« 2013年1月20日 - 2013年1月26日 | トップページ | 2013年2月3日 - 2013年2月9日 »

2013年1月27日 - 2013年2月2日

2013年2月 2日 (土)

蓮池

happy01 夏場に綺麗な花を咲かせていたハスも今は萎れて侘びしい姿ですが、萎れた葉や枯れた茎が湖面に幾何学的に映り込みなかなか面白い。

S0301655

Dsc_5139_2

朽ち果てた葉は、やがて水中に沈み分解し、次に出てくるハスの栄養となります。

S0351666_2

葉を落とした冬の蓮池は、鳥達にとっても格好の餌場でもあり、水鳥達の姿もおおくみられます。 

2013年1月31日 (木)

ウェイブリップル

happy01 昨日の続きになりますが、今回、興味を引いたのは干潟の波打ち際にできる砂の模様でした。ウェイブリップルといわれる現象だそうです。

Dscf1520001

Dsc_1913001

Dsc_1782

細かな砂とさざ波によってできる現象だそうですが、自然が作り出した芸術に感服しました。 

2013年1月30日 (水)

新舞子の干潟

happy01 昨日、一昨日と兵庫県たつの市の新舞子に撮影旅行。この新舞子の干潟はその模様が面白くカメラマン人気のスポット。冬場の大潮の日が一番撮影条件がよいということもあり、この日も丘の上の展望台は早朝よりカメラマンで大賑わいでした。

Dsc_1848

Dscf1546

狙い目は朝焼けに染まる干潟の風景。日が昇るにつれ紫色からオレンジ色、そして金色に色が変わりますし、干潟の模様は潮の満ち引きによって変化していきます。

Dscf1566_2

干潟には人の姿も。

Dscf1540

干潟は水鳥達の楽園。取り残された魚やゴカイなどを狙っているようです。

Dscf1530

一日2回の干潮時が朝夕に重なる時期には、別の場所から干潟の夕景も撮ることができます。

 

2013年1月27日 (日)

みたけの森の冬

今日はこの冬一番の冷えこみと昨日の雪を期待して、デジカメ教室の方々とみたけの森へ。思っていたより雪も少なく、池も全面結氷とまではいたらず少し拍子抜けでしたが、それでもそれぞれベストアングルを探しながらみたけの森の冬を楽しみました。

Dscf2115

湖面の氷に積もった雪が日射しが強まるとともに融けだし、まるでミステリーサークルのよう。

Dscf2113

静寂な湖面は鏡のよう。

Dscf2146

だれが作ったのか雪だるま。空に向かってバンザーイ。

Dscf2054001

森の水車の凍結状態。今日は2っとも回っていました。さらに厳しい冷えこみになると氷の塊のようになり水車は止まります。

« 2013年1月20日 - 2013年1月26日 | トップページ | 2013年2月3日 - 2013年2月9日 »