« 2013年2月10日 - 2013年2月16日 | トップページ | 2013年2月24日 - 2013年3月2日 »

2013年2月17日 - 2013年2月23日

2013年2月23日 (土)

霧氷のよう

happy01 今朝はうっすらと積もった雪景色。湿った雪なのか木々が着雪に覆われ、まるで霧氷のよう。朝日が射すとキラキラと輝とても美しかった。

Dscf1831001

Dscf1809

Dscf1819001

夜の間に雨から雪に変わり、さらに朝の冷え込みで思わぬ自然の贈り物となりました。

2013年2月22日 (金)

無機質と有機質

happy01 直線で構成された無機質な都市空間には、人や樹木を加えたい。生命の存在を入れることで暖かみのある写真となる。

Dsc_2958

Dsc_2960

Dsc_2994   

2013年2月21日 (木)

異次元の世界

happy01 先日テレビで兵庫県たつの市の大根を放映していた。1月に干潟の撮影に行った近くの場所で、私達も大根畑を訪れていたので懐かしく思われた。瀬戸内の暖かい気候で、今も大根の収穫が行われていたが、隣では新しくビニールハウスが作られていた。これもきっと大根だと思われるが冬の斜光を浴びて輝くビニールハウスは壮観で異次元の世界にも思えた。

Dsc_1721

Dsc_1726

Dsc_1728   

2013年2月20日 (水)

名古屋四間道

happy01 名古屋の堀川沿いに四間道(しけみち)という所があります。先の戦災を免れて古い町並みが残り、名古屋市の歴史的保存地区に指定されている場所で、カメラ片手にブラブラするにも良い場所です。

Dsc_2912_4

先に紹介したオワシス21とは対照的で、江戸時代にでもタイムスリップしたよう。

Dsc_2893_3

格子窓の中にいた怒ったような顔の招き猫。きっと長い間この場所に閉じ込められ福々しい顔が怒りの顔に変わってしまったようです。

Dsc_2899001_3

骨董屋さんの入り口でしょうが店の名前がスゴイ。きっと過去に落ちた隕石なども売っているかも知れませんね。
エビス様はアベノミクスで早々と笑いが止まらない様子でした。

Dsc_2920_3

板前さんも古い町並みによく合っています。

Dsc_2925_2

少々暗い街角、夜ともなれば酔っ払いも通り、そそうをするのでしょうが、こんなのがあるとよけいしたくなるのが人間の心理。

Dsc_2892_3

石垣が太陽の熱を蓄積し、湯たんぽのようになってスミレを育ているようです。花も咲いてやはりもう春なんですね。
ちなみに、上の写真とは別の場所の石垣で、肥料が効いて育ったわけではないようです。

2013年2月18日 (月)

今日の白川郷

happy01 今日はひょんなことから白川郷へ。出かけは雨でしたので心配していましたが白川郷は雪。久しぶりに雪の白川郷を楽しみました。

Dsc_3298001

到着は高速道路の除雪のため大幅に遅れましたが、何とかたどり着くことができました。すでに多くの観光客で賑わっていました。

Dsc_3242

さっそく展望台へ。雪と霧で遠望がきかないため、展望台の柵に作られていた雪だるまを入れてワンショット。

Dsc_3427

観光客の方も思い々に雪の白川郷を満喫されているよう。

Dsc_3329

雪日とはいえ少し暖かかったため、屋根の雪が落ちる風景に所々で出逢いました。

Dsc_3334

Dsc_3355

Dsc_3423002

写真上三枚は定番の風景。

 

2013年2月17日 (日)

都会の風景

happy01 昨日は写真仲間と久しぶりに都会の風景を撮ろうということで、名古屋の栄周辺を夜までうろうろした。里山では味わえない面白い人工物や夜のカクテルライトなどけっこう面白く夢中になった。

Dsc_1705

オワシス21の水の宇宙船はいつ見ても面白い。今回は超広角レンズで狙ってみた。、

Dsc_3059

水の宇宙船から下を見て撮影。下を行き交う人達が水面のゆらぎで不思議な模様となる。

Dsc_1720001

夜はイルミネーションで飾られ、下は一部がスケートリンクになっている。

Dsc_3131

Dsc_1727001

夜のネオンやショーウインドーのカクテルライトはやはり都会ならではである。

« 2013年2月10日 - 2013年2月16日 | トップページ | 2013年2月24日 - 2013年3月2日 »