« 2013年3月3日 - 2013年3月9日 | トップページ | 2013年3月17日 - 2013年3月23日 »

2013年3月10日 - 2013年3月16日

2013年3月15日 (金)

ショウジョウバカマ

happy01 朝は冷え込んだけれど、日中は畑にいると汗ばむほど。今年は例年より早いのか遅いのか、近所の畑の土手にはショウジョウバカマが紅紫の花をつけていました。

Dscf2177001

Dscf2179

これからは野草たちも花を咲かせ外にでるのが楽しくなります。

Dsc_1961

畑で草取りをしていたら近づいてきたのは冬鳥のツグミ。北に帰る準備なのか畑の土をつつき食べ物を探していました。元気に帰ってまた冬に会おうね。

2013年3月14日 (木)

パンスターズ彗星 速報

happy01 夕刻、今話題のパンスターズ彗星の撮影に挑戦。どうにかその姿を撮すことができたのでさっそく紹介します。

Dsc_1974002

Dsc_1972

上2枚 データ 撮影時間 18:45   ISO800 F=4   S=1/2
     レンズ300mm  トリミング約2×  

Dsc_1979

上 データ 撮影時間 18:55   ISO800 F=4   S=0.7秒
           レンズ300mm  トリミング約3×
見る目安として、日没後30分から50分ごろで 西の空 5度ぐらいの位置にありますが、高度が低いため春霞なども加わり双眼鏡などが必要です。  

 

紅梅が満開

happy01 花咲く春はやっぱり楽しい。縮こまっていた心も体もほぐれて外に出たくなる。

Dscf1914001

Dscf2162

Dscf2168

今年は少し遅れて咲き始めた梅の花。いま町の高台にある南山公園の紅梅が満開をむかえていました。

2013年3月13日 (水)

安曇野の白鳥

happy01 昨日の続きで、今日は本命、安曇野の白鳥の写真を紹介。すでに北帰行が始まっていて白鳥の数は半分以下とかの話でしたが、初めての私にとっては間近に見る白鳥の飛翔は新鮮な被写体。なれないこともあり、連写とAFをたよりに100カットほど撮りましたがピンぼけがほとんど。良い勉強になったのが収穫でした。

Dsc_3926

Dsc_3931

犀川での撮影に入ったのが夕方ということもあり、ほとんどが帰還する白鳥ばかり。

Dsc_3952

それでもねぐらを変える白鳥もあり飛び立つ姿もありました。

Dsc_1918

途中、近所のおばさんが来て給餌する光景も見られました。

Dsc_3995

日が暮れ、白鳥たちも飛翔が見られなくなり、別の場所に移動しましたが、この場所がねぐらになっているようで、鴨たちもたくさん集まっていました。これでこの日の撮影はすべて終了しました。いつも思いどおりの作品ができず悩みますが、それが次への意欲につながるようです。

2013年3月12日 (火)

快晴の白馬連山

happy01 このところ寒暖の差が激しく風邪をひいてしまったが、昨日は体調も回復したためお誘いを受けていた撮影旅行に出かけることができた。安曇野で白鳥を撮る計画で出かけたが、時間があったため白馬村の方まで足をのばした。

Dscf1900

雲一つ無い快晴で、白馬連山が眼にまぶしいほど。写真は左に八方尾根、右に白馬岳のながめがある松川橋からの一枚。

Dscf1898

望遠での鑓ヶ岳、杓子山のながめ。

Dscf1894

こちらは民家を入れて撮影。手前に大糸線の列車を入れて撮りたかったが列車通過時間まで待てず断念。

Dscf1885

白馬村から少し入ったところに青鬼という集落があり、さらに足をのばす。
白川郷の合掌造りとはまた異なった独特の家の作りは、江戸後期から明治初期に立てられ、元々はかやぶき屋根であったが現在はその面影を残したトタン葺きとなっている。

« 2013年3月3日 - 2013年3月9日 | トップページ | 2013年3月17日 - 2013年3月23日 »