« 2013年9月22日 - 2013年9月28日 | トップページ | 2013年10月6日 - 2013年10月12日 »

2013年9月29日 - 2013年10月5日

2013年10月 5日 (土)

岩村秋祭り

happy01 10月に入ってあちこちで秋祭りが行われていますが、今日は恵那市岩村で八幡神社・武浪神社両神社の例大祭が開催され、街中を総勢500人以上による神輿渡御行列が行われました。この祭りは明日も行われます。

Dsc_3643

行列は笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、横笛などによる雅楽演奏とともに荘厳におこなわれます。

Dsc_3727

御輿や山車は子供達によっても曳かれます。

Dsc_3676

祭りの行列と観光客で、古い町並みは人々で埋め尽くされました。
今日は武並神社神社から八幡神社へ巡行で、明日は八幡神社から武並神社への巡行が同じように行われます。

2013年10月 4日 (金)

みたけの森再発見パート3

happy01 今日のみたけの森再発見講座で見つけた丸いもの。

Dscf3313

カザグルマ(絶滅危惧種)の綿毛。
夏に白い花を咲かせるカザグルマですが、この綿毛を見て名前の由来を実感しました。

Dscf3317

クモの巣が一目瞭然のようですが、外側にも見えないクモの糸が張られています。名前は調査中。

Dscf3333

ちょっとこじつけですがスイランの黄色く丸い花。
スイラン ランと名前がつきますがキク科の植物で東海地方以西のに湿地に生え、準絶滅危惧種となっています。留まっているのはハナアブ。

Dscf3324

みたけの森の湿地ですがずいぶん荒れいました。 

2013年10月 3日 (木)

わくら葉

happy01 この地域では、台風18号による降雨以来、雨らしい雨がまったく降っていない状況が続いていて、畑の野菜の水やりが日課になってしまっています。
そんなカラカラ天気のせいか、たわわに実を付けた裏庭の柿の木の葉がこのところ大量に落ち始めた。ほとんどが病葉(わくらば)でのようですが、この病葉を陽にかざしてみると なかなかきれいでついついカメラで撮ってみたくなります。

Dscf3298001 

Dscf3303001

2013年10月 2日 (水)

アブラススキ

happy01 我が家の裏庭に柳のように果穂を垂らしているススキを見つけた。アブラススキといわれるイネ科の植物で、日本全国普通に見られるススキだそうだが、この地域ではあまり見かけないと思う。ひっそりと果穂を垂らしているので目立たないだけかも知れない。

Dsc_9978 

Dsc_9997

前にも紹介したカゼクサのように、僅かな風にも揺れる姿は侘びしささえ感ずる。

Dsc_3527

ススキにもたくさん種類があって戸惑うがこちらも普通に見られるススキ。

2013年9月30日 (月)

秋三態

happy01  あたりまえなのだが、明日から10月で本格的な秋の訪れ。ということで今日撮った写真は秋を代表する写真三枚。  

Dsc_3227

早朝はキィーキィーとモズの高鳴きで始まります。今日は雌のモズでした。

Dsc_3239

台風18号で横になってしまった裏庭のコスモスもびっしりと花を付けました。 

Dsc_0007001

夕方はいわし雲も現れました。さば雲とかうろこ雲ともよばれ秋の代表的な雲ですが、この雲が現れると天気は下り坂といわれます。
※いわし雲、さば雲、うろこ雲の区別は見た目の形がどれに似ているかで区別するそうです。

2013年9月29日 (日)

クモの詩

happy01 このところずいぶん早朝は涼しくなってきました。、裏庭に小さなクモの巣を張っていたジョロウグモも少しずつ大きくなり家も大きくなりました。

Dsc_3232001

早朝は朝陽をうけて虹色にきらめき、まるで五線譜(CDかな)のようです。

Dsc_9990

五線譜の作り主は若いジョロウグモ。もう少し大きくなると小さなオスグモが遠慮がちに同居します。
※写真は縦位置のものを横位置に変換しています。   

« 2013年9月22日 - 2013年9月28日 | トップページ | 2013年10月6日 - 2013年10月12日 »