« モノクロームの世界 | トップページ | 三重県民の森(2) »

2014年12月16日 (火)

寒天作り

happy01 午前中に岐阜県恵那市山岡の寒天作りを見学してきた。ここ山岡では、冬場の冷え込みを利用した寒天作りが昔から盛んで、いまも昔の製法のまま受け継がれている。

1dsc_6686

寒天作りは多少の雨でも行われる。

1dsc_7007

海でとれたテングサが釜でゆでられ寒天の原料液が抽出される。

1dsc_7042

原料液はバットに入れられ冷やされ固まる。

1dsc_6941001

さらに、固まった寒天はところてんのように細かくされ野外で乾燥させる。

1dsc_7121

数日間、凍らせたり天日に干されたりして、乾燥が行われ水分が無くなると「そうめん」ほどの太さになり製品ができあがる。
添加物無しで、低カロリーな寒天を利用した、ヘルシーな寒天料理もこの山岡で味わうことが出来る 。

 

« モノクロームの世界 | トップページ | 三重県民の森(2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モノクロームの世界 | トップページ | 三重県民の森(2) »