« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月30日 (日)

スズメの学校

 今日の朝は裏庭近くにあるしだれ桜の木に多くのスズメが集まりピーチク パーチクとにぎやかで、まるでスズメの学校。

1dsc_4802001


1dsc_4810

1dsc_4738

そんなスズメたちの姿を見ながら同じ木に止まっていたのはツグミ。体は大きいがスズメによく似ている。

2014年11月27日 (木)

落ち葉

 前回の「みたけの森」のつづきで、今日は落ち葉の画像のみをまとめてアップしてみました。

1dsc_3941


1dsc_0786


1dsc_3938

雨に打たれて落ち、しっとりと濡れた落ち葉。なかなかきれいでした。

2014年11月25日 (火)

雨のみたけの森

 雨が降り霧が出たので、近くの自然環境保全林「みたけの森」の出かけた。雨のせいで人影は見えなかったが、雨に濡れた紅葉は一段と鮮やかで、園内の入り口で帰る予定だったが公園を一回りしてしまった。

1dsc_3955

雨に打たれて落ち葉もびっしり。

1dsc_3912

四季桜も咲いていました。

1dsc_3885001

霧に包まれた紅葉は格別な趣がある。

1dsc_3968

池に映る錦。

1dsc_3845001

真っ赤になっていたドウダンツツジ。

2014年11月24日 (月)

残り柿

 連休最終日の今日は長野県阿智村伍知(ごか)の柿の木の撮影にでかける。収穫されず冬まで残っている柿を「残り柿」というそうですが、伍知では鈴なりになった柿の木を多く見ることができました。

1dsc_3813


1dsc_6233

1dsc_6225

1dsc_6141_2


1dsc_6160_2

2014年11月20日 (木)

比叡山の紅葉

 昨日は比叡山でのウォーキング。延暦寺周辺は紅葉がほぼ見頃を迎えて今週末から来週初旬が見頃のようでした。

1dsc_3771001

少し日照不足だったのか真っ赤に染まったモミジは少なめ。

1dsc_3755

横川根本如法塔

1dsc_3772001

根本中堂中庭

1dsc_3779

阿弥陀堂前の紅葉

2014年11月17日 (月)

ユキムシ

 午後から曇り、風もなく寒くなって盛んに飛び始めたのはユキムシ。白く雪が舞っているように見えることからユキムシと言われるようですが、このユキムシが飛び交う頃、山では雪が降りやがて里にも雪が舞う。冬の到来の象徴ともいえる虫なのだ。

1dsc_6019001

蝋のような白い綿毛を纏いゆっくり飛翔するのだが、5㎜にも満たない小さな虫をマクロレンズで撮るのは至難のは技でした。

1dsc_6012001

飛翔する姿を正面から見るとはクリオネにも似ている。

1dsc_6032

帽子に止まらせてアップで撮る。

1dsc_6044

ユキンコ、シロバンバなどと地方によって色々な呼び名があるようですが、虫の正体はアブラムシで、交尾のためこの時期だけ成虫は羽を持つといわれる。成虫は一週間ほど生きているが、手で捕まえると人の体温で弱り死んでしまうそうで、やはり雪のような虫といえます。

2014年11月16日 (日)

初霜

 今朝はずいぶん冷え込んだなーと思ったら、日陰では霜が降りていた。初霜で、念のため寒暖計を見たら2℃だった。

1dsc_3706

この時期、野草で唯一花をつけているホトケノザも霜に覆われていました。

1dsc_3708001

タンポポとスミレの葉にも霜が。こうして寒さに耐えながら春の来るのを待つようです。

1dsc_3721

地上の落ち葉にも。

2014年11月15日 (土)

未熟な鳥撮り

 野鳥写真は得意ではないが、冬鳥のジョウビタキが庭にやってきたので望遠レンズで撮ってみた。

1dscf16111

今年初見のジョウビタキ。人の姿を見てもあまり逃げないので撮りやすい。

1dsc_2086001_2

こちらは田んぼで土手の草刈り作業をしていたら寄ってきたセキレイ。草刈りによって飛び出てくる虫をついばんでいました。

2014年11月14日 (金)

残り柿

 初冬になっても人や鳥などに食べられず残っているのを残り柿というが、我が家の柿の木は天候不順と大量発生したマイマイガの幼虫に食べられ、早々に実を落とし今は枯れ木同然になっている。しかし、渋柿であろうか、近所には今もたわわに実を付けている柿の木もあり、写真撮りの恰好の材料としている。

1dsc_4704

1dsc_4675

1dsc_4615

雪の積もる頃まで残っていれば最高なのだが。

2014年11月12日 (水)

菊薫る

 11月と言えば菊だが我が家の庭の小菊も花を咲かせている。植えっぱなしで花が少々見劣りするのでソフトフォーカスで撮ってみた。ふんわり感がいいなー と自画自賛。

1dsc_4700


1dsc_4705_2


1dsc_4703001_2

2014年11月11日 (火)

イロハモミジ

 近く広場のイロハモミジが色づいた。木の下から陽にかざしてみると真っ赤だ。

1dsc_3687

1dsc_3686002

1dsc_3691

モミジも綺麗だが、少しだけ葉を残した柿の木も晩秋の風情。

2014年11月10日 (月)

朝露

 パソコンの調子が悪く、久々のブログ更新となりました。今朝は昨日の雨もあってかびっしりと朝露に覆われ、陽が昇ると水滴がキラキラ輝き美しかった。

1dsc_4689002

庭のコケも水をたっぷり含み黄金色に。

1dsc_4708001

葉を落とした枝先には大きな滴が。

1dsc_4707002

庭の芝にもびっしりの水滴。

2014年11月 5日 (水)

近所の秋

 秋が深まり我が家の周辺も木々も色づきはじめた。

1dsc_3665_2

なんといってもいちばん人目をひくのはハゼノキ。

1dsc_3674

神社のイチョウもあと少しで見頃。

1dsc_3683001

渓流のモミジも一足早く色づき、流れとのコラボレーションが綺麗。

1dsc_3662

林道には落ち葉が。これはこれで秋の風情。

2014年11月 3日 (月)

今日の日没

 久しぶりの一日中晴れということもあり、日が暮れるまで畑にいた。この時期、夕暮れは早くやってくる。陽が沈み始めるとともに風はいっそう冷たくなり、帰宅を急がせる。

1dscf5086001

1dscf5089001

1dscf5091

この時期は空気も澄み陽が沈むと辺りは暗闇に変わっていく。いわゆるつるべ落としの夕暮れそのもの。

2014年11月 2日 (日)

道東のお気に入り写真

 今回の道東旅行の写真を少しづつ掲載し照会していこうと思ったが写真の場所が思い出せないものがほとんどで、お気に入りの写真だけ掲載し終了します。

1dsc_3430

然別湖の朝焼け 標高810mに位置する北海道で一番高い湖。周辺にナキウサギなどが生息する。

1dsc_3546

オシンコシンの滝 日本の滝100選に選ばれている落差80mの滝。逆扇子状に流れ落ちる。

1dsc_3522

ウトロ崎灯台と知床の断崖 断崖の途中から流れ落ちるフレペの滝が見られる。

1dsc_3589

1dsc_3568

斜里岳 標高1545m これも日本100名山の一つ。主峰はマッターホルンのように見える。

1dsc_3584

硫黄山 活火山で今も火山性ガスを吹き出していてる。近くに近寄れるが御嶽のこともあり近づかず早々に引き上げた。

1dsc_3598

ノロッコ号 今回の目玉はこの列車による釧路湿原縦断。湿原にはエゾジカ、タンチョウ、オオハクチョウも見られたが写真にうまく撮ることが出来なかった。

1dsc_3628

釧路海岸 釧路の外れの海岸 不思議なきと月のコラボが美しかった。

1dsc_3654_2

富士山 最後は帰路の飛行機の中から見た富士山。頂上はうっすらと雪化粧。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »