« 大雪なのだ | トップページ | カモメの乱舞 »

2014年2月10日 (月)

鳥羽の火祭り

昨日は愛知県西尾市で行われた鳥羽の火祭りに写真仲間とでかけました。こちらは前日の大雪でたくさんの雪が積もっていましたが、海辺に面した祭り会場周辺は残雪一つ無く予定通り祭りが行われていました。毎年2月の第2日曜日に行われ、天下の奇祭として国の無形民族文化財にも指定されています。

1dsc_2321_2

大きな2っの松明(たいまつ)が燃やされ、その燃えさかる炎の中からご神木を取り出すという勇壮な祭りです。

1dsc_2267

火打ち石で火が作られ大きな松明にその火が点火されるところ。、

1dsc_2131

こちらは準備される大松明。ふだんは前日に準備される。

1dsc_2210

火祭りの前にはみそぎの行事も近くの海辺で実施されます。

1dsc_2250

大勢の参拝者や見学者で賑わう神社の参道には屋台もたち並びます。

« 大雪なのだ | トップページ | カモメの乱舞 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

皆さん寒い中、また火中暑い中御苦労さんですね。伝統行事とはいえ、体に気を付けて欲しいです。「鳥羽の火祭り」は鳥羽市と思いましたが、違うんですね。

私も最初に話を聞いたときは三重県の鳥羽と勘違いしました。三河湾に面した旧幡豆郡にある町でした。冬の海でみそぎを行い、その後火中に飛び込むなど私たちにはとうていできない過酷な祭りです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大雪なのだ | トップページ | カモメの乱舞 »