旅行・地域

2019年4月21日 (日)

久田見祭り

遅い桜の満開の下、この地域では春まつりの最後ともなる「久田見祭り」が今日 行われた。絢爛豪華な曳山が5台各町内から集結し、神社境内ではからくりが披露された。 
Dsc_3881

Dsc_3892

Dsc_3949

2019年4月 1日 (月)

ネモフィラが見頃

Dsc_0428001 

Dsc_0446001

今、花フェスタ記念公園ではネモフィラが見頃をむかえ、桜の花との共演が楽しめます。

2019年3月26日 (火)

カタクリ

Dsc_2602001

Dsc_2598

この地域では、今、カタクリの花が見頃をむかえています。地元の人達で大切に守られてきた、可児市の鳩吹山の群生地もカタクリの花が満開で絨毯化していて、今日も大勢の見物客で賑わっていました。


2019年3月14日 (木)

なごり雪

Dsc_2314

Dsc_2324

昨日の風の冷たさに不安を覚えましたが、今日(14日)の朝起きて外を見ると木々が白く雪に覆われていました。この冬初めての積雪ですが、最後の積雪ともなるようです。残念ながらこのあと3時間ほどで雪は消えてしまいました。

2019年2月23日 (土)

雪を求めて

この地域では、積雪となる雪もなく今年の冬は終わってしまった。昔は春のドカ雪があったが、どうも望めそうもない。ということで昨日は雪を求めて奥美濃の高鷲方面に出かけた。

Dsc_3454001

牧歌の里

Dsc_3389

ひるがの高原スキー場

牧歌の里、蛭ヶ野高原スキー場などにいった。さすがに雪はあったが、所々に地面がむき出しのところもあり、雪の少なさを感じた。
それにしても、日本人は少なく、台湾の方か、中国の方か、バスを連ねて来られた人ばかり、ほとんど日本語を聞くことはなかった。

2019年2月10日 (日)

今尾の左義長

今、全国の各地で左義長の行事が盛んに行われていて、今日は岐阜県海津市で行われた「今尾の左義長」に行ってきた。秋葉神社境内で次々と大きな左義長が燃やされ、氏子達が派手な衣装や化粧で飛び回る祭りは全国三大左義長の一つと言われている。

Dsc_0260

十基を超える笹神輿が各町内から繰り出される。

Dsc_0933

一基ずつ火が付けられ、火の粉と灰が境内に飛び散るが、その灰を浴びることにより一年無病息災といわれる。

Dsc_0966

Dsc_1123

左義長の回りで色々な行事が行われ、氏子の若い衆が勇猛果敢に飛び回る姿は圧巻でした。

2019年2月 2日 (土)

パンジー、ビオラの顔

昨日の続きになるが、花フェスタ記念公園の温室では、パンジー、ビオラ世界展が開催されていた。
原種から新品種までの400点以上が並べられていたが、園芸植物には詳しくないので、どれがパンジーかビオラなのか区別がつかなかった。しかし、多くの花の一輪一輪を見ると、人か動物の顔にも似ていて面白かった。

20190201

2019年2月 1日 (金)

花フェスタ記念公園トンネルイルミ

一週間ぶりのブログアップ。理由はないがなぜか書けないでいた。
こちらも久しぶりに訪れた、花フェスタ記念公園。短いトンネルに冬場だけイルミネーションで飾ってあると言うことで、早速に行ってみた。

Dsc_3153

Dsc_3169

バラの公園らしく、バラをあしらった大きなツリーが見事だった。

Dsc_3183

しかし、外は人影はほとんど無く、管理作業の人達をチラホラ見るだけであった。バラの咲く時期の人出と比べ、落差がすごいと感じた。

2019年1月23日 (水)

タヌキに遭遇

昨日の夜の帰宅途中にタヌキに遭遇した。ドライブレコーダーに慌てて逃げるタヌキが写っていた。

Arc74172003
Arc74172001Arc74172023_2

写真はドライブレコーダーのムービーからスクリーンショットしたもの。

2019年1月21日 (月)

説明書き

Dsc_2494

Dsc_2495

先に行った、岐阜各務原航空博物館に展示してある練習用の飛行機だろうか、機体に取り扱いの説明が具体的に書いてある。外見を気にしない農機具などにも採用してほしいと思った。

Dsc_9548

ただ、何が危険なのか解らないものもあったが、無理に近づくことだけは避けるべきと理解した。

より以前の記事一覧