« 2014年1月5日 - 2014年1月11日 | トップページ | 2014年1月19日 - 2014年1月25日 »

2014年1月12日 - 2014年1月18日

2014年1月18日 (土)

春を待つ

happy01 このところ寒さばかりが気になり、おもう写真が撮れていない。早く花咲く春が来るのを願うばかりです。

1dscf3778

今日も朝は-4℃。バケツにはった氷も厚さ2㎝ほど

1dscf3787001

道路沿いにある水道の貯水タンク。なぜかカーブミラーのように膨らんだパネルに覆われていて沈む夕日を映していました。

1dscf3776

赤い夕日が農家の屋根を赤くそめていました。

2014年1月16日 (木)

光と影

happy01 先日、写真はカラー写真は絵画でモノクロ写真は彫刻といわれていると書いたが、写真にとってもう一つ大事な要素が立体感で光と影をうまく扱うことでよく見える。 

1dscn4351

記念写真などは太陽を背に影のない写真が良いのだが、作品として見せるには光と影をうまく扱った写真がこのまれる。よく写真は朝夕に撮れと言われるのもそんなところからきているようだ。上の写真は窓辺に置かれた陶芸家の作品だが、夕暮れの斜光が影を作り立体感が出て作品そのものも魅力的になった。

2014年1月14日 (火)

雛人形

happy01  久しぶりに可児市禅台寺にある喫茶店「樹の萌」に行く。ここにはギャラリーもあり、手作り感たっぷりのつるし雛や、創作雛展示されてていて一足早く春を楽しむことができました。

1dscn4345


1dscn4348

地域の作家による作品展で、かわいらしい雛人形などがたくさん展示されていました。

1dscn4347

即売もされています。

1dscn4353

入り口はあまり目立たないので 初めての方は通り過ぎてしまうかもしれません。

1dscn4352

入り口の唯一の看板も手作り。

1dscn4355

高台にある喫茶店で眺めもよく、可児市街はもちろん遠く恵那山も見ることができます。ベランダには地元陶芸家の猫の作品が置かれていました。ギャラリーの下はかけや作りでガーデニングもありそちらも楽しめます。






2014年1月13日 (月)

モノクロームの世界

「カラー写真は絵画でモノクロ写真は彫刻だ」とある写真家が言われていた。だからではないが仏像や石仏などをモノクロ写真で表現すると趣のある写真になる。

1dsc_4880

1dsc_4881_2

上下とも西明寺の仁王像。モノクロ写真で表現することにより立体感が強まり仁王像の力強さが再現された。



« 2014年1月5日 - 2014年1月11日 | トップページ | 2014年1月19日 - 2014年1月25日 »