グルメ・クッキング

2013年7月23日 (火)

手作り・工芸講座パート3

happy01 今日は手作り・工芸講座の3回目。内容は私の苦手な手料理で題して「白砂糖と調味料を使わない料理」でヘルシーそのもの。

Dscn4301

いきなりですが 作ったメニューは①「夏野菜のラタトゥイユ」 聞いたことのないメニーですが、夏野菜のみそ煮込みといった感じですがカボチャの甘味でけっこう甘い。②「車麩のカツ」 うるめ削り、ショウガ、めんつゆで味付けした車麩をパン粉でカリッと揚げたもの。中の車麩がまるで柔らかいトンカツ風で一番美味しかった。③「じゃかいものサラダ」 甘酒、梅酢、豆乳などで作ったドレッシングが特徴。④「きんぴらごぼう」 これは普通のきんぴらごぼうですがこぼうは皮をむかずに使う。

Dscn4294001

最初に健康な食とは、自分の住むその土地で取れたもの、その季節々の旬の食材使うこと(冬に夏野菜などは食べない)。などの講義を受ける

Dscn4295

今日使った食材(上)。ヘタの部分は取り除きますが皮はそのまま調理します。 

Dscn4298001

調理中は大忙しだったので写真はありませんが 、ヘルシーながらもボリュームたっぷりで最後の試食で大満足の講座でした。

2012年3月30日 (金)

明石焼?玉子焼?タコ焼?

happy01 一昨日の続きになりますが、一泊した淡路島の帰りに、明石によってタコ焼きに似た、明石焼を食べようということで明石市によりました。

Dscf54161_2

さっそく市内のお店に入って食することに。出てきたのは黄色いタコ焼きと汁(つゆ)。つまりタコ焼を汁につけて食べるという不思議な食べ方。

Dscf54151_2

さっそく黄色いタコ焼に汁をつけて食べると、黄色い衣は卵焼でした。中にはタコが入っていて形はタコ焼のようですが、まったく別の食べ物。よくよく店の人に話を聞くとタコ焼きとは呼ばず、地元では玉子焼と呼ぶそうで、ようやく納得。しかし、お店の人はタコ焼きの元祖であり、正真正銘の明石のタコを使ったタコ焼きであると強調されてみえました。

Dscf54171

なるほど、街角には大阪の有名なタコ焼き屋に負けないほど行列の出来る玉子焼(明石焼)のお店もありました。いずれにしても、食文化ほど多様で奥深いものはないと、改めて実感しました。

2012年1月17日 (火)

花寿司

happy01 今日は御嵩町花ずしの会の依頼で花寿司の物撮り。物撮りといっても材料から作成行程、完成までの一連を撮って冊子にするというお話。
ボランティアですが、日頃自由に写真を撮っているため緊張する撮影となりました。

Dscn3798

花寿司 のり巻き寿司で、普通は小さなのり巻きを3~5本ほど束ねて1個ののり巻きずし、その切り口が花模様なるよう作られます。
最近は作り手の創作により色々な模様の花寿司がつくられるようです。
写真はお弁当にいただいた簡略化した花寿司で、物撮りした花寿司はもっと豪華です。 

2012年1月 9日 (月)

抹茶オーレ

happy01 最近は時々飲み出した抹茶オーレ。
抹茶とクリームといえば抹茶アイスですが、こちらは暖かな冬バージョンといったところ。
カフェオーレよりもマイルドで癖になりそうです。

Dscf4876

 

2011年7月26日 (火)

森のケーキ屋さん

今日はスポーツ文化倶楽部の仲間と仕事の打ち合わせのため森のケーキ屋やさん「ラ・プロバンス」にいきました。このお店、私の家から僅かな所にあり 知る人ぞ知る人気のケーキ屋さん。といってもケーキを専門につくる店ではなく、手作りケーキを出す喫茶店です。

Dscn3517

お店に着くとすでに沢山の人が訪れていて、順番待ちの状態で待つこと20分ほど。でも森の中にあり周囲は色々な花にも囲まれ、隣には手作り雑貨の小さなお店もあって待ち時間は苦になりません。

Dscn3530

顔のような形が気に入って注文したケーキは ちょっと甘酢ぱい「タヒチ」とかいうケーキ。そして、紅茶をベースに色々なハーブを入れた ハーブティ(名前は忘れました)。 このハーブティ、ポットに入って カップに3盃以上ありました。ケーキもハーブティも美味しかったが、この2つコラボレーションが最高で、選んだセンスを自画自賛しました。

Dscn35271

こちらは隣の仲間のケーキ。こちらも美味しそうで食べたくなりました。coldsweats01

Dscn3535

隣のミニ雑貨屋さんにはオナー手作りの色々な雑貨がならんでいて、こちらもこちらも人気がありました。

Dscn35341

こんな人形たちも売られていました。この人形達、まるでこの森の住民みたい。

2010年8月15日 (日)

ノンアルコールビール

happy01 農作業で一汗かいて家に帰ると飲みたくなるのはやはりビールですが、飲んだ後は何もしたくなくなり、ぼーっとテレビを見るぐらいになって、ブログを書くのもめんどうになってしまいます。そこで最近飲み始めたのがビールスティタスのノンアルコール飲料。本物のビールとは味も飲み心地も少し違いますが、気分はビールを飲んでいる気分でなかなかのもの。おかげで夕食後にパソコンに向き合うこともできるようになりましたが、今度は床につく前に無性に本物のビールが飲みたくなり、結果どちらも飲まなければならない羽目になってしまいました。

Dscn1888

アルコールゼロ、カロリーゼロ、糖質ゼロで今や生産が追いつかないほどの売れ行きだそうです。

Dscn1890

私なりの感想としては見た目はビールそのものですが、少し甘みが強すぎることと、泡もすぐ消えてしまいます。この商品はビールの代わりの緊急避難的な飲み物で、最終的には発泡酒のようにビールにとって変わる飲み物ではないようです。つまりこのノンアルコールビールがバカ売れしたからといって、ビール等の消費が落ち込むことはないし、飲酒運転防止に役立ち、ビール会社にとっては一石二鳥の商品とみました。

Dscn18831

プルタブを開けた飲み口。猛暑はビール会社の笑いが止まらないといったイメージをこんな所にもみつけした。

2009年11月 1日 (日)

たこ、タコ、蛸

happy01 今日は知多半島沖の日間賀島に日帰りの旅。日間賀といえばタコが有名で、港に着いたとたん迎えてくれるのはタコのモニュメント。

Dscn0180_2

お店のシャッターにはこんなかわいいタコの絵も。↓

Dscn01811

こんなタコの干物もありました。小さなタコの干物は1つ200円で、部屋の飾りにしてもおもしろそうでしたので1っ買ってきました。でも、猫に食べられてしまうかなー。↓

Dscn01911

この時期から冬場にかけてはフグ料理が人気で、お昼にはフグをいただきました。

2009年8月10日 (月)

アルコール0.00%

happy01 長つゆの後にすぐに台風が接近し、毎日災害のニュースが絶えない日本。昔から怖いものに「地震、雷り、火事、親父 」とされていますが、何故か大雨や台風が入ってませんね。雨や風は時には必要な自然現象だったというとでしょうか。ということは親父は怖いだけで昔から必要なかった存在か?angry などと考えながら飲んだビールはノンアルコール。う~ん、やっぱり酔えませんね。think

Dsc_1363

味、喉ごしはビールそっくり。宴会で酒は飲めないが雰囲気だけは味わいたい方におすすめ

2009年6月18日 (木)

伊賀のかたやき

昨日の続きですが、伊賀上野でおみやげに買った堅焼きせんべい、忍者の保存食が発端と言われていますが半端な堅さではありません。happy02

Dsc_0959

歯で噛みくだくことができないため木槌が一緒に入っていて、これで細かくして食べます。くれぐれもいきなりせんべいに噛みつくことのないように。歯の弱い人、入れ歯の人は特に注意が必要です。お湯にしばらく浸け、柔らかくなってから食べても美味しいようです。

2009年5月18日 (月)

自家製カフェオーレ

happy01 最近、はまっている朝の自家製カフェオーレ。Dsc_8336

cafe 最近は濃いコーヒーが飲めなくなり、代わりに飲み始めたのが自家製カフェオーレ。といっても作り方は至って簡単、コップ一杯の牛乳を電子レンジで1分半温め、インスタントコーヒーと砂糖をスプーンに半分づつ入れて、濃厚でマイルドなカフェオーレが出来上がり。難点はインスタントコーヒーがサーと簡単に溶けないことでしょうか。