« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

今日もアオゲラ

 キョッキョッという鳴き声に、裏庭の柿の木を見ると今日もアオゲラの姿がありました。このところ熟して地上に落ちそうになっている柿の実が目あてのようです。

Dsc_3431

木登り上手なアオゲラ、太い枝から細い枝へ。

Dsc_4957

Dsc_4958

鋭いくちばしで朽ちて落ちそうな柿の実をつついていました。

2013年11月29日 (金)

サンピラー

 今日も畑にいると夕焼けが綺麗でした。太陽が山陰に沈むと現れたのは光の柱で、これがサンピラーとよばれるもでしょうか。 

Dscf3506001

Dscf3520

太陽が沈むと光柱は丸くなりもう一つ太陽ができたよう。 

Dscf3494

こちらは数日前に畑で撮った光芒。太陽の光が雲の隙間から射し込む時あらわれ、天使の梯子とかレンブラント光線などと呼ばれるそうです。

2013年11月28日 (木)

ウスタビガの羽化・交尾・産卵

 高い桜の梢にウスタビガの繭が何時の頃からかぶら下がっていましたが、今日の早朝にその繭から雌の成虫が羽化して出てきました。その後、しばらくするとどこからか雄の成虫が飛んできて交尾を始めました。

1dsc_0993

1dsc_0995

チョウの中でも遅い羽化で知られるウスタビガですが、11月も終わりになってからの羽化には驚きました。
そしてさらに、雌が発するフェロモンか何かに引き寄せられ、羽根もボロボロになった雄が どこからともなく飛んできて交尾する様子は自然の神秘さを改めて感じました。
この後、雌は自分が出てきた繭に卵を産み付け一生を終えるそうです。 

2013年11月27日 (水)

湖東三山の紅葉

 今日は地元のウォーキングクラブで、先に下見に行った湖東三山の西明寺、金剛輪寺へ。下見時にはまた色づいていなかったもみじも真っ赤に紅葉していて湖東の秋を楽しむことができました。

1dsc_4892

西明寺の本堂屋根をシルエットに紅葉が映えました。

1dsc_4945001

西明寺入り口の杉木の根元は苔むし、落ち葉とのコラボレーションできれいです。

1dsc_4851

さすが湖東三山の紅葉で、今日も大勢の観光客でした。西明寺にて。

1dsc_4938

西明寺の不断桜(ふだんざくら)。

1dsc_4790

こちらは金剛輪寺の紅葉。千体地蔵が参道にならび参拝者を見守ってくれます。

1dsc_4922_2

西明寺も金剛輪寺も本堂前に石段があり、この石段を登り切ることで本堂にたどりつけます。

2013年11月26日 (火)

メタセコイアの紅葉

  毎年紹介していますが、隣町 八百津の蘇水峡公園のメタセコイアが真っ赤に色づき炎のようでした。

1dsc_0999

お決まりの撮影ポイントは何時も雑草に覆われていますが、この時期ばかりは雑草は踏み倒されて楽に入れます。

1dsc_1007

林に入って俯瞰撮影。まるで炎のまっただ中に入ったようでした。

1dsc_1005

2013年11月25日 (月)

枯れ葉一枚の美

 このところ平地でも紅葉が見頃をむかえ写真仲間は東西南北奔走状態ですが、四季の変化が際立つ日本ならではの社会現象なのかも知れませんね。

Dsc_4752

Dsc_4747

葉を落とした樹に残ったたった一枚の木の葉、地上に落ちた一枚の枯れ葉、こんな所にも美を感ずるのは日本人の感性でしょうか。

2013年11月23日 (土)

ウソがやってきた

  雲一つ無い好天に誘われてかウソがやってきた。
例年、冬の終わり頃にやってきて膨らみ始めた冬芽を食べるのだが、今日のウソはまだ硬いサクラの冬芽を啄んでいました。

1dsc_4624001

1dsc_4626001

ウソ 中部以北の山地や北海道の針葉樹林に生息するが、冬には暖かい平地に現れる。 鳴き声はフィッフィッとなき、口笛(昔はオソと呼んだ)にもにていることからオソとよんでいたが、いつの間にかウソと呼ばれるように なったようです。

2013年11月22日 (金)

付知峡の紅葉

 今日は付知峡の紅葉撮影。出かけるときは雨の心配など気にしない程の天気でしたが現地に着くと時雨模様の天気。それでもしっとりと雨にうたれた紅葉は格別にきれい。  

1dsc_0904

透きとおるエメラルドグリーンの清流と紅葉のコントラストが素晴らしい。

1dsc_0919

不動滝の途中にある観音滝と清流。

1dsc_0966

仙樽の滝の上にかかる吊り橋と紅葉。

2013年11月20日 (水)

今日の妻籠宿

 昨日今日と信州南木曽方面にでかけた。観光旅行の今回もカメラを持参したがまったく写真が撮れなかった。写真仲間と写真を撮りに行くときのような撮影に挑むエネルギーが全然無湧かなかったからで、あらためて物事に取り組むには気持ちというものが大きな作用を及ぼすことがわかった。

Dsc_4543

定番な紅葉の妻籠宿の風景。来る23日(勤労感謝の日)には文化文政風俗絵巻行列が開催され大勢の人で賑わうようです。 

2013年11月18日 (月)

小泉神社の大銀杏

 町(御嵩町)の天然記念物にも指定されている小泉神社の大銀杏が見頃をむかえていました。樹齢は300年以上と言われ、長い間の風雪によって天を覆い尽くしていた葉はずいぶん少なくなっているが風格は失われていない。

Dsc_4526001

Dsc_4531

樹高は25メートル以上といわれる雌株で、樹下には銀杏ととよばれる実びっしりと落ちていました(近年は実を拾う人がいないのかも知れませんね)。

Dsc_4519

こちらはすぐ傍にある樹幹4.5㍍ほどある大ケヤキ(町の名木に指定されています)でこちらも紅葉し始めていました。

 

2013年11月17日 (日)

作品「晩秋」

 今日は一昨日の花フェスタ記念公園での散策で撮った写真を掲載。晩秋の雰囲気を感じ撮っていただければ幸い。

Dsc_4432001

Dsc_4446001 

Dsc_4433

Dsc_4435002   

2013年11月16日 (土)

お抹茶をいただいた日

  今日は午後にこのブログにコメントをいただいているabuさん、スーちゃんさんにお誘いを受けて、久しぶりに花フェスタ記念公園にいきました。公園では農業祭が開催されていて入場無料でしたし、なんといっても小春日和の穏やかな日でゆったり散策がたのしめました。

Dsc_4418

散策の終盤は、大勢の人で賑わうメイン会場をぬけ、公園の南端にある茶室「織部庵」に行きお茶をいただくことに。花フェスタには何度も行っていますがこの茶室に入るのは初めてで、メイン会場の賑わいがウソのような静かな場所。

Dsc_4422

中に入ると、茶室からの紅葉のながめも最高でした。

Dsc_4423001

丁重なおもてなしでいただいたお茶の器は、魯山人のお孫さん(北大路泰嗣氏作か? )が作られたという抹茶碗でした。記念に3人の抹茶碗を集めてパチリ。 

2013年11月15日 (金)

木の実、草の実

  午後から天候が回復し隣町へ。
その途中、林道で見つけたイイギリの実。真っ赤なブドウのような実がびっしりと垂れ下がっていました。

Dsc_4379

けっこう高い木に実を付け目立ちますが、鳥達はあまり食べないようですね。

Dsc_4382001

近づいてみると赤い実はナンテンの実にも似ています。

Dsc_4387

さらにほかに実を付けているものはないかと探して見つけたのは、ムラサキシキフ゛の紫の実。

Dsc_4394

こちらはアオツヅラフジの実でしょうか。こちらの方がブドウに似ているかも。

Dsc_4398

こちらは草間弥生のアート作品みたいなおなじみマムシグサの実。

2013年11月14日 (木)

霜パート2

 一昨日に初霜をみたが、今朝はさらに冷え込んだのか、家の周りは霜で真っ白でした。カメラにマクロレンズを取り付けさっそく霜撮りしましたが、そううち手がしびれそうになり終了。玄関先の寒暖計は3℃でした。

Dsc_0707

近くの広場の芝生も霜に覆われ、紅葉した落ち葉が朝陽を受けてきれい。

Dsc_0743

ほぼドライフラワー状態の紫陽花の花にも霜が降り、こちらは白い花に変身。

Dsc_0738002

場所によってはまるで針の山のような霜になっていました。

2013年11月13日 (水)

アオゲラがやってきた

 このところ早朝は裏庭の柿の木に熟した柿を求め鳥達がやってくる。毎日やってくるのはヒヨドリだが今日やってきたのはアオゲラ。裏庭の柿の木で見るのは初めてです。

Dsc_3377

体の大きさはヒヨドリぐらいで頭部が赤く、鳴き声がピーピーではなくキョッキョッ。木登りも得意で、縦の枝も猿のようにスルスル登ります。

Dsc_3378

キツツキの仲間なので、柿の実よりも木の皮などに潜む虫 などが好物。

Dsc_3388

アオゲラが去った後、すかさずやってきたのはやっぱりヒヨドリ。このところピーピー、ピーピーとうるさいほど。

2013年11月12日 (火)

初 霜

 このところ季節の記事ばかりですが、今日は天気予報の予想通り冷えこみで、我が家の周辺では初霜を観測しました。昨年が11月22日だったので10日ほど早い初霜でした。

Dsc_0677

Dsc_0688

寒さにもめげず可愛い花をつけているホトケノザ。葉に薄らと霜が降りていました。

Dsc_0668001

こちらはホトケノザの幼葉 ? についた霜。

2013年11月11日 (月)

冬日

晴天だったので畑に出かけた。しかし、だんだん強まる冷たい北風に我慢できなくなり、今日は陽が沈む前に家に帰った。家に入ると暖房も何もないがほっこりと暖かかった。やっぱり住み慣れた我が家だ、温かく迎えてくれる。ありがたい。

Dscf3467

畑の野菜達に虫除け寒さよけにネットを被せたが、冬日の太陽の光をを受けてキラキラ輝いた。

2013年11月10日 (日)

秋雨

 今日は一日雨の日。春の雨なら「春雨じゃ濡れていこう」で多少濡れても何とかなるが、冷たい秋雨で濡れては風邪をひくのがおちで洒落にもならない。明日からは寒くなるという。立冬を過ぎたのだからやむを得ないが、暑い夏が昨日のように思えて戸惑ってしまう。

Dsc_4370

秋雨にけむる山里の風景。白い雪に覆われるのももうすぐなのだ。

2013年11月 8日 (金)

秋の夕焼け

  このところ日没が早くなり、畑で日没を迎えることが多くなった。日没を終えると辺りはすぐ暗くなり、いわゆる「つるべ落としの秋の夕暮れ」で、農作業を途中で切り上げての帰宅となりますが、秋の夕暮れの一番楽しみなのは真っ赤に染まる夕焼け空。日々変わる夕焼けは一期一会の世界と思ってポケットカメラに納めている。

Dscf3436001

Dscf3447

Dscf3460001

日々違った夕焼けだけでなく、時間と共に変化する夕焼けは見ていても飽きない。

Dscf3452

夕焼けを見いるのか西の空の眺めるカラス。なぜか夕焼けにはカラスがよく似合う。

2013年11月 7日 (木)

ヤマウルシ

 またまた紅葉の写真になりますが、今なんと行っても真っ赤に紅葉しているのはヤマウルシやハゼの木でしょうか。

Dscf3410002

Dscf3426_2

ヤマウルシ、ハゼはウルシ科の仲間でなかなか区別がつきませんが、 ウルシオールなどの成分を含み、かぶれることもあるので要注意の樹木。

Dscf3400

同じ林内に顔を出していたのはイグチノ仲間のキノコ。

2013年11月 6日 (水)

七色の紅葉

山すそに葉を緑、紫、赤、黄に紅葉している木を見つけた。マルバノキのようですが木の名前がわからず調べています。これが本当の錦か七色の紅葉ではと写真に収めた。

Dsc_4363

Dsc_4365

2013年11月 5日 (火)

ジャンボシイタケ

 今日隣の家からいただいたのはジャンボシイタケ。このところの雨と冷えこみで一気に育ったらしく、油断していたら傘が開き大きくなりすぎてしまったそうです。

Dscf3386

Dscf3389

手のひらほどはあるシイタケで、取りあえず天日干しにしました。噂ではこのところマッタケも豊作だそうで、どっかからお裾分けが来ないかと期待している。  

2013年11月 4日 (月)

紅葉が始まりました。

 このところの朝の冷え込みで、我が家周辺の山々も錦の衣をまとい始めました。

Dsc_4356


Dsc_4355

少しずつ紅葉が進み始めた付近の山々は、午後の斜光を浴びてパステルカラーの絵のようです。

2013年11月 3日 (日)

ヤマラッキョウ

  誰が植えたのだろう、山裾の湿地にラッキョウの花がと思いきや、図鑑で調べるとヤマラッキョウという野生の植物でした。

Dsc_4342_2

Dsc_4336

鱗茎がラッキョウに似ることからヤマラッキョウと名前がついたようです。

2013年11月 2日 (土)

冬鳥がやってきた

久しぶりに聞く ヒィヒィ カッカッのさえずり。 さえずりの方向に目をこらして見るとやはりジョウビタキの姿がありました。寒くなったシベリアからやってきたのでしょう。この鳥の姿を見ると季節はもう晩秋です。

Dsc_3367001

葉を落としたシダレザクラの枝に留まっていたのは雄のジョウビタキ。

Dsc_3349

こちらは畑の柵にとまった雌のジョウビタキ。ちょっとヒンボケになりました。再度撮り直してみます。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »