文化・芸術

2019年4月21日 (日)

久田見祭り

遅い桜の満開の下、この地域では春まつりの最後ともなる「久田見祭り」が今日 行われた。絢爛豪華な曳山が5台各町内から集結し、神社境内ではからくりが披露された。 
Dsc_3881

Dsc_3892

Dsc_3949

2019年3月12日 (火)

課題写真

Dsc_3323

昨日の写真クラブに出した課題(雪、氷)写真です。題名は「氷神」ですが、モンスターに見えるのは私だけでしょうか。

2019年2月10日 (日)

今尾の左義長

今、全国の各地で左義長の行事が盛んに行われていて、今日は岐阜県海津市で行われた「今尾の左義長」に行ってきた。秋葉神社境内で次々と大きな左義長が燃やされ、氏子達が派手な衣装や化粧で飛び回る祭りは全国三大左義長の一つと言われている。

Dsc_0260

十基を超える笹神輿が各町内から繰り出される。

Dsc_0933

一基ずつ火が付けられ、火の粉と灰が境内に飛び散るが、その灰を浴びることにより一年無病息災といわれる。

Dsc_0966

Dsc_1123

左義長の回りで色々な行事が行われ、氏子の若い衆が勇猛果敢に飛び回る姿は圧巻でした。

2019年1月16日 (水)

三寺参り

Dsc_9479001

Dsc_9419

昨日は、岐阜県飛騨市古川町で「三寺参り」という行事が行われた。親鸞上人の遺徳をしのぶ200年以上前から続く行事で、特に三寺をお参りすることで、良縁を成就するとの言い伝えから、未婚の女性が着飾ってお参りする姿がみられる。
街中を流れる瀬戸川沿いでは、風情残る古川の町並みを背景に記念写真を撮る大ぜいの人でにぎわっていた。

2019年1月11日 (金)

小さな作品展

今日から地元の御嵩町の商家竹屋という歴史施設で写真のミニ展示を始める。

Dscf6505001

写真は展示の一部。

Dscf6510002

商家竹屋は中山道沿いの歴史施設で無料で開放されているが、それだけでは集客に限度があり、色々な趣向を凝らしたイベントを実施しておられ、それに協力する形での展示です。近くにお住まいの方や興味のある方はぜひお立ち寄り下さい。展示は今月の26日まで。

2019年1月 4日 (金)

妻籠宿インスタスポット

1_20190104_174354

今日は写友と木曽路妻籠宿へ。最近インスタ映えするスポットとして人気の奥谷本陣資料館へも寄りました。
囲炉裏の煙と格子戸からの日の射し込みで幻想的な光のショーが見られ、今日も大勢の観光客や写真家が訪れていました。冬至前後のこの時期限定の眺めだそうです。

2019年1月 2日 (水)

年賀状

1dscf6484

今年も多くの方に年賀状をいただいた。やはり猪年だけあって猪のイラストを使用されたものが多かったが、よくよく見るとイラストの猪は全部違っているし、文体も文も(あたりまえですね)違い、私同様に年賀状作成に苦労されているのが解った。

2019年1月 1日 (火)

謹賀新年

1_20190101_080126

一ヶ月ふりのブログ更新。今年こそ早め早めの更新に心がけることに。

2018年12月 1日 (土)

モザイクタイルミュージアム

久しぶりのブログアップですが、昨日は岐阜県多治見市にあるモザイクタイルミュージアムへ。

1dsc_2547

美濃焼で知られるこの地域では、陶磁器の食器よりも多く製造されたのが磁器タイル。建築物の外壁や内装装飾などに多く使われ全国一の産地となったが、今をほとんど使われなくなり、人々が忘れ去られようとしている。その歴史の記憶を後世に残すため作られたミュージアム。建物の外観もなかなかユニークです。

1dsc_2561

かって銭湯と呼ばれる共同浴場にはモザイクタイルで絵が描かれ装飾されていた。

1dsc_2562

ミュージアムの中央には吹き抜けがあり青空が気持ちいい。
タイルのカーテンがしてあるが、雨が降ってきたらどうするのか聞くのを忘れた。

2018年11月 9日 (金)

かやぶきの里

町の文化協会視察で昨日は京都府の「美山かやぶきの里」に。

1dsc_2284002

日本の原風景として、国の重要伝統的建造物の選定保存されている地区で、昭和生まれの私たちにとっては故郷の原風景でもあります。

1dsc_2212001

昨日の汗ばむほどの陽気の中にあっても多くの観光客が散策を楽しんでいました。最近は外国の観光客も多く訪れるようになり、さらに賑わいを見せているようです。

より以前の記事一覧