« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

ジョウビタキ

 少し暖かくなったせいか家の周囲で頻繁にジョウビタキの姿が見られるようになりました。

1dsc_5591

家の裏のしだれ桜のてっぺんに留まっていたジョウビタキ。

1dsc_5605

夕方は隣の家の庭木に留まったジョウビタキ。陽が沈み寒くなったのか、別のジョウビタキなのか体型が少し違っていました。
 

2014年1月30日 (木)

歌の写真真

 今日は写真から連想する歌を紹介。

1dsc_1466

ウサギ追いし かの山 こぶな釣りし かの川 ~

1dsc_8453

君の瞳は一万ボルト 地上に降りた最後の天使 ~

1dscf02391

モンスター この私のかわいい人 ~

2014年1月29日 (水)

無題

 寒空や椰子の木陰が懐かしい。

1dsc_1995_2

チンパンジー (ぬいぐるみ)が故郷の南の島に思いをはせていました。

2014年1月28日 (火)

自然の標本

 年末にやらなかった出窓の掃除をしていたら、窓のレールの間から出てきたチョウの亡骸、色あせていますが形はしっかりしていて自然が作ったチョウの標本でした。羽の模様からクロヒカゲのようです。

1dsc_5558
主に5月~9月に平地から亜高山帯の林地などみられる。日が傾く頃、活発に活動するヒカゲチョウの仲間。

2014年1月27日 (月)

釜ヶ滝

 先日の冬の円原の帰りに寄ったのは郡上市美並にある釜ヶ滝。文字通り深山幽谷にある滝で、冬のこの時期に訪れたのは私達だけぐらい。幸い冬だけあってヤマビルに食われることはなかったが、冬はいっそう薄暗いため一人では滝に入ることは躊躇するような所です。

1dsc_1949_2

釜ヶ滝は3っの滝からなり写真は一番下の三の滝。一の滝、二の滝は急峻な場所にあり今回はここまでで。

1dsc_1955

三の滝の前には鳥居もあり、滝が信仰の対象でもあることを語っています。

1dsc_1958

滝からの流れも変化に富んでいて所々に渦を巻く光景も見られます。

1dsc_1989

滝周辺の樹や岩も苔むし神秘的。夏にはもう一度チャレンジしてみたい。

2014年1月25日 (土)

春一番

 私が春一番とよんでいるのは近くの山裾に咲くフキノトウ。今日行ってみると枯れ葉の間からやはり顔をのぞかせていました。自然は着実に春に向かって歩んでいるようです。

1dsc_5569001

近くにはつぼみもたくさんありました。

1dsc_5583_2

今日の暖かさに誘われて雀たちもピーチク、パーチクと一段とにぎやか。

2014年1月24日 (金)

河原の夕景

 少し暖かかった今日、木曽川河畔にに降りても寒さが苦にならなかったので久しぶりに日没を撮ることに。

1dsc_2004

例年なら雪で倒れて見られないオギ? の穂も健在。夕日に染まって綺麗。

1dsc_2012

1dsc_2020

昼間は見る影もない水たまりも夕焼けを映して黄金色に輝く。

2014年1月23日 (木)

冬の円原

 昨日は写真仲間と冬の円原へ。湧水で知られる円原はネイチャーフォトの人気のスポットですが、冬の円原は行ったことが無く行くことに。現地では降雪もあって冬の円原らしい写真を撮ることができた。

1dsc_1873

積雪のため道路からの撮影。

1dsc_1818

1dsc_1899_2

降雪のため視界がきかないことも。

1dsc_1834

雪がやむと木々は真っ白。

2014年1月21日 (火)

幾何学模様

 今日は比較的暖かな早朝であったが、それでも近所のため池には幾何学的模様の薄氷が張っていた。水面に氷が張り始める初期の段階できるようだが、なかなかおもしろい模様なので写真に撮ってみた。

1dsc_1807001

1dsc_1800


2014年1月20日 (月)

