樹齢300年のシダレザクラ。

Dsc_4644

信州と言えばアルプスを入れて風景が定番。上は中川村の谷村家の藁葺き屋根と中央アルプス。

Dsc_4657002

吉瀬(駒ヶ根市中沢地区)のシダレザクラ(樹齢100年 )と中央アルプス。

Dsc_4887001

中沢地区 上の山のシダレザクラ。写真上

Dsc_4892_3   

駒ヶ根市東伊那地区 城の腰のシダレザクラ(樹齢300年)
桜は墓の守りとして植えられることも多く、そうした場所には一本桜の古木が多い。

   

2013年4月 9日 (火)

ハナモモ

 隣町、八百津の国道沿いに咲く ハナモモが綺麗でしたので紹介します。

Dsc_2416

ハナモモは改良され色々種類があるようですが、これは紅白入り乱れて咲く「源平桃」よばれる品種のようです。

Dsc_2415

Dsc_2421

近くには真っ白なハナモモも咲いていました。 

2013年4月 8日 (月)

ヒヨドリ

 桜は散り始めたが、相変わらず早朝より騒がしいのは、集団できて桜の花の蜜を吸うヒヨドリたち。

Dsc_0419002

お世辞にもあまり綺麗な鳥ではないし、鋭いくちばしをしていて果実や野菜に被害をあたえるため、カラスの次に農家の嫌われ者となっている野鳥。

Dsc_0426001

Dsc_0441001

鋭く長い嘴はサクラの花の蜜をた食べるのに最適のようです。囀りはピーピー。

2013年4月 7日 (日)

蟹薬師祭礼

 風の強い日でありましたが午後には雨も上がり、心配していた地元の「蟹薬師祭礼」が無事開催されました。お薬師さんで親しまれる大寺山願興寺境内で開催されるこの祭りは、五穀豊穣無病息災を願い、長徳5年(西暦999年 )頃より始まったと伝えられている歴史ある祭りで、現在は岐阜県の重要民俗無形文化財に指定されています。

Dsc_2311

Dsc_2263001

祭のメインは「蝿追い」とよばれる 老女に扮した厄年の若者が、シキミを打ち振り 人々の悪疫を取り除く行事で、特に子供の一年間の無病を祈願するため進んでシキミに打たれる姿が多く見られます。

Dsc_2374

蝿追いの行事が終わると曳山が引き出され、曳山の若者らによる奏楽が行われて祭りの終盤をむかえます。

2013年4月 6日 (土)

嵐の前の静けさか

 今日は猛烈な低気圧が接近し、雨風とも強くなるとの天気予報で家の周りの整理を行った。今のところ小雨は降っているもののほとんど風はない。これは嵐の前の静けさというものなのか。明日は日曜であちこちで祭りが行われる。このまま早く通り過ぎてほしいと思うばかりだ。

Dscf2004002

小雨の中、隣の広場のモクレンが花をつけていたので、傘を片手にクローズアップで撮ってみた。曇り空を背景にフラッシュ撮影した。

Dscf1996

近くにはコブシの木もあり、よく似た白い花をつけていた。
こちらは白い花なので、曇り空を背景にすることはできず、山を背景に自然光で撮影。

2013年4月 5日 (金)

スモモもモモもモモのうち

 スモモもモモもモモのうち。子供の頃おばぁちゃんから聞いたのだが未だ意味不明。辞書には言葉遊びの一つと書いてあるが、なにか人生訓のようにもとれる。ということで、今日は今咲いているモモの花の紹介。

Dscf1976

桃の花  旧暦で行くと4月が桃の節句で12日がひな祭り。

Dscf1987001

スモモの花  モモと名がつくがウメに近い、いわゆるプルーン。

Dscf1985

ハナモモ 観賞用として改良され今は色々な種類が栽培されています。

Dscf1980001

こちらも近所の畑でハナモモが植えられています。遠くに見えるのもシダレのハナモモ。   

2013年4月 4日 (木)

山に咲く花

 この地域では桜が満開をむかえていますが、このところの暖かさで野山の花も一気に咲きはじめ、今や百花繚乱といったところ。

Dsc_0275004

Dsc_0269

山ではミツバツツジも咲き始めていました。

Dsc_0266001

Dsc_0262

ヤブツバキ こちらは桜の花より本来早く咲くさきますが、今年は今が見ごろ。

 

2013年4月 3日 (水)

風の強い日

 三日連続して桜の写真になりますが、今日は風が強く、満開をむかえた桜が大揺れにゆれていました。こうした風の強い日は、あえてスローシャッターで撮すのも面白いとの話を聞きチャレンジしてみました。

Dsc_4509

Dsc_4492001

Dsc_4529_2

パステル画か油絵のような雰囲気になりました。 

2013年4月 2日 (火)

小さな夜桜

 我が家の隣にある桜の木が5分咲きとなりました。夕刻から降りだした雨に、しっとりと濡れた夜桜になって、小さな夜桜見物ができます。

Dsc_4476_2

桜の木の傍にあるナトリュウム灯に照らし出され、幻想的な夜桜になりました。

Dsc_4465

Dsc_4464_2

上2枚はフラッシユ撮影したもの。 

2013年4月 1日 (月)

犬山城と桜

 今日は犬山城周辺の桜が満開ということで、デジカメ教室のメンバーで出かけました。例年、犬山祭り頃が見ごろですが、今年はやはり開花が早く、今がみごろで平日かかわらず大勢の花見客で賑わっていました。ちなみに犬山祭りは今週末の6日 7日です。

Dsc_4373

Dsc_4353

Dsc_4361 

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »