« 2013年5月12日 - 2013年5月18日 | トップページ | 2013年5月26日 - 2013年6月1日 »

2013年5月19日 - 2013年5月25日

2013年5月25日 (土)

エゴの花

happy01  畑への道端で真っ白な花を咲かせていたエゴノキ。その花のつきぐあいは壮観でまるで初夏のサクラ。

Dscf2347

サクラの花のようにびっしり花をつけたエゴノキ。

Dscf2351

落花しはじめて地上には白い花びらが。これからもっとたくさん落ちて真っ白になるようです。

Dscf2349

エゴノキ 花を落としたあと実がみきますが、その果皮がえぐいことからエゴの名前が付きました。果皮はすりつぶすと石けんのように泡が立ちます。

2013年5月24日 (金)

今年もホウネンエビ

happy01  田植えが終わり、静けさをとりもどした我が家の田んぼには今年もたくさんのホウネンエビが発生しました。

Dsc_2772001

無数の足?をゆらせながら泳ぐホウネンエビ。背中を下にして泳ぐため、水面から見られるのはお腹の部分。

Dsc_2757

Dsc_2748

連結して泳ぐホウネンエビも見られました。周囲に見られる楕円の小さな粒はほとんどがミジンコです。 

2013年5月22日 (水)

スイレン(睡蓮)の花

happy01 昨日の上代田棚田脇の小さな溜池には、スイレンが咲いていて 改めて夏を実感しました。

Dsc_1474

Dsc_1470

スイレンの花もあまりの暑さを避けたのか、何となく木陰の下に咲く花の方が多い気がしました。

2013年5月21日 (火)

棚田

happy01 先日水田の役割として食料生産だけでなく、環境保全としても大切だと書いたが、もう一つ水田が作る景観も日本の原風景として守らなければならない。特に写真を撮る私達にとっては、棚田など水田が織りなす風景は魅力的だ。

Dsc_5971

Dsc_5981

隣町、八百津町にある田植えを終えたばかりの棚田。上の写真の棚田は全国棚田百選にも選ばれている上代田棚田の一部。

2013年5月20日 (月)

ハナショウブと水滴

happy01 今日の朝は雨が残っていた。
乾燥した花壇にも元気に花を咲かせていたハナショウブ。でもやっぱりアヤメ科の植物だ、雨がよく似合う。

Dsc_2719

Dsc_2717

Dsc_2715

2013年5月19日 (日)

水田の役割り

happy01  我が家も昨日と今日で田植え終えた。昔なら一週間以上かかってしまう農作業だが機械化で楽になった。ただ米価は下がり機械代が大きな負担となっていて赤字続きだ。とはいえ祖先が苦労して築いてきた農地を荒らすわけにはいかないし、水田を守ることで里山の環境をも守っているから止めるわけにはいかないだ。でも、それも私が元気なあいだだけたけなのだ。山間の水田ではその先は無い。

Dsc_5832

« 2013年5月12日 - 2013年5月18日 | トップページ | 2013年5月26日 - 2013年6月1日 »