旅行・地域

2018年10月 8日 (月)

最後が過酷な祭礼

昨日は町のあちこちで運動会や祭りが行われた。中でも1000年の歴史を持つと言われる顔戸地区の八幡神社祭礼は賑やかだった。

1dsc_6652

定番ではあるが、獅子舞、花馬の行列が実りの秋を迎えた集落を練り歩いた。

1dsc_6733001

1dsc_6740001

しかし、最後の神輿の奉納が大変。本殿が山頂にあり、急な坂道というよりは、崖に近い山道を300メートルほど昇らなければならない。街並みでの威勢はどこへやら、過酷な祭りと化しました

2018年8月26日 (日)

灯籠流し

昨晩は美濃加茂市河川緑地公園で灯籠流しが行われました。

1dsc_0561

祖先供養のため毎年8月の最終日曜日に開催されますが、今年は川の増水によって川岸に近づくことが危険なため、代表者の方に手渡ししての灯籠流しとなりました。

2dsc_0662

中心部の流れが速く、岸辺付近に漂う灯籠となりましたが、夕焼けを映す川面と、ゆらゆらと流れる灯籠は、幻想的な眺めを醸し出していました。

3dsc_0727

こちらは当時に開催された竹灯りアート展の一コマ。

2018年8月21日 (火)

ソバの花満開

長野県開田高原のソバの花が今、見頃をむかえていました。

1dsc_2176

1dsc_2178

1dsc_2136

残念ながら御岳山は雲がかかり、山を絡めたソバ畑は撮ることができませんでしたが、木曽馬がソバ畑の近くまで来ていて、すこしだけ色を添えることができました。
もちろん昼食は開田ソバでした。

2018年8月16日 (木)

新城市の火おんどり

今年も新城市の信玄塚で「火おんどり」行われ撮影に参加した。長篠合戦で亡くなった武将達の供養として、毎年8月15日の夜行われる行事で雨の心配される中ではありましたが、勇壮に行われました。

1dsc_0255001

1dsc_0259

火のついた大きな松明を振り回すため、勇猛果敢な男の世界であったが、ここ数年女性の参加もあり華やかな祭りに変貌している。




2018年8月13日 (月)

稲妻

昨日は午後より雷雨になり、約1ヶ月半ぶりの雨が降った。
陽が沈んだ夕刻には稲妻が空を覆った。

1dsc_2079

設定 AF M.  ISO 3200. S 1/60   F 5.6

2018年7月10日 (火)

大賀ハス

可児市薬王寺の大賀ハスが見頃をむかえていました。

1dsc_1596001

古代ハスともいわれる大賀ハス。花も大きく色も綺麗なので毎年訪れています。

1dsc_1601

雨も多く、訪れた時間が午後の3時ということもあり、花をとじたハスもありましたが、まだまだ蕾のものも沢山あり、当分楽しめそうです。

1dsc_1592

こちらも珍しいヒメコウホネの花。同じ蓮池に咲いていました。

2018年7月 2日 (月)

アオハズクの撮影

ある寺に、アオハズクが見られるという情報に得た写友に誘われて撮影に。寺に到着後、最初は出没するという杉の大木を双眼鏡でくまなく確認するが見当たらない。でも、鳥撮りなれた友人は居場所を確認。おかげで、ようやくアオハズクの撮影成功しました。

1dsc_3856
500㎜でトリミング拡大したアオハズク。

1dsc_3823
こちらは双眼鏡で見た程度のアオハズク。どこにいるのか素人ではわからない。見えるに人には見えるから不思議。

2018年6月25日 (月)

モネの池ラッシュアワー

今日は同級生仲間と関市モネの池に。この夏の最高気温を記録したこともあってか、池の鯉が活発に泳ぎ回り、まるでラッシュアワー状態。

1dsc_9437

1dsc_9487

平日の早朝ということもあってか観光客やカメラマンは少なめでしたが、午後からは駐車場が満車になるほどの人だったとか。

1dsc_9426

睡蓮は午前11時以降でないと開花しないとかで、花はいっぱいついていましたが開花はまだでした。

2018年6月10日 (日)

岐阜県百年公園ハナショウブ

昨日訪れた岐阜県百年公園の花菖蒲が見頃をむかえていた。
ただ、これからもっと咲くのかも知れないが、例年より花が少なかった。

1dsc_1401

1dsc_1415

1dsc_1407_2

2018年6月 5日 (火)

新緑撮影

昨日はマキノのメタセコイア並木道と、福井県池田町のかずら橋、竜双ヶ滝の新緑撮影ツアー。

2dsc_9139

メタセコイア並木道
好天に恵まれ、ゼブラ模様の並木道。カメラを向けるとライダーがパホーマンスをしてくれた。

2dsc_9323

かずら橋。
300円のチケットが買う。何回渡ってもいいと言われたが、揺れるし、足もと透けていて、往復するだけで疲れる。結果、何回も渡る気にはなれない。

1dsc_9384

龍双ヶ滝。
水量が少なかったので、上部の水量の多い部分をPL、NDフイルターでねらう。

より以前の記事一覧