路面のアート

  今日は大寒でやはり寒い一日。凍りついた水たまりや、昨日の朝 うっすらと降った雪も日陰では全く融けない。冬きたらば春遠からじ、もうしばらく我慢の日が続く。

1dsc_1324

凍てついた路面。見方によってはこれもアートなのか。

2014年1月18日 (土)

春を待つ

 このところ寒さばかりが気になり、おもう写真が撮れていない。早く花咲く春が来るのを願うばかりです。

1dscf3778

今日も朝は-4℃。バケツにはった氷も厚さ2㎝ほど

1dscf3787001

道路沿いにある水道の貯水タンク。なぜかカーブミラーのように膨らんだパネルに覆われていて沈む夕日を映していました。

1dscf3776

赤い夕日が農家の屋根を赤くそめていました。

2014年1月16日 (木)

光と影

 先日、写真はカラー写真は絵画でモノクロ写真は彫刻といわれていると書いたが、写真にとってもう一つ大事な要素が立体感で光と影をうまく扱うことでよく見える。 

1dscn4351

記念写真などは太陽を背に影のない写真が良いのだが、作品として見せるには光と影をうまく扱った写真がこのまれる。よく写真は朝夕に撮れと言われるのもそんなところからきているようだ。上の写真は窓辺に置かれた陶芸家の作品だが、夕暮れの斜光が影を作り立体感が出て作品そのものも魅力的になった。

2014年1月14日 (火)

雛人形

  久しぶりに可児市禅台寺にある喫茶店「樹の萌」に行く。ここにはギャラリーもあり、手作り感たっぷりのつるし雛や、創作雛展示されてていて一足早く春を楽しむことができました。

1dscn4345


1dscn4348

地域の作家による作品展で、かわいらしい雛人形などがたくさん展示されていました。

1dscn4347

即売もされています。

1dscn4353

入り口はあまり目立たないので 初めての方は通り過ぎてしまうかもしれません。

1dscn4352

入り口の唯一の看板も手作り。

1dscn4355

高台にある喫茶店で眺めもよく、可児市街はもちろん遠く恵那山も見ることができます。ベランダには地元陶芸家の猫の作品が置かれていました。ギャラリーの下はかけや作りでガーデニングもありそちらも楽しめます。






2014年1月13日 (月)

モノクロームの世界

「カラー写真は絵画でモノクロ写真は彫刻だ」とある写真家が言われていた。だからではないが仏像や石仏などをモノクロ写真で表現すると趣のある写真になる。

1dsc_4880

1dsc_4881_2

上下とも西明寺の仁王像。モノクロ写真で表現することにより立体感が強まり仁王像の力強さが再現された。



2014年1月11日 (土)

ぼたん雪

 早朝は久しぶりに降雪を見た。フワフワと舞い降りる大きなぼたん雪であっという間に地面は真っ白になってしまった。カレンダーを見ると昨日から冬の土用に入ったと記されていて、これから大寒を経て節分までもっとも寒いと言われるが、この地域では3月上旬まではドカ雪に見舞われることがあり、心して過ごさなければならない。

1dsc_5556001

1dsc_5557

ボタン雪きというより真綿の塊ほどのものもありました。









2014年1月 9日 (木)

寒立馬

   天気予報で今日は朝よりも午後の方が寒くなると言っていた。なるほど前日の雨の影響で地面もぬれていて、陽が昇るほどに畑からは水蒸気が立ち野焼きをしているのかと見間違えるほどだった。残念ながらカメラを持っていなかったので写真に撮ることができなかった。皮肉にもカメラを持っていない時ほどすばらしいシャッターチャンスがあるものだ。

1dsc_8477

今年はいつもの年より寒いといわれているが、この地域では12月中旬以来 雪がり降っていない。寒立馬も雪がなくては拍子抜けといった感じだ。

2014年1月 7日 (火)

カシラダカ

 朝の冷え込みは厳しかったが昼間は風もなく穏やかな日で、久しぶりに畑に出かけて白菜、ネギなどの収穫。そんな畑で作業をしていると近くの林にやってきたのはカシラダカの集団でした。

1dscf3744002

1dscf3750

カシラダカ  ホオジロやホオアカと間違えやすいが、少し小型で名前の由来でもある頭に短い冠羽があるのが特徴。

1dscf3754001

群れで行動し、鳴き声はチッと一声であまり離目立たない。

2014年1月 6日 (月)

新春モデル撮影会

昨日の消防出初め式の後に写友から誘われて参加したモデル撮影会。題して「新春の御嵩宿とモデルを撮す会」でしたが、自分の得手ではない被写体とあまりのカメラマンの多さに写欲を失いシャッターを押したのは20枚ほどでした。

1dsc_3856


1dsc_3825

1dsc_3846

赤いリボンのモデルさん、聞くところによると45歳ほどとか。女性の歳ってわかんないなー┐(´-`)┌。

2014年1月 5日 (日)

消防出初め式

 今日は町(御嵩町)の消防の出初め式。 可児川の河原で行われた一斉放水では放水の飛沫(しぶき)で虹の架け橋ができました。

1dscf3699001

橋の上からは太陽を背にして大きな虹を撮ることがでできました。

1dscf3721_2

でも、風向きは向かい風。あっという間にレンズは飛沫でビショビショに。

1dscf3697_2

消防車は右岸に5台、対岸に3台、計8台による放水でした。

2014年1月 4日 (土)

バルタン星人?

 冬に時々取り上げているアジサイの冬芽。今朝は霜がついていませんでしたが、特撮映画ウルトラマンに出てくる怪獣のようでおもしろい。

1dsc_3812

ちょっと強引かもしれませんが、昔見たウルトラマンに出てくるバルタン星人にみえました。

1dsc_3813

こちらはバルタン星人の子供 ?。

2014年1月 3日 (金)

偏光写真の撮り方

 今日で三ヶ日も終わりだが、明日からは土日が入り今年の正月は何かゆったりしているような雰囲気だ。ただ家でのんびりしているとブロクに載せる写真がない。そこで昔取り組んだ偏光写真を撮って見ようと思いつき撮影を行ってみた。撮影はマクロレンズにPLフィルターをつけ、被写体の向こう側にもPLフイルターを設置。いわゆる被写体をサンドイッチ状態にして撮影すればいいが、干渉模様が出る被写体でないと効果がない。手軽に効果のある被写体はプラスチックかビニールで、これらを割ったり引っ張ったりすることで干渉模様が出てくる。

1dsc_3808

ビニールシートを引っ張って破ると厚さが不均一になり干渉模様ができやすい。

1dsc_3785

カセットテープのケースを圧力を加えて割ることにより生じた干渉模様。

1dsc_3806

こちらはCDケースの真ん中にあるホールドの穴。成形時の不均一部分が干渉模様として現れた。雪の結晶や自然の氷などでもできるようですが、少し技術が必要なようです。

2014年1月 1日 (水)

平凡な元旦

 明けましておめでとうございます。早々のブロク訪問ありがとうございます。
今年も氏神様への初詣で始まった元旦の朝。あいにくの空模様で初日の出は見ることができなかったけれど、こうして平凡で穏やかな元旦を迎えることができただけでも感謝。

1dscn4341

神社参拝は町内会の人たちとの顔合わせ会も兼ねておこなわれて、御神酒とスルメとミカンが振る舞われますが、参拝に訪れる人たちは お年寄りから若い人へ少しずつ世代が変わってきているのを実感する初詣でした。

1dscn4338001

初詣を済ませてから我が家に戻り朝食。一杯の雑煮でしたが御神酒をよばれた後なのでちょうどいい朝食です。この後はテレビをつけっぱなしの午睡・・・・。

謹賀新年

1dsc_1220

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »