« クラゲ | トップページ | カンゾウの花 »

2013年7月19日 (金)

名古屋城本丸御殿

happy01 昨日の続きになりますが、名古屋港水族館の帰りに寄ったのは、今復元中の名古屋城本丸御殿。復元工事は3期10年、150億円をかけて行われるプロジェクトで現在は玄関、表書院などの一部が完成し一般公開されています。

Dsc_7104001

  なんといっても見どころは絢爛豪華なふすま絵(障壁画) 。

Dsc_7106

書院上段の間。本丸御殿を含む名古屋城が戦火で消失するも、襖絵は持ち出され難をのがれ1千点以上が残り国宝となっています。復元するにあたり本物を使って一般公開できないかとの市長の思いもありましたが、万一の事態を考慮しレプリカとなりました。とはいえ高度な復元技術の上に復元できたもので、本物に勝るとも劣らないものばかり。

Dsc_7102

私達が訪れたときはちょうど障壁画の点検中でした。

P1_1284_1024_13789

こちらは「名古屋城本丸御殿」のホームぺージからダゥンロードできる壁紙。

« クラゲ | トップページ | カンゾウの花 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クラゲ | トップページ | カンゾウの花 »