« 2013年11月17日 - 2013年11月23日 | トップページ | 2013年12月1日 - 2013年12月7日 »

2013年11月24日 - 2013年11月30日

2013年11月30日 (土)

今日もアオゲラ

happy01 キョッキョッという鳴き声に、裏庭の柿の木を見ると今日もアオゲラの姿がありました。このところ熟して地上に落ちそうになっている柿の実が目あてのようです。

Dsc_3431

木登り上手なアオゲラ、太い枝から細い枝へ。

Dsc_4957

Dsc_4958

鋭いくちばしで朽ちて落ちそうな柿の実をつついていました。

2013年11月29日 (金)

サンピラー

happy01 今日も畑にいると夕焼けが綺麗でした。太陽が山陰に沈むと現れたのは光の柱で、これがサンピラーとよばれるもでしょうか。 

Dscf3506001

Dscf3520

太陽が沈むと光柱は丸くなりもう一つ太陽ができたよう。 

Dscf3494

こちらは数日前に畑で撮った光芒。太陽の光が雲の隙間から射し込む時あらわれ、天使の梯子とかレンブラント光線などと呼ばれるそうです。

2013年11月28日 (木)

ウスタビガの羽化・交尾・産卵

happy01 高い桜の梢にウスタビガの繭が何時の頃からかぶら下がっていましたが、今日の早朝にその繭から雌の成虫が羽化して出てきました。その後、しばらくするとどこからか雄の成虫が飛んできて交尾を始めました。

1dsc_0993

1dsc_0995

チョウの中でも遅い羽化で知られるウスタビガですが、11月も終わりになってからの羽化には驚きました。
そしてさらに、雌が発するフェロモンか何かに引き寄せられ、羽根もボロボロになった雄が どこからともなく飛んできて交尾する様子は自然の神秘さを改めて感じました。
この後、雌は自分が出てきた繭に卵を産み付け一生を終えるそうです。 

2013年11月27日 (水)

湖東三山の紅葉

happy01 今日は地元のウォーキングクラブで、先に下見に行った湖東三山の西明寺、金剛輪寺へ。下見時にはまた色づいていなかったもみじも真っ赤に紅葉していて湖東の秋を楽しむことができました。

1dsc_4892

西明寺の本堂屋根をシルエットに紅葉が映えました。

1dsc_4945001

西明寺入り口の杉木の根元は苔むし、落ち葉とのコラボレーションできれいです。

1dsc_4851

さすが湖東三山の紅葉で、今日も大勢の観光客でした。西明寺にて。

1dsc_4938

西明寺の不断桜(ふだんざくら)。

1dsc_4790

こちらは金剛輪寺の紅葉。千体地蔵が参道にならび参拝者を見守ってくれます。

1dsc_4922_2

西明寺も金剛輪寺も本堂前に石段があり、この石段を登り切ることで本堂にたどりつけます。

2013年11月26日 (火)

メタセコイアの紅葉

happy01  毎年紹介していますが、隣町 八百津の蘇水峡公園のメタセコイアが真っ赤に色づき炎のようでした。

1dsc_0999

お決まりの撮影ポイントは何時も雑草に覆われていますが、この時期ばかりは雑草は踏み倒されて楽に入れます。

1dsc_1007

林に入って俯瞰撮影。まるで炎のまっただ中に入ったようでした。

1dsc_1005

2013年11月25日 (月)

枯れ葉一枚の美

happy01 このところ平地でも紅葉が見頃をむかえ写真仲間は東西南北奔走状態ですが、四季の変化が際立つ日本ならではの社会現象なのかも知れませんね。

Dsc_4752

Dsc_4747

葉を落とした樹に残ったたった一枚の木の葉、地上に落ちた一枚の枯れ葉、こんな所にも美を感ずるのは日本人の感性でしょうか。

« 2013年11月17日 - 2013年11月23日 | トップページ | 2013年12月1日 - 2013年12月7日 »