« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月26日 (水)

ゆらぎ

水面にものが映ると風が少しでもあれは影はゆらいで見える。そのゆらぎは千差万別でなかなかおもしろい。

1dsc_6219

1dsc_3053

1dscf1240

2014年2月24日 (月)

早春の花

日陰ではまだ雪が残るが春らしい陽気になり、日当たりの良い田んぼの畦の斜面では、春を待ちこがれていたように早春の花たちの姿がみられた。

1dscf3906001

1dscf3910

群生して咲いていたのはオオイヌノフグリ。

1dscf3897

タンポポも数個咲いていましたがセイヨウタンポポなのかカントウタンポポまたはカンサイタンポポなのかは不明。

1dscf3909

この白い花はタネツケバナでしょうか。

2014年2月23日 (日)

かまくらお雛様

1dscf3875 もうすぐ雛祭りだ。ということで裏庭に残る残雪にかまくらをつくりお雛様を飾った。ただ今日の暖かさでミニかまくらが融け始め、写真撮影の間のみのご登場となりました。

1dscf3874

ただ、男雛、女雛を左右どちら側に飾ったらよいかわからず両方を撮ることに。ネットで調べると決まりは無いようだが、関西方面では向かって右側に男雛を、関東方面では左側に男雛を飾る例が多いとか。

2014年2月22日 (土)

UFO出現 ?

映画「未知との遭遇」に出てきたようなUFOそっくりなものは名古屋「日本ガイシホール」の照明。

1dscn4396001

1dscn4404_3

そのUFOそっくりな照明設備の下で行われたのは、全国公演のトップを切って開催された全国縦断「にっぽん演歌の夢祭り」。

1dscn4399001

5,000人を超える入場者で賑わった演歌の祭典。
出演した演歌歌手は北島三郎、細川たかし、鳥羽一郎、八代亜紀、石川さゆり、伍代夏子、島津亜矢、北山たけし、大江裕、そしてエンターテイメントはコロッケという豪華キャストで公演は大いに盛り上がりましたが、公演中の写真撮影は禁止でその模様をこのブログでお伝えできないのは残念。

2014年2月20日 (木)

大雪の後始末

ブログで紹介するも雪の話はうんざりするが、今日は一日裏庭に積もった雪出し行った。屋根から落ちて積もった雪が日陰のため凍りついてなかなか融けない。そこで、陽の当たる場所まで運び出すという作業だが、カチカチに凍っ重い雪に大変な作業であった。
1dscf3843

屋根から落ちて積もった雪は50センチほどもある。

1dscf3850

固まった雪を砕いて一輪車に乗せて運び出す。単純できつい作業であった。

1dscf3852

裏庭の日の当たる場所は運び出した雪で再び覆われ雪畑となった。人から見ればブログに載せるほどの記事でないが、2~3日は腕や腰がの痛みに悩まれそうな、自分としてはめったにない大仕事であった。

2014年2月19日 (水)

合掌造り

昨年亡くなった親戚の大工さんが趣味として作られていた合掌造りの家。発表の機会がないまま工房に眠っているため、写真展の時にでも一緒に展示できないかに相談があった。工房におじゃますると、なるほどたくさんの合掌造りの家が所狭しと並んでいた。

1dscn4386

大工さんが作った一階部分が引き出しになっている代表的なミニチュアの合掌造り。ライトアップ風に撮ってみました。

1dscn4378

1dscn4383

合掌造りばかりではなく古民家、水車小屋、行燈など精巧で趣向を凝らした作品ばかり。

1dscn4380

完成をみることなく取り残されたミニュチュア家屋も。残されたご家族の希望としてこれらの作品を皆さんに見てもらいたいと希望されていた。

2014年2月17日 (月)

イノシシ捕獲

今日は地域の狩猟組合の檻にイノシシが入り、平日で人手が足りないのでお手伝いに行くはめになった。

1dscn4366

大きな檻に入っていたのは若い雄のイノシシ。檻の外からカメラを向けるとこちらに向かってくる。若い雄だけあって気が荒い。

1dscn4370002

檻に激しくぶつかりながらも威嚇の姿勢を見せるイノシシ。

1dscn4371001_2

それでも最後は刺殺され運び出されたイノシシ。体長は1.5メートル、体重30キロほどありました。 夕方にはシシ肉のお裾分けがありましたが、妻はジビエ大嫌い。さーどうしましょう・・?

 

2014年2月15日 (土)

雪解け

今日は冷え込みが無かったせいか、昨日の雪と今朝の雪がシャーベット状なった。庭先はスコップを持ち出し除雪を行ったがその雪の重さで腕がいたくなるほど。こんな重いものが水蒸気となり雪となり空中に漂っていたとは信じがたいが、ちりも積もれば山となるの例かも知れない。

1dscf3828002

路面に積もった雪がシャーベット状に足跡がくっきり残った。

1dscf3836

屋根の雪が今にも落ちそうになっていた。下を通れば災難に遭うかも。

1dsc_2651

木々の雪も大半は融け始め木々の下は雨降り状態。

2014年2月14日 (金)

今日も雪の日

今日も雪の一日。 夕刻頃から雨に変わったが、積もった雪はシャーベット状になり歩くと足を取られるほど。明日の朝の冷え込みで凍らなければと心配する。

1dscf3814003_2

1dscf3806_2

1dscf3811001

近くの広場のプラタナスの実も雪の綿帽子を被ってぶら下がっていました。上はそのプラタナスの木。

 

2014年2月13日 (木)

石仏写真に挑戦

今日は近くの弘法堂で石仏写真に挑戦。先人達が色々な意味を込めて建立した御仏達は今も優しく人々を見守っているようです。

1dscf0018

三面の馬頭観音像 ?。 馬頭観音は牛馬の供養塔としてまた、無病息災や長寿、安産や願って路傍などに建立されたが、道路の拡張などで弘法堂や仏閣などに集められものも多いといわれる。

1dscf0021

如意輪観音?。 大半が女性や子供の供養塔として建立され肩肘をたて頬づえついた優しい姿が特徴といわれる。

 

2014年2月12日 (水)

残雪

大雪から4日目だがまだ雪が残る。日差しはあるもののいったん凍りついた雪はなかなか融けない。そんな残雪に空気が冷やされて寒くなる。今は早く雪が無くなるのを待つばかり。

1dsc_5880002

1dsc_5886

それでも雪は冬にしか見られない風景を作る。

2014年2月11日 (火)

カモメの乱舞

一昨日の「鳥羽の火祭り」でみそぎが行われた海辺に数千羽のカモメ集団を見た。海辺にすむ人たちには珍しくもない光景かもしれないが、日頃海に縁のない私たちには初めて見る光景で、みんな時々乱舞する姿を夢中でシャッターを切りました。

1dsc_5707_2

1dsc_5683

1dsc_5731001

 

2014年2月10日 (月)

鳥羽の火祭り

昨日は愛知県西尾市で行われた鳥羽の火祭りに写真仲間とでかけました。こちらは前日の大雪でたくさんの雪が積もっていましたが、海辺に面した祭り会場周辺は残雪一つ無く予定通り祭りが行われていました。毎年2月の第2日曜日に行われ、天下の奇祭として国の無形民族文化財にも指定されています。

1dsc_2321_2

大きな2っの松明(たいまつ)が燃やされ、その燃えさかる炎の中からご神木を取り出すという勇壮な祭りです。

1dsc_2267

火打ち石で火が作られ大きな松明にその火が点火されるところ。、

1dsc_2131

こちらは準備される大松明。ふだんは前日に準備される。

1dsc_2210

火祭りの前にはみそぎの行事も近くの海辺で実施されます。

1dsc_2250

大勢の参拝者や見学者で賑わう神社の参道には屋台もたち並びます。

2014年2月 8日 (土)

大雪なのだ

この地域では今年は雪が少ないと話していたら今日は一気に降り、一時は猛烈な雪に視界がきかないときも。物指しで測ったら15センチの積雪でした。

1dsc_2093001

1dsc_2090

今日の雪は大きなぼたん雪。あっという間につもりました。

1dsc_2102

いつもシダレザクラの木で井戸端会議のスズメたち、すっぽりと地表が雪に覆われ餌探しが大変だったようです。

2014年2月 6日 (木)

御嵩町美術展

明日から御嵩町美術展写真の部が始まり今日はその飾り付け。
場所は中山道みたけ館で13日まで展示します。入場はもちろん無料ですのでお近くの方、写真に興味のある方は是非お寄りください。 

1dscn4362

1dscn4358

下の写真は私が出展している写真の一枚。

1122

安曇野の白鳥公園で白鳥を撮っていたらおばさんが餌をまき始めました。それを見て上空から白鳥が降りてきている絶妙なシャッターチャンスの一枚??。

2014年2月 4日 (火)

菜の花摘み

 今日は畑で菜の花摘み。
菜の花といっても主として花芽を食べる目的のもの。
花が開かないうちに摘んでお浸しなどにして食べますが、花芽が出始めた今が柔らかくて食べ頃。

1dscf3793

今は他には花のない畑ですがこの花で少しは春を感じます。でも、今日は朝よりもだんだん寒くなり早々に畑から帰りました。

1dscf3797

葉の上の水滴をアップで撮ってみました。

2014年2月 2日 (日)

雨後の情景

 夕方には一日中降り続いた雨もやみ周りは霧に包まれた。このまま一雨ごとに春がやって来ればいいのだが。

1dsc_5632

遠い景色は水墨画の世界。

1dsc_5617

このところツグミが東の空を見つめる姿が目につく。故郷に帰る日が近づいてきたのだろうか。

1dsc_5626

今年初めての水滴写真。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »