« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月28日 (土)

ギンリョウソウ

近くの林の中にギンリョウソウが咲いていました。

1dsc_1085001

別名「ユウレイタケ」とも呼ばれる腐生植物ですが、近年はあまり見ることができなくなりました。

2018年4月26日 (木)

ハナモモ街道

今日は、妻籠から清内路(せいないじ)を通り、飯田方面に向かった。清内路は別名、ハナモモ街道とも言われ、ハナモモの咲く今は桃源郷と化しています。

1dsc_1038

1dsc_1049

1dsc_1030

道路沿いだけでなく、あちらこちらに植えられたハナモモは、満開をむかえていていました。

2018年4月25日 (水)

ダムと濁流

昨日から今日にかけての大雨で、川は一気に増水し、どの河川も濁流となったようです。

1dsc_0840

木曽川も増水し、丸山ダムから放流される水も濁流となり、飛沫で虹がかかりました。

1dsc_0785

新小和沢橋から望遠レンズで撮ったダム下部。

2018年4月23日 (月)

フジの花

今、この地域では山に自生するフジが満開をむかえている。
自由奔放に伸びた藤は高い杉の木のてっべんまで伸び、まるでクリスマスツリーのようです。

1dsc_0265

2018年4月22日 (日)

キジ

春は鳥たちにとって繁殖の季節。日頃あの見ないキジたちも里に出て賑やかになります。

1dscf0091

1dscf0100

隣町、八百津杣沢で見かけたオスのキジ。メスを呼ぶのでしょうかケン、ケーンと声高だかに鳴いていました。

2018年4月20日 (金)

ケンマンの花

今、山野草も花盛りですが山沿いの道にはムラサキケンマン、ミヤマキケンマンを見ることができます。

20180416

ムラサキケンマンは日陰を好み、ミヤマキケンマンは日当たりの良い場所を好み、木々の多い山沿いの道でそれぞれ場所を選んで咲いているようです。
ミヤマキケンマンによく似たキケンマンがありますが、こちらは海岸沿いや低地に見られる。

2018年4月19日 (木)

コマドリ

今日は、鳥り好きな写友に誘われて、海津市にコマドリを撮りに出かけました。

1_20180419_175539001

撮影地には、すでに多くのカメラマンが、大砲のようなレンズ付けてスタンバイされていました。手前にあるのが私のカメラ。
カメラ負けし、端の方で撮らせていただきました。

1dsc_18611dsc_1787

茂みからコマドリ(オス)が現れると一斉に連写。
鳥撮りあこがれのスターの姿をなんとかゲットできました。

2018年4月18日 (水)

ホトケノザ

畑に生えると雑草扱いのホトケノザですが、よく見ると小さな花はなかなかユニークで何かの動物に見えたりもします。

1dsc_8899

1dsc_8896

2018年4月17日 (火)

まだ咲いているシダレザクラ

我が家の裏の土手に咲いているシダレザクラ咲き始めは一気に開花しましたが、その後の寒さで今も花をつけていまする

1dsc_8751

4月5日 桜は8分咲きで、ツバキやアンズの花も満開です。

1dsc_8754

4月9日 満開

1dsc_8893

昨日 (4月17日) 花は薄墨に変わりました。
ツバキの花も少しだけになり、アンズの花は新緑になっています。

2018年4月16日 (月)

新緑

隣町、八百津町の旅足(たびそこ)橋からの新緑が綺麗との情報でいってきました。山桜もまだ咲いていてとても綺麗でした。
ただ橋から覗くと足が震えるので要注意です。

1dsc_8872002

1dsc_8871

1dsc_8863

200メートル上から覗く景色は飛行機かドローンで見る世界です。

2018年4月15日 (日)

蛭川 杵ふり祭り

今日は恵那市蛭川で行われた杵ふり祭りへ。午前中は小雨に見舞われましたが、午後からは回復し盛大に行われました。

1dsc_1107

400百年の歴史を持つと言われる杵ふり踊りが、獅子舞の先導役として街を練り歩きます。

1dsc_0640

もちろん神輿も登場し、一名「水掛祭り」ともいわれて、辻々で力水の洗礼を受けますが、今日は寒い北風の中で震えが止まらないほど。

1dsc_1458

女神輿、花馬なども登場し、最後は神社の長い石段を駆け上がり、クライマックスとなります。

2018年4月13日 (金)

花フェスタ記念公園無料感謝デー 

バラの公園として有名な花フェスタ記念公園。バラの花はまだですが写真のように春の花はいっぱい咲いています。明日と明後日は無料開放されますので行ってみて下さい。

1dsc_0488001

1dsc_0540

1dsc_0477

2018年4月12日 (木)

ネモフィラ

花フェスタ 記念公園のネモフィラが見頃をむかえているという報道があり、さっそく行ってきました。

1dsc_8784

場所は語らい広場で、一面に青い絨毯を敷き詰めたよう。

1dsc_0507

1dsc_0408001

中には白いネモフィラの花もチラホラ見うけられました。

2018年4月11日 (水)

ハナモモの花。

昨日の写真になりますが、我家の周辺ではハナモモが満開をむかえている。

2_20180411_063755

1dsc_0236001

3dsc_0234_2

花の観賞用として改良されたハナモモ。箒立ち(上段の写真)や、源平とよばれるカラフルなハナモモなど種類も多く華やかに咲いています。

2018年4月 9日 (月)

散る花びらも行き場

今年は桜の花付きも良く、大量の花びらが舞った。花びらたちも落ちた場所ごとに色々な運命を辿ることになる。

1dsc_0341001_3

池に落ちた花びらは、それぞれの集団を集団をつくり漂う。

1dsc_0331001

地上に落ちた花びらは地上の植物の肥となる。

1dsc_0501002_2

川面に落ちた花びらは海にたどり着くかも知れない。

2018年4月 7日 (土)

犬山城

1dsc_0245_2

昨日は犬山城に。桜の犬山城を計画し研修日程立てていたのですが、桜の花は散って葉桜の犬山城視察となりました。

1dsc_0253_2

何はともあれ天守閣に登ろうと意気込んだが、階段の上りがきつくたどり着くのが大変。

1dsc_0311_2

とはいえ、国宝にも指定されているこの城、内部はすり減った階段の柱や板からは長い歴史を感じながら上ることができます。

1dsc_0281

息をきらしながら上った4階最上階からは、ハナミズキの花が綺麗な城入り口付近の眺めも最高。

1dsc_0286

反対側に回れば、濃尾平野と木曽川が望まれます。

2018年4月 5日 (木)

名古屋ルーセントアベニュー

名古屋駅から、ルーセントタワーに通ずる地下道には絵が画かれており素敵な空間を演出している。

1dsc_0031

1dsc_0022001

1dsc_8549

下の写真は上下逆にして掲載している。
数年前まで話題になったが、今は田舎者の私ぐらいしか写真を撮る者はいなかった。

2018年4月 4日 (水)

しづ心なく花のちるらむ

1dsc_0623002

我が家の横に咲く桜が散り始め、風が吹くと花吹雪となり

1dscf6434

近くの池は大量の花筏に覆いつくされました。

2018年4月 3日 (火)

百花繚乱

今年は桜だけでなく、他の花々も一斉に開花し始め、いまの野山は
百花繚乱状態ともいえますね。

 1dsc_0621001_2

桜の下に咲いたモクレン

1dsc_0596001

こちらはハナモモの花。桜の花を背景にいっそう華やかです。

1dsc_0590

ソメイヨシノは散り始めていますが、まだまだいっぱい花を付けています。

2018年4月 2日 (月)

シデコブシ

自然には東海地方のみに分布し、天然記念物ともなっているシデコブシが、我が家の近くの沢沿いに白い花をつけていました。

1dsc_0584001

1dsc_0585

ちなみに、下の写真は我が家の庭にあるシデコブシ(園芸店で買った)。華やかですね。

1dsc_0470001

2018年4月 1日 (日)

御嵩町薬師祭礼

1dscf6382

毎年4月第1日曜日に開催される御嵩町薬師祭礼。満開の桜の下で、1200年もの歴史を誇る大寺山願興寺の境内に於いて今年も盛大に開催されました。

1s0336412


1s0376421

翁と獅子による、蠅追いの獅子舞など多彩な催し物が行われました。
 なお、重要文化財にも指定されている、本堂の老朽化が著しく、本年より10年の歳月をかけ、解体修理再建さることになりました。
詳しくは左の「大寺山願興寺」のリンクから。

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »