« 2014年12月7日 - 2014年12月13日 | トップページ | 2014年12月21日 - 2014年12月27日 »

2014年12月14日 - 2014年12月20日

2014年12月19日 (金)

凍てつく朝

happy01 今朝はこの冬いちばんの冷え込で、洗面所の蛇口は凍り、道路はツルツルだったが昼には回復した。しかし明日は雨という。落ち着かない天気に少々くたびれてきた。

1dsc_4592001

1dsc_4589

1dsc_4565

凍てついた草木は着雪と霜でキラキラ輝ききれいだった。

2014年12月18日 (木)

綿帽子

happy01 12月になってもう何回目の雪なのか。今日も朝は一面銀世界だった。

1dsc_4508001

枯れ枝は綿帽子をかぶり白い花をつけて「枯れ木残らず花が咲く」でした。

1dsc_4510

1dsc_4504

サザンカは帽子どころではなく雪の重みに必死に耐えている感じ。

2014年12月17日 (水)

三重県民の森(2)

happy01 今日は先に下見に行った県民の森のウォーキング。晴天なれど風の強い一日でしたがみんな元気でウォーキングできました。

1dsc_4455

下見時にもきれいに色づいていたフウの巨木。今日は真っ赤になっていました。

1dsc_4466

フウの葉。少しずつ落葉し始めていました。

1dsc_4436

ウォーキング途中に寄った、森の管理棟兼自然学習観察館には、自然動物のジォラマが有りまるで動物園のよう。

1dsc_4441001

いくつものウォーキングコースが整備され快適なウォーキングできました。

2014年12月16日 (火)

寒天作り

happy01 午前中に岐阜県恵那市山岡の寒天作りを見学してきた。ここ山岡では、冬場の冷え込みを利用した寒天作りが昔から盛んで、いまも昔の製法のまま受け継がれている。

1dsc_6686

寒天作りは多少の雨でも行われる。

1dsc_7007

海でとれたテングサが釜でゆでられ寒天の原料液が抽出される。

1dsc_7042

原料液はバットに入れられ冷やされ固まる。

1dsc_6941001

さらに、固まった寒天はところてんのように細かくされ野外で乾燥させる。

1dsc_7121

数日間、凍らせたり天日に干されたりして、乾燥が行われ水分が無くなると「そうめん」ほどの太さになり製品ができあがる。
添加物無しで、低カロリーな寒天を利用した、ヘルシーな寒天料理もこの山岡で味わうことが出来る 。

 

2014年12月15日 (月)

モノクロームの世界

happy01 今日も朝はモノクロームの世界。湿った雪は着雪して、まるで霧氷のよう。

1dsc_4360


1dsc_4370

1dsc_4359

« 2014年12月7日 - 2014年12月13日 | トップページ | 2014年12月21日 - 2014年12月27日 »