« 2014年8月10日 - 2014年8月16日 | トップページ | 2014年8月24日 - 2014年8月30日 »

2014年8月17日 - 2014年8月23日

2014年8月22日 (金)

夕空

happy01 このところの天候不順は夕方の空を観察していてもよくわかる。

1dsc_9950002

今日の夕方は激しい雷雨に見舞われた。残念ながら稲妻を取ることができなかったが、不気味な黒雲が空一面を覆った。

1dsc_9943001

昨日の夕空は久しぶりの夕焼けをみることができた。

1dsc_9934

さらに一昨日の夕方は彩雲を見ることができた。

2014年8月19日 (火)

モンキアゲハ

いつも林の中で飛び回っていて写真に撮れなかったモンキアゲハですが、今日は近くの広場の日々草に吸蜜にやってきていたのでさっそくバシャリ。

1dsc_4495

クロアゲハによく似ていますが後羽の白い紋が特徴。

1dsc_4504

私には紋は白くしか見えませんが、僅かに黄色を帯びていることからモンキアゲハとよばれるそうです。

1dsc_4385

参考にアップしたのはクロアゲハ。

2014年8月18日 (月)

自然湖

happy01 一昨日の妻籠宿の送り火の撮影に行く前に寄ったのは大滝村の自然湖。御岳地震によって堰き止められ自然にできた湖で、風景写真家の絶好の撮影場所として人気の場所ですが上高地の大正池同様、近年立ち枯れの木が少なくなり少し寂しくなりました。

1dsc_4584001

1dsc_9881

1dsc_4559001

湖には霧が立ちこめていましたので、ホワイトバランスを少し変えてさらに幻想的に撮影しました。

2014年8月17日 (日)

妻籠宿の送り火

happy01 お盆の最後の日には、迎え入れた祖先の霊を再びあの世に送り届ける「送り火」の行事が各地で行われるが、妻籠宿でも「送り火」の行われ写真仲間で撮影に出かけた。出かける途中は大雨に見舞われたが送り火の行事が行われる時間帯は雨もやみ、しばし幽玄な世界を目にすることができた。

1dsc_4759001

まだ薄明の残る夜の7時頃になると、それぞれの家の玄関先で小さな松明に火がつけられ「送り火」の行事が行われる。

1dsc_4829

お盆に「迎え火」で我が家に迎え入れたご先祖の魂を、再び「送り火」を焚いてあの世に送り届ける。あの世はそんなに遠くなく裏山の峰々にあり、いつも現世の私たちの生活を見守られているそうだ。

1dsc_4776

雨のせいもあってか観光客は少なく、しばし静かな幽玄の世界が現れた。

« 2014年8月10日 - 2014年8月16日 | トップページ | 2014年8月24日 - 2014年8月30日 »