« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

秋三態

 あたりまえなのだが、明日から10月で本格的な秋の訪れ。ということで今日撮った写真は秋を代表する写真三枚。  

Dsc_3227

早朝はキィーキィーとモズの高鳴きで始まります。今日は雌のモズでした。

Dsc_3239

台風18号で横になってしまった裏庭のコスモスもびっしりと花を付けました。 

Dsc_0007001

夕方はいわし雲も現れました。さば雲とかうろこ雲ともよばれ秋の代表的な雲ですが、この雲が現れると天気は下り坂といわれます。
※いわし雲、さば雲、うろこ雲の区別は見た目の形がどれに似ているかで区別するそうです。

2013年9月29日 (日)

クモの詩

 このところずいぶん早朝は涼しくなってきました。、裏庭に小さなクモの巣を張っていたジョロウグモも少しずつ大きくなり家も大きくなりました。

Dsc_3232001

早朝は朝陽をうけて虹色にきらめき、まるで五線譜(CDかな)のようです。

Dsc_9990

五線譜の作り主は若いジョロウグモ。もう少し大きくなると小さなオスグモが遠慮がちに同居します。
※写真は縦位置のものを横位置に変換しています。   

2013年9月28日 (土)

コブシの実

 秋が深まると共に、野山の地面に栗の実やドングリなどの木の実を多く見かけるようになった。近くの広場にあるコブシの木も、赤い実を地上に落とし始めた。

Dsc_9973

毎年ブログで紹介していますが、形がなかなかユニークなのでお気に入りです。

Dsc_9962

Dsc_9966 

地上に落ちる前のコブシの実 。この実が人の握り拳にも似ているためコブシとよばれるそうです。

2013年9月27日 (金)

福地そば

  昨年も行ったが、隣町の八百津町福地に蕎麦畑があり、赤蕎が作られているので所用で出かけたついでによってみた。

Dsc_3521002_2
Dsc_3526

今、花を付けていたのは、紅花そば呼ばれる品種のようで、ピンク花を付けていた。
耕作放棄地の解消と、Iターンした若者の定着促すため「福地そば」として売り出していて、廃校となった中学校でそば打ち体験教室などを開いたり、近くの美濃加茂市太田宿でアンテナショップとしてのそば屋の運営も行っているとか。

Dsc_3553

訪れた地域周辺では、彼岸花が見頃をむかえていて、こちらもとても綺麗でした。

2013年9月26日 (木)

爽やか

 台風20号の影響か、日射しは強いものの乾いた北風が吹き爽やかな一日。そして明日の朝は15度を下回る気温になるそうだ。

Dsc_3503001

こんな軒先の片隅の風景にもそこはかとなく秋の深まりを感じます。

2013年9月25日 (水)

七宝焼き体験

 今日は生涯学習講座の手作り工芸で愛知県あま市七宝町にある七宝焼アートウ゛ィレッジに行き七宝焼き体験。

Dscf3264001

ここの体験工房では、自分の作る目的の作品に基づき材料をすべて揃えていただけますで落ち着いて創作に専念できます。

Dscf3257

Dscf3258

Dscf3260

作り方はあらかじめ用意された銅板に釉薬を入れ、さらにその上に飾り付け用フリット呼ばれる材料を落とし込みます。このあと炉で焼き上げていただきます。作業は簡単ですが配色や材料選びが難しい。

Dscf3268

完成したいなっピー(稲沢市のマスコットキャラクター)のキーホルダー。 釉薬やフリットは炉に入れ焼き上げると2倍ほどに膨張するため、その部分をあらかじめ予想して作成することが重要です。私の作品は目の部分がはみ出してしまった失敗作品となりました。

Dscf3265001

体験施設のある、あま市七宝焼アートヴィレッジ。七宝焼の歴史を伝える伝承館や七宝焼作品を展示する展示室などもあります。

2013年9月24日 (火)

コスモスと昆虫たち 

  台風18号によって倒れて横になってしまった裏庭のコスモスですが、今は色とりどりの花を付け満開をむかえました。昆虫たちも吸蜜に代わる代わるにやってきいます。

Dsc_9949

綺麗な縞々ズボンを履いてやってきたのはホソコラタアブ。

Dsc_9958001

こちらはおなじみツマグロヒョウモン。スミレの咲く頃から見られるチョウですね。

Dsc_9950

秋口から多く見られるイチモンジセセリ。ダイミョウセセリなどに似ていますが白斑の型や位置がが僅かに違います。

2013年9月23日 (月)

オニヤンマの産卵 ?

 朝に庭の草取りをしていたらやってきたのはオニヤンマ。ホバリングしなから苔むした地面にお尻を盛んにさしこんでいました。明け方の雨で十分に水分を含んだ苔を水辺と勘違いして産卵していたようです。

Dsc_9921

Dsc_9924

Dsc_9923

ホバリングしながお尻を地面に突き刺さす姿を連写で撮りました。

Dsc_9921002

オニヤンマ 日本産のトンボでは最大級のトンボ。鬼によく似た顔つき(上)と、トラ柄の体からオニヤンマと名前が付けられたようです。

2013年9月21日 (土)

カゼクサの花

 最近までカゼクサと呼ばれる植物があると聞いていたがどんな植物かを知らなかった。別名ミチシバと呼ばれる草で、子供の頃 長く伸びた葉先を結び、人か通ると足をとられるようにと、簡単な罠をいたずらに作って遊んだ植物であることを知り、ようやく身近な植物であったことを知った。

Dsc_3412

僅かな風がでも揺れることからカゼクサと呼ばれるようですが、よく見ると小さな花を付けていました。

Dsc_3406_2

風に揺らぐと、タバコの煙のように花粉を飛ばしていたが残念ながら写真には写りませんでした。

2013年9月20日 (金)

津屋川の彼岸花

 彼岸花が見頃をむかえ、今日は南濃町津屋川へ出かけました。初めて訪れた津屋川の彼岸花。花は満開を迎えていましたが、大雨で水没したのか川端の彼岸花は泥にまみれ、またここ数日の日中の暑さに耐えかねてか、萎れ始めた彼岸花も多く少し残念。

Dsc_9826001

ほぼ満開状態の津屋川堤の彼岸花。

Dsc_3435

川縁の彼岸花と泥で真っ白になった葦。これはこれで貴重な写真なると思いカメラに収めておきました。

Dsc_3438

Dsc_9833

白いヒガンバナモ咲いていました。 

2013年9月19日 (木)

中秋の名月

 今日は中秋の名月だそうだ。この時期は天候が落ち着かず、毎年名月を見ることができるとは限らないが、今日は空も快晴で素晴らしい月を見ることができた。

Dsc_3400

草原では賑やかな虫の音も聞こえ中秋の名月を楽しむことができました。

2013年9月18日 (水)

21世紀の森

 恒例のみちくさウォーキングで今日訪れたのは関市板取の21世紀の森公園。樹齢400年~500年といわれる巨大株杉が100本以上あるといわれる全国的にも珍しい場所。

Dscf3162001

Dscf3152

この場所の株杉は次の用材確保のため、杉の脇芽や枝を残し伐採する方法によって生じた特異な株杉で、株先が枝分かれして今も杉として成長しています。

Dscf3158

樹間の中はヒンヤリと涼しく 快適なウォーキングが楽しめました。

2013年9月17日 (火)

台風一過

台風18号は各地に大きな被害をもたらし去っていった。幸いこの地域では大きな被害はでなかったが、災害は時や場所を考えずやってくる。心して用心すぜきだ。

Dsc_9787

我が家の裏庭には大きな柿の木があるが、今回の台風で柿の実やはっ葉がたくさん落ちた。    

Dscf3134001

台風一過となって 久しぶりの夕焼けになった。

2013年9月16日 (月)

風を撮る

 今日の台風、夜半から未明にかけては強い雨も風もなく、たいしたこともないと高をくくっていたが、午前8時頃から猛烈な雨と風にみまわれた。幸いこの地域では大きな被害はなかったが、やはり裏庭のコスモスはなぎ倒され安定の悪い植木鉢はひっくりかぇっていた。 

Dsc_9722

Dsc_9727

Dsc_9777_2

家の中から窓越しに、強い風にゆれる林の木々や畑の作物をスローシャツターで撮ってみました。 風の表現できたかなー。

2013年9月15日 (日)

雨の日の贈り物

 台風が接近してきている。今のところ大きな雨や風はないが今夜半は心 配である。大きく伸び満開を迎えたコスモスも今にも倒れそうになっている。何事もなく通り過ぎてほしいと願うばかり。

Dsc_3393

だいぶくたびれて痛々しいアサガオの花。雨に打たれながらも懸命に咲いている。

Dsc_3374001

コスモスの花も大きな水滴を付けていた。

Dsc_3378

広場の駐車場にはサクラの木の病葉がいっぱい。いわゆる濡れ落ち葉だがこれはこれで絵になる。 

 

2013年9月13日 (金)

赤とんぼ(ネキトンボ)

 このところ産卵の時期を迎えているのか、赤とんぼの連結して飛んでいる姿を多く見るようになった。近くの溜池にはネキトンボと思われる赤とんぼが池の上を連結して飛んでいた。

Dsc_3235001

真っ赤な雄と少し赤みがかったオレンジ色が雌。最近はカメラの性能も良くなりこんなトンボの飛翔姿も撮れるようになった。

2013年9月12日 (木)

キノコ (1) 

 昨日の続きになりますが、みたけの森を散策途中で見かけたキノコたち。食べられそうもないいわゆる雑苔ばかりでしたが秋の訪れをつげていました。

Dscf3121002

イグチの仲間。イグチの仲間には食べられるものもあるあるようです。

Dscf3088

こちらはチップ置き場に生えていたザラエノハラタケ。シメジにそっくり。

Dscf3096

朽ちた切り株に生えていたのはヒメカバイロタケ。柄が薄紅色できれいです。

2013年9月11日 (水)

みたけの森の湿地の成り立ち

 今日は「みたけの森再発見講座」の3回目でみたけの森にある湿原(正しくは湿地)の成り立ちについて日本地質学会会員中根鉄信先生に説明を受けながら現地を散策しました。

Dscf3117

Dscf3115001

みたけの市街地は、沖積層の上にあり石炭などを含む泥岩層、砂岩層から成り立ちっているが、みたけの森の湿地は、さらに上部の水を通しやすい砂礫層にあり、その窪みにできたと考えられる。岐阜県東濃地方や愛知県三河地方の湿地のほとんどがこのタイプ。

Dscf3100001

こちらは砂岩、泥岩層にできた断層。化石や石炭が出てくる地層。

Dscf3107

最上部にある砂礫層。400万年以上前にはこの周辺の丘陵地は川であったと考えられる。こうした地質の窪みには湧き水もあって湿地となる。 

2013年9月10日 (火)

夕照の越前海岸

 昨日は越前海岸の夕景を撮ろうということで出かけた。前から計画していたもので天候を心配していたが、おかげさまで晴天に恵まれ、最高の夕景とは行かないがそれなりの夕景を撮ることができた。

Dsc_9449

空一面に茜色に染まる夕景を期待したが、あまりの好天に雲が少なく残念。

Dsc_9370

岩場の釣り人をシルエットに撮る。何を釣っているのか釣り人に聞いたらイカを釣っているとのこと。

Dsc_9540

太陽が沈み星が見える頃まで撮影に挑んだ。月は三日月だが長時間露光のため地球照によって満月みたいに写ってしまった。水平線の左にはイカ漁の船の灯りがかすかに写った。 

2013年9月 8日 (日)

東京オリンピック

 2020年のオリンピックが東京で開催されることが決まった。49年前のあの感動がよみがえった。しかし、昭和何年に開催されたか定かでなかったので、集めていた記念コインを引っぱりだしてみたら昭和39年の刻印があった。青春時代まっただ中の出来事であった。
 ある国では東京で開催されるならオリンピックをボイコットしようという運動が始まっているそうだが政治とスポーツを絡めてはいけないのは当然だし、そんなときだからこそ政治、宗教、貧富の差を超えたスポーツを通して交流を深め必要があるのではないか。アスリート達の夢を破ってはいけない。

Dsc_9258001

49年前の東京オリンピックの100円記念硬貨。大量に出回ったためプレミアム的価値はゼロ。ただ現在の100円硬貨より銀の含有量が多いので地金としての価値は少し高いそうだ。

Dsc_9258

ついでに引っぱりだした2000円札。 裏には源氏物語の絵があり、すすむし と書かれてあったので秋の詩かと詠みましたが最後まで解読できず。  すずむし 十五夜の仏の御前に宮おはして 端ながめたたまいつ念珠したまう あまきみたち二 三人 花たてまつると・・・・・・・・

2013年9月 7日 (土)

鵜飼船

 「おもしゅろうてやがて悲しき鵜船かな」 5月から始まった長良川鵜飼いもあと一ヶ月ちょっとだ。秋風の漂うこの時期から鮎も大きくなり鵜飼いも佳境に入る。しかし2時間ほどの華やかなショーが終わり、静かになってしまった川面にはヒンヤリとした秋風が吹き、そこはかとなく侘びしさが漂う。

Conv0003

Conv0001002

Conv0006001   

2013年9月 5日 (木)

水滴写真

 大雨が通り過ぎ強い日射しが戻ってきた。
日照り、猛暑、豪雨、竜巻とさらにこの後やってくるのは大型台風なのか。異常気象に振りまわされ少々疲れた。

Dsc_9243

Dsc_9237

広場の花壇の植物達には水滴がいっぱいついていた。大雨せいかなのか水滴が大きく見えた。

2013年9月 4日 (水)

豪雨

 台風17号が前線を刺激して今この地方は豪雨となっている。一時間に100ミリを超える猛烈な雨も観測されているようだ。時間雨量100ミリをこえるなるとドシヤ降りどころではない、バケツをひっくり返したような雨が続き、何処かで大きな災害が起きる危険性が高い 。とにかく早く天候が回復してほしい。

Dscf3076001

午後4時頃の国道は、黒雲に覆わた強い降雨で高速ワイパーをかけライト付けなけば通れないほどだった。

2013年9月 3日 (火)

不安定な天気

 不安定な天気がつづく今日も積乱雲が発達し、時々強い雨に見舞われた。晴れたと思いきやすぐに強い雨が降り、短時間で刻々と変わる天気に振り回された。   

Dscf3057001

今日の空は、今にも強い雨を降らせるようなまっ黒な雲と青空が同居する不気味な空。右の黒雲の下では雨が降っている。「馬の背を分ける」そのものの天気だ。

2013年9月 2日 (月)

稲の倒伏

 順調な生育で豊作が期待されれていました稲。刈り取り間際になって秋雨前線が停滞し、ここにきて大雨による水没田や、稲の倒伏した水田が目立つようになってきました。 

Dscf3050002

倒伏した水田に入り稲穂をつつき、ご馳走にありついたカワラバト。

Dscf3015

でもチュウサギはカエルやタニシが見つからず困惑顔。

2013年9月 1日 (日)

今日も水滴写真

  今日も時々雨の一日。でも雨上がりについつい撮ってみたくなるのが水滴写真。ということで<できばえは今ひとつですが水滴写真を掲載します。

Dsc_3176001

花をつけ始めたイワギボゥシの蕾と水滴。 水滴に写っているのはキバナコスモス。

Dsc_3168

カヤツリグサの葉についた水滴。水滴に写っているのは黄色づいた水田と雨上がりの青空。

Dsc_3169001

まだ花をつけているニチニチソウと水滴。 

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »