« 2013年9月15日 - 2013年9月21日 | トップページ | 2013年9月29日 - 2013年10月5日 »

2013年9月22日 - 2013年9月28日

2013年9月28日 (土)

コブシの実

happy01 秋が深まると共に、野山の地面に栗の実やドングリなどの木の実を多く見かけるようになった。近くの広場にあるコブシの木も、赤い実を地上に落とし始めた。

Dsc_9973

毎年ブログで紹介していますが、形がなかなかユニークなのでお気に入りです。

Dsc_9962

Dsc_9966 

地上に落ちる前のコブシの実 。この実が人の握り拳にも似ているためコブシとよばれるそうです。

2013年9月27日 (金)

福地そば

happy01  昨年も行ったが、隣町の八百津町福地に蕎麦畑があり、赤蕎が作られているので所用で出かけたついでによってみた。

Dsc_3521002_2
Dsc_3526

今、花を付けていたのは、紅花そば呼ばれる品種のようで、ピンク花を付けていた。
耕作放棄地の解消と、Iターンした若者の定着促すため「福地そば」として売り出していて、廃校となった中学校でそば打ち体験教室などを開いたり、近くの美濃加茂市太田宿でアンテナショップとしてのそば屋の運営も行っているとか。

Dsc_3553

訪れた地域周辺では、彼岸花が見頃をむかえていて、こちらもとても綺麗でした。

2013年9月26日 (木)

爽やか

happy01  台風20号の影響か、日射しは強いものの乾いた北風が吹き爽やかな一日。そして明日の朝は15度を下回る気温になるそうだ。

Dsc_3503001

こんな軒先の片隅の風景にもそこはかとなく秋の深まりを感じます。

2013年9月25日 (水)

七宝焼き体験

happy01 今日は生涯学習講座の手作り工芸で愛知県あま市七宝町にある七宝焼アートウ゛ィレッジに行き七宝焼き体験。

Dscf3264001

ここの体験工房では、自分の作る目的の作品に基づき材料をすべて揃えていただけますで落ち着いて創作に専念できます。

Dscf3257

Dscf3258

Dscf3260

作り方はあらかじめ用意された銅板に釉薬を入れ、さらにその上に飾り付け用フリット呼ばれる材料を落とし込みます。このあと炉で焼き上げていただきます。作業は簡単ですが配色や材料選びが難しい。

Dscf3268

完成したいなっピー(稲沢市のマスコットキャラクター)のキーホルダー。 釉薬やフリットは炉に入れ焼き上げると2倍ほどに膨張するため、その部分をあらかじめ予想して作成することが重要です。私の作品は目の部分がはみ出してしまった失敗作品となりました。

Dscf3265001

体験施設のある、あま市七宝焼アートヴィレッジ。七宝焼の歴史を伝える伝承館や七宝焼作品を展示する展示室などもあります。

2013年9月24日 (火)

コスモスと昆虫たち 

  台風18号によって倒れて横になってしまった裏庭のコスモスですが、今は色とりどりの花を付け満開をむかえました。昆虫たちも吸蜜に代わる代わるにやってきいます。

Dsc_9949

綺麗な縞々ズボンを履いてやってきたのはホソコラタアブ。

Dsc_9958001

こちらはおなじみツマグロヒョウモン。スミレの咲く頃から見られるチョウですね。

Dsc_9950

秋口から多く見られるイチモンジセセリ。ダイミョウセセリなどに似ていますが白斑の型や位置がが僅かに違います。

2013年9月23日 (月)

オニヤンマの産卵 ?

happy01 朝に庭の草取りをしていたらやってきたのはオニヤンマ。ホバリングしなから苔むした地面にお尻を盛んにさしこんでいました。明け方の雨で十分に水分を含んだ苔を水辺と勘違いして産卵していたようです。

Dsc_9921

Dsc_9924

Dsc_9923

ホバリングしながお尻を地面に突き刺さす姿を連写で撮りました。

Dsc_9921002

オニヤンマ 日本産のトンボでは最大級のトンボ。鬼によく似た顔つき(上)と、トラ柄の体からオニヤンマと名前が付けられたようです。

« 2013年9月15日 - 2013年9月21日 | トップページ | 2013年9月29日 - 2013年10月5日 »