« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月28日 (日)

カワラヒワとタンポポの実

裏庭にカワラヒワがやってきてタンポポの実を啄んでいました。

Dsc_4590

Dsc_4594

器用にくちばしで綿毛を切り落とし、実だけを食べていました。

2019年4月27日 (土)

ツバメの飛翔

デジカメ教室の帰りに近くの可児川で多くのツバメが飛んでいた。この機会にツバメの飛び物を撮ろうと500mmを手持ちでチャレンジ。結果はどうにかヒントが合っていたのは10枚に1枚。

Dsc_4059001

Dsc_4023

向かってくるのは撮りやすいが横に飛ぶのは難しい。

2019年4月25日 (木)

蜘蛛の目

裏庭の草取りをしていて見つけた捕食中の蜘蛛。カニグモ科の一種と思われますが目が8個もついていました。

Dsc_1179

カラスノエンドウに身を隠し、甲虫を補食していましたが、甲虫の姿が無ければ見つけることが出来ないほどの保護色で、図鑑によると蜘蛛は目が無眼(目が無い)ものから8眼まであり、大きさや配置も色々だそうで、この蜘蛛は最多の8個をもっていました。蜘蛛は昆虫ではありませんが、このブログではカテゴリーの昆虫に分類してありますのでよろしくお願いします。

2019年4月23日 (火)

コチドリ

近くの川(可児川)でコチドリを見た。私としては初めて出会った鳥です。

Dsc_3639

Dsc_3638

標準ズームしか持ち合わせていなかったし、河原の石に溶け込み川面に映り込んだ姿の方が綺麗でした。

2019年4月21日 (日)

久田見祭り

遅い桜の満開の下、この地域では春まつりの最後ともなる「久田見祭り」が今日 行われた。絢爛豪華な曳山が5台各町内から集結し、神社境内ではからくりが披露された。 
Dsc_3881

Dsc_3892

Dsc_3949

2019年4月20日 (土)

モズとハチ

 

今、野山は花盛りで、冬を過ごした蜂たちも元気を取り戻し飛び回っているが、そんなハチをモズか口にくわえて電線にとまっていた。かなり大きな蜂でクマバチのようである。くわえ直しに四苦八苦していたが、食べずにくわえて飛んでいった。どこかで子育てをしているのかも知れない。

 Dsc_3651

Dsc_3654

平成最後の満月

昨晩は平成最後の満月(ピンクムーンとも呼ばれる月でもあった)で、空が晴れるのを待って撮影に挑んだが、空が晴れたのは月が天頂付近にさしかかったときで、周辺の風景を入れるのが難しくやむを得ず多重露光での挑戦となった。

Dsc_4272001
まだ花を付けているしだれザクラを月の明かりで長時間露出、そして月の位置決めをして撮った(こちらは高感度なので手持ちでも撮れる)。今はカメラの設定でこんなことも出来るので便利だ。

2019年4月15日 (月)

桜吹雪

今日は風もあり、いわゆる桜吹雪がすごかった。写真に撮ろうとしたが難しかった。まず第一は背景が暗くないと花びらが目立たない、スローシャッターでは花びらの流れる動感はあるが、風で桜の枝も動いて写る。

 Dsc_4228

Dsc_4243

2019年4月 9日 (火)

願興寺本堂工事現場

Dsc_3242

Dsc_3245

一昨年より大寺山願興寺(通称 蟹薬師)の本堂修復工事が始まり4月7日に工事現場の公開がなされた。今回は屋根部分のみであったが改めて寺の大きさ、屋根の大きさにを実感することが出来た。

 

2019年4月 7日 (日)

蠅追い

今年も薬師祭礼において蠅追いの行事がおこなわれた。老婆が持つシキミで獅子を懲らしめたり、また、シキミで人々の頭や身体をたたくことでその人の1年の無病息災が成るといわれる行事。

Dsc_3107

Dsc_3061

今年から数年は、願興寺(通称 蟹薬師)は本堂解体修理のため、今年から数年郷土館駐車上で開催される。

2019年4月 5日 (金)

自生するシデコブシ

東海地方の一部のみに自生するシデコブシ。最近は庭木や公園木で見られますが、私の住む近くでは自生するシデコブシが見られ、今年も沢山の花を付けています。

Dsc_2697 Dsc_2699

まだまだ沢山の蕾がついていました。

2019年4月 1日 (月)

ネモフィラが見頃

Dsc_0428001 

Dsc_0446001

今、花フェスタ記念公園ではネモフィラが見頃をむかえ、桜の花との共演が楽しめます。

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »