« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

秋でもないのに

 今日、林の中で見つけた落ち葉。虫に食われて紅葉したのでしょう、とても綺麗でしたので写真に撮りました。

Dsc_6109001

Dsc_6108

虫食いによる紅葉ですが、一足早い秋を感じました。 

2013年6月29日 (土)

今日の花

 春先に比べずいぶん裏庭に咲く花が少ないが今日咲いていたのはツユクサ、ガーベラ、ヒルザキツキミソウ。

Dsc_2984 Dsc_2995002

Dsc_2996003

写真を加工して掲載しましたので実際の花の色とは違います。
上からツユクサ、ガーベラ、ヒルザキツキミソウ。 

2013年6月27日 (木)

今日も水滴写真

 昨晩も雨が降ったのか早朝の草木は水滴をいっぱいつけていました。ということで今日も水滴写真。

Dsc_2967

ヒメオウギのつぼみに付いた水滴。

Dsc_2961001 

Dsc_2929001

クロスフイルターで加工。ちょっと強調しすぎでした。

2013年6月26日 (水)

シャチホコガ

 夜、強い雨があると早朝によく見られるのが、雨を避けて網戸に張り付いている蝶や蛾。今日もへんな形の蛾が網戸にいました。

Dsc_2955

Dsc_2950001

横から見ても正面から見ても、シルエットはまるで天狗の顔。

Dsc_2954

フラッシュで撮るとこんな姿。お尻を上げて、まるで天守閣の鯱鉾のような姿から通称 シャチホコガとよばれる蛾だそうです。注 シャチホコガは種類が多く、必ずしも鯱鉾のようなスタイルをとるものばかりではありません。

2013年6月25日 (火)

折り紙によるアジサイづくり

 今日は成人講座手の作り工芸の日。作ったのは折り紙によるアジサイの花で、最初は30分もあればできるかと思っていましたが、小さな花を何個も作るためたっぷり2時間かかってしまいました。

Dscn4257

いきなりですが私が作った完成品 ↑。大きさはハガキサイズ。

Dscn4248

最初にいただいた折り紙のパーツ。傘は前もって作ってあったものを利用。

Dscn4251

Dscn4250001

Dscn4253 Dscn4252

小さなパーツを折って作るため、老眼鏡は必需品。小さなパーツはハサミで形を整え台紙に貼っていきます。

Dscn4249

最後にパーツを台紙に貼って出来上がり。台紙に貼るときが個性のでるとき。こちらはオオデマリかコデマリのイメージしたのでしょうか。

2013年6月24日 (月)

トンボの季節

 田植えから一ヶ月。水田周辺ではトンボが目立つようになりました。

S0062742002

ショウジョウトンボの未成熟 。雌雄とも成熟すると真っ赤になります。

Dscf2749

ハラビロトンボの雄。未成熟は雌雄とも黄色い色をしています。雄はその後黒くなり最終的に写真のように白粉が生じます。

Dscf2746

正面から見ると複眼の下、鼻のあたりが青いのが特徴。

Dscf2755

トンボとは関係ありませんが、同じ畔に咲いていたのはネジバナ。

2013年6月23日 (日)

アジサイ

  我が家の裏庭のアジサイがようやく見頃をむかえた。

Dsc_2934

Dsc_2935001

2013年6月22日 (土)

コントロールハンテング

 私達の地域では有害鳥獣として、捕獲頭数を限定して猟期以外にイノシシの駆除が行われているが、先日行った高ボッチ山麓ではシカの被害多いため、シカの駆除が行われている。私達はちょうどその捕獲現場に出くわすことになった。

Dsc_6382

一頭のシカが罠にかかり、猟師によって山から担ぎだされていました。

Dsc_6394001

60㎏ほどもあろうかと思われるシカを、山から運び出して軽トラックに乗せる作業を一人でこなし、「私のトラックはシカ専用の霊柩車」だと猟師は話して見えた。こうした行為をコントロールハンテングというそうだが、絶滅していく野生種も増えすぎる野生種も、人間との関わりの中でそうした状況に置かれているのではないか。

2013年6月21日 (金)

スカシユリ

 ここ数日、通夜葬儀がつづいた、亡くなった方達はそれぞれ戦後の食料も乏しいなか子供時代をむかえられ、そして高度成長時代の働き手として懸命に働いて日本を築いてこられた人達で、感謝をこめてお見送りをした。

Dscf2711

話は変わって、ここに来てようやく本格的な梅雨がきたようで雨が続く。待ちに待った雨だが3日も雨が続くと、うんざりしてくるのは私だけだろうか。
写真は雨の中花を咲かせたスカシユリで、最近は夏場の観光客誘致のためスキー場などにも植えられるようになった。

2013年6月18日 (火)

高ボッチとレンゲツツジ

 昨日はレンゲツツジの咲く高ボッチへ。好天に恵まれ北アルプスや南アルプスのながめを満喫することができました。

Dsc_6354

レンゲツツジの咲く高ボッチ高原。

Dsc_6336

高ボッチ山の頂上をめざすハイカー。

Dsc_6341002

高ボッチ山山頂(1665メートル)から諏訪湖、南アルプスのながめ。残念ながら富士山は見ることができませんでした。

Dsc_6376001

山麓にも綺麗なレンゲツツジ咲き、シダの群生に咲くレンゲツツジを撮影する撮影仲間。 

2013年6月16日 (日)

「みたけの森」再発見

 今日は『みたけの森」再発見と題しての「みたけの森」学習会に参加。町内在住で日本自然保護協会・自然観察指導員の籠橋まゆみさんに説明を受けながら散策と調査を行いました。好奇心はあっても植物について深い知識がない私には少し敷居が高かったよう。

Dscf2687001

講師の説明を受けながら熱心にメモやカメラを向ける参加者。以下写真はは今日の散策で出逢った花など。

Dsc_2907_2

ウツボ草  道端に咲くウツボクサよりも透きとおるような薄紫をしています。

Dsc_2911

秋に紫の実をつけるムラサキシキブの花。

Dscf2692001

コマツナギの花 このほかササユリはもちろんモチツツジの花も見ることができました。

Dsc_2914

今日、一番の収穫(個人的見解)はカンアオイの葉を食べているギフチョウの幼虫。このほか絶滅危惧種の植物もたくさん知ることができました。

 

2013年6月15日 (土)

ホタルの季節

 ホタルが出ているとの情報を聞き、今夕さっそく近くの河原にホタルの撮影に出かける。思ったよりたくさんいたが、時々小雨のぱらつく天気で葦や木陰で点滅を繰り返すだけ、それでも一年ぶりのホタルとの再会。ああやっぱり夏が来たのだと実感。

Dsc_6262001

Dsc_6264001 

Dsc_6277

デジタルカメラになり、高感度で撮れるようになったため、なんとか写るのだが自分の眼で見たほどの感動はない。

2013年6月14日 (金)

池のコイ

  一日曇り空ながらも、今日も汗が噴き出る真夏日。ついつい冷たい飲み物に手がいき、胃の調子が悪くなってしまった。今からこの調子ではこの夏が思いやられる。

Dsc_6144_2 

Dsc_0797001

Dsc_6162   

池の中を泳ぐコイたちがうらやましい。それにしても水中から見る人間はどんなふうに見えるのだろう。   

2013年6月13日 (木)

噴水の芸術

 今日も今年の最高気温を記録。こんな日にはついつい水辺が恋しい。公園の噴水には数ヶ月前までは近づきたくもなかったが、今は涼を求めて濡れてもかまわないとばかりに近づいてしまう。自分のその時の都合で好き嫌いを判断する人間の心理なのだ。

Dsc_1600001

Dsc_1628

Dsc_1632

公園の噴水を高速シャッターで撮してみました。どのように写るかは運まかせですが、けっこう芸術的だなーと自分ながら感心しました。皆さんもお試しあれ。 

2013年6月12日 (水)

百年公園のハナショウブ

 今日は関市にある県立百年公園のハナショウブ園の撮影に。花はほぼ8分咲きで、大勢の来場者で賑わっていました。

Dsc_6074

Dsc_6047

Dsc_6030_2

Dsc_6012001

立っているだけで汗が噴き出る程の暑さでしたが、見学者はカメラを手に思い思いに撮影に励んで見えました。

、   

2013年6月11日 (火)

仲良しシジミチョウ

今日、クローバーの花に仲良く留まっていたのはベニシジミ。春型、夏型が混在するのか、雌雄なのか、よく見ると羽根の色が違っていました。

Dsc_2885001 Dsc_2886

2013年6月10日 (月)

ササユリと秘境探検

今日はいつもこのブログにコメントをいただいている、スーちゃんとお友達のフーちゃん、そしてabuさんと満開をむかえていたみたけの森のササユリを散策後、先般ウォーキングで訪れたみたけの秘境、北山を再度挑戦しました。

Dscf2557001

Dscf2554 

今日のみたけの森のササユリ開花状況はほぼ満開。群生地はラッシュアワー状態。

Dscf2587

ササユリ散策後は北山へ。先日訪れた「大滝」よりさらに奥の「そうめん滝」をめざす。

Dscf2630 

Dscf2601

道なき道を必死で進むこと30分、「そうめん滝」に到着。

Dscf2621

連日の小雨で水量は少ないものの、訪れる人のない深山の滝に癒されました。

Dscf2576_2

途中で見つけた綺麗な野草。家で調べるとシソバタツナミソウという花のよう。 

Dscf2632

こちらも途中でであったニホンカモシカ。キョトンとした表情でこちらを観察していました。スーちゃん、フーちゃん、abuさんお疲れ様でした。 

2013年6月 9日 (日)

モノクロームの世界

モノクローム写真をお楽しみください。

1

Dsc_0887

Dsc_7598

Dsc_0825001_2  

2013年6月 8日 (土)

朝のキラキラ

 昨日夕方の雨で、今朝は久しぶりに朝は爽やか。満開をむかえたサツキの花もキラキラ輝いていました。

Dsc_2861

Dsc_2871

2013年6月 6日 (木)

今日の野鳥

 家の傍のサクラの木に小さな実がつき熟してきていて、その果実を求めて野鳥たちが訪れてきています。今日見たのはイカルとメジロ、そして常連のスズメ。

Dsc_1581

イカル (アトリ科 留鳥)  葉の茂みに隠れ、なかなか思うような姿を捕らえることができなかった中の一枚。

Dsc_1558

メジロ 数羽の集団でやってきます。せわしく移動するため、こちらも緑の葉の多い今の時期に写真に撮るのは難しい。 

Dsc_1555

こちらは常連客のスズメ。こちらは周辺が生活圏のため、遊びながら食事という感じ。

2013年6月 5日 (水)

ササユリ見ごろ

 ウォーキングの会合で、みたけの森のササユリが見頃をむかえているとの情報をいただき会合終了後、さっそくみたけの森へ散策に。入り口付近ではほとんど見られなかったササユリでしたが、奥に進むにつれ多くのササユリを見ることができ、大勢の見学者で賑わっていました。

Dscf2491001

開花したばかりのササユリはうすいピンク色。

Dscf2477

一部の場所では写真のように群生しているところも。

Dscf2474001

群生地は見学者でいっぱい。例年より早い開花で、最盛期は今度の土、日曜日頃となるようです。

2013年6月 4日 (火)

散水

 このところのカラカラ天気で農家の畑では散水が始まった。天気予報では来週末頃までこんな天気が続くといっていた。
今年は梅雨に早く入ったのだがなかなか人間の思うようには行かない。自然と共に生きるには人間が自然に適応するしかない。

Dsc_5987

Dsc_5989

散水機から飛翔する水が面白い。上の写真は高速シャッターで写したもので下は低速シャッターで撮影したもの。

2013年6月 2日 (日)

真っ赤なバラが咲いた

 いまさらバラの話題もうんざりかもしれませんが、我が家の裏庭のバラがようやく満開をむかえた。場所が日陰なのであまりは早く咲かないが、真っ赤な色が気に入っている。

Dscf2464

Dscf2465

今咲いているのはこのバラとヒルザキツキミソウとニゲラだが日陰に咲いているのはこのバラだけ。

2013年6月 1日 (土)

月の女神

 今日も畑に行く途中でであったのはオオミズアオという美しい大型の蛾。ヤママユガの仲間で7~10㎝ほどの大型の蛾で、青磁色で夜行性のため、学名でもギリシャ神話の月の女神、アルテミスの名前がつけられている。

Dscf2451001

Dscf2453

夜行性のため触角が大きく発達していて、複眼は目立たない。成虫は食べ物をとらず水も飲ずに交尾、産卵し一生を終えるという。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »