« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

ユキノシタ

 涼を求めて林下の日陰に入ると今、白い花を付けたユキノシタに出会う。冬の雪の下でも緑の葉をつけていることからユキノシタといわれるが、興味をひくのはこの花のユニークな形状。長い進化を経てこんな姿になったのには何か理由があるのだろう。調べてみるのもおもしろい。

1dsc_4292

1dscf4383

ユキノシタ 葉は薬効あるとして、また天ぷらなどにして食べれる。

2014年5月30日 (金)

アブラムシ

  今朝散歩で見つけたのはアザミの茎にいたアブラムシ。口吻を茎にグサリとさしこみ、捕食者のテントウムシに食べられることも意に介せず、もっぱら食事に専念中の姿がおもしろかった。

1dsc_4296

数十匹以上のアブラムシ。テントウムシに食べられるのは運の悪いそのうちの1,2匹。自分が生きるための食事が優先なのだ。

1dsc_4295001

アザミの花。

2014年5月29日 (木)

水滴写真パート2

 今日は真夏日で日中は日陰が恋しかった。まだまだ5月なのだ、この先本格的な夏が思いやられる。今日の画像も先日の続きで水滴写真

1dsc_1517

サツキに張ったクモの巣が水滴をつけて花が映り込んだ。コントラストを上げたためクモの糸は消えている。

1dsc_4263

スギナの先端についた水滴。スギナが自らの水分を放出して作った水滴。

1dsc_4271_2

水滴の超クローズアップ。早朝の太陽の光が光芒となった。

2014年5月27日 (火)

水滴写真

 昨夜の雨で裏庭の植物たちは、たくさんの水滴をつけいた。早速カメラを持ち出し水滴写真に挑戦、しかし陽が高く上りはじめると、いつのまにか水滴は消えていった。

1dsc_4246002

1dsc_4255




2014年5月26日 (月)

梅花藻(ばいかも)

 今日は来月実施予定のウォーキングで醒ヶ井宿の下見。まだまだ本格的な開花シーズンではないものの宿場を流れる清流には、梅花藻の花をちらほら見ることができました。

1dscf4394001

緑の藻と白い花のコントラストが美しい。

1dscf4393001

1dscf4380001 

梅花藻 キンポウゲ科の水生多年草で梅の花に似た小さな花を付ける。

2014年5月25日 (日)

水辺の楽園

 今年も田んぼに水が張られ水辺の生き物たちの楽園ができた。

1dsc_4208

1dsc_4218

上2枚の写真はホソミエツネントンボ。

1dsc_4238002

水田の中にはホウネンエビ

1dsc_4237 

畦ぐろにはツチガエルの幼体。

2014年5月23日 (金)

ヤブテマリ

今、谷間の山裾に白い花をつけているのはヤブテマリ。両性花の周りに装飾花がつき白いガクアジサイと間違えられるがこちらはガマズミの仲間。

1dsc_8086

1dsc_8087

薮に生え手毬のような花をつけることからヤブテマリと名前がつけられたとか。

1dscf4315

こちらは同じ山裾の日当たりの良い場所に花を咲かせていたモチツツジ。萼(がく)などにねばねばした繊毛があることからモチツツジといわれる。

2014年5月22日 (木)

大蛇のぬけがら

 今日、裏庭の石垣の間で見つけたのはヘビのぬけがら。引っ張り出してみると1m75㎝mもあるアオダイショウかシマヘビのぬけがらようでした。

1dscf4304

1dscf4304001

まだ新しいぬけがらのようで頭から尻尾まで完全なかたちで残っていました。

1dscf4299

1dscf4300001

計測すると体長1m75㎝をこえる大蛇のぬけがらのようです。

2014年5月21日 (水)

神島ウォーキング

今日は三重県鳥羽市神島でのウォーキング。午前中は雨と風に悩ませられてのウォーキングでしたが、昼頃からは天気も回復し島内巡りをすることができました。

1dscf4287

神島は三重県ですが私たちは愛知県側の伊良湖岬から渡りました。僅か20分ほどの乗船でしたが波が高く大揺れで船酔いしながらの上陸となりました。

1dscf4249

最初に訪れたのは神島灯台。初点灯は明治43年、日本の灯台50選の一つ。

1dscf4255

灯台からは伊良湖岬か眼下に眺望することができます。

1dscf4261

監的哨(かんてきしょう)跡。旧陸軍が伊良湖から撃った砲弾の着弾点を観測下施設。三島由紀夫の「潮騒」でクライマックスの舞台となった場所。

1dscf4271

カルスト地形。浸食によってできた石灰岩の岸壁。

神島は三重県鳥羽市神島町で面積0.76㎢、周囲3.9㎞、人口約400人ほどですが三島由紀夫の「潮騒」の舞台で数回の映画化もなされた島。

2014年5月20日 (火)

八ヶ岳山麓

 昨日は写真仲間と八ヶ岳方面に撮影旅行でした。野辺山周辺の山麓は高原野菜の産地で有名ですが、今は植え付け準備の最盛期でした。

1dsc_3516001

1dsc_3504

1dsc_3508

話に聞くところによるとレタスの植え付けを行う前の準備だとか。遠くの山脈みは八ヶ岳れ連峰。

2014年5月14日 (水)

ウツギの花

 今、山すそはウツギの花が咲ききれいだ。ウツギといってもタニウツギ、ニシキウツギ、ハコネウツギ、ツクバネウツギなどと種類があり花の色が少しづつ違いおもしろい。

1dsc_8091

1dscf4194

今日、見たのはピンク色のタニウツギと白い色のツクバネウツギでした。

1dsc_8074_2

話はかわって広場の苔の上にマッチ棒のような赤くかわいい実が落ちていた。上を見るとソメイヨシの木があり、つまりこれもサクランボであった。ただ実は小さく堅く、甘みもなく果物のサクランボとはほど遠い代物でした。

2014年5月13日 (火)

クレマチス

このところ農作業に追われておちついて写真を撮っている時間がない。ということで昼休みに裏庭で咲いたクレマチスをマクロレンズで撮ってお茶を濁します。

1dsc_8068


開花中のクレマチス。

1dscf4208

クレマチスの花心部 。侵入者かおいしそうに花を食べていました。青虫の嫌いな人にはごめんなさい。

1dsc_8062

ザ・プレジデントという古くからある品種。手入れもしない捨て作りですが、毎年花を咲かせてくれる貴重な花です。

2014年5月11日 (日)

いずれアヤメかカキツバタ

 最近は改良された園芸種が多くなり、アヤメかカキツバタかハナショウブか区別がつきにくいが近くの広場の花壇にノハナショウブやアヤメが見頃を迎えている。

1dscf4198

アヤメ

1dscf4199

ノハナショウブ

1dscf4169_2 

アヤメ

2014年5月 8日 (木)

ナンジャモンジャ

この地域ではナンジャモンジャといわれるヒトツバタゴの花が見頃を迎えている。東海地方と長崎県対馬の一部のみに自生する植物で、自生地は国の特別天然記念物に指定されているが、最近は園芸用として公園などに植えられ身近に見られるようになりました。

1dscf4143001

1dscf4152

1dscf4144001

満開時には木に雪が積もったようにも見え、その不思議な姿からナンジャモンジャとよばれるようになったそうです。

2014年5月 6日 (火)

初夏の花

 ゴールデンウイーク中は外出をひかえ、もっぱら家庭菜園で野菜作りに没頭した。トマト、ナス、スイカ、ピーマン、シシトウの苗を植え、トウモロコシ、ゴーヤ、カボチャの種を蒔いた。苗代、種代、肥料代などけっこうな費用となるが、さてどれくらいの収穫になるのか。
話は変わって隣の農家のボタンが見頃を迎え写真を撮らせてもらった。畑はボタンだけでなくマーガレット、ハナショウブ、オダマキ等々初夏の花でいっぱいだった。

1dsc_8039

1dsc_8043001

1dsc_8058_2

2014年5月 5日 (月)

雨粒のイルミネーション

5月5日「こどもの日」だったが一日雨で 鯉のぼりも掲げられることもなく 何となく寂しかった。しかし、大人にとっては肩休みができて恵みの雨だったかも知れない。

1v1

街路灯に灯がともると車のフロントガラスの雨粒がまるでイルミネーションのようにキラキラ輝いた。

1dsc_8027_2 

こちらは雨粒にピントを合わせて撮影したもの。全く雰囲気が違う写真になった。

2014年5月 4日 (日)

鯉のぼり

最近は鯉のぼりあげる家庭が少なくなってきた。少子高齢化と生活環境の変化で 鯉のぼりがあげられなくなってきているのだろうが 五月晴れのこの時期、鯉のぼりが少ないのは寂しい。 

1dsc_7948

1dsc_7955

1dsc_7890_2

2014年5月 2日 (金)

駒つなぎの桜

 昨日のハナモモの写真撮影のついでに寄ったのは駒つなぎの桜。満開は過ぎていて散り始めというところでしたが新緑に変わりつつある桜もまた綺麗です。

1dsc_3297

義経が馬をつないだという伝説の桜で、樹齢500年のエドヒガンザクラ。昨年から桜の健康を配慮して田んぼの水張りは中止しているととのこと。

1dsc_3295

反対側から見た駒つなぎの桜。

2014年5月 1日 (木)

ハナモモ

 今日は南信州はなもも街道に。特に阿智村月川温泉付近は、満開少し前でしたが見頃を迎え大勢の観光客で賑わっていました。

1dsc_3326

1dsc_3359

1dsc_3364

1dsc_3392

いづれの写真も人物が入っていませんが、観光客を入れないで撮るのが至難の業でした。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »