自然

自然の風景

2016年8月 4日 (木)

稲妻

このところ毎日午後には雷雨に見舞われている。日中は猛烈な暑さだが、夕立のおかげで夜は少し涼しくなり、助かっている面もある。
今日は、そんな雷の稲妻を撮ってみようと、家の軒先で雨をよけながら撮影を行ったが、どこにいつ出るか全くわからない相手で、がむしゃらにシャッターを切って撮るしかなかった。

1dsc_8940

1dsc_9089

1dsc_9068

AF、シャッター、絞り すべてマニアルで撮影。

2016年7月20日 (水)

秋の気配

この地方では梅雨が明け連日猛暑日を記録している。今日から小中学校も夏休みに入り本格的な夏に入ったが、夕刻ともなればヒグラシも鳴き、自然はすでに秋の気配漂わせている。

1dsc_5423

岐阜県川島町にある河川環境楽園では園芸種だと思われるが、秋の七草であるオミナエシ、キキョウが見頃をむかえ、観光渡し船とともに川面を黄色く染めていた。

1dsc_5429

オミナエシ

1dsc_5401001

キキョウ

2016年6月29日 (水)

今日の裏庭

このところ雨が多い。梅雨だからあたりまえなのだが、やはりカメラを持って出かけるのが少なくなった。今日は久しぶりにマクロレンズをつけて裏庭で撮った画像をアップします。

Dsc_2081001

雨をよけてヒメオウギスイセンに止まっていたシジミチョウ。
Dsc_2077002
雨が多いためキノコも顔を出していた。

Dