« 美術展開催 | トップページ | ウチノ海夕景 »

2016年2月11日 (木)

吉野川シラス漁

Dsc_1273002


Dsc_1210_2


Dsc_4218001

3日ほどかけ四国徳島の吉野川シラス漁の撮影に出かけた。
シラス漁はこの次期の新月に夜に行われ、川面を照らす漁り火が(水中を照らす照明)幻想的で写真家達の人気のスポットとなっている。

« 美術展開催 | トップページ | ウチノ海夕景 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

幻想的な夢の世界に誘われそうです。シラスもいろいろあるそうですが、どんな種類でしょうか?新月の日に漁を行う意味があるのですか?

ここのシラスはウナギの稚魚で、新月の夜に潮が満ちてくる時間帯に行われます。
集魚灯にシラスが寄ってくるのは月明かりのない日が良いということと、大潮で夜中に潮が満ちてくる時期が最適といわれ、限られた時期、時間の漁のようです。

ありがとうございました(^O^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 美術展開催 | トップページ | ウチノ海夕景 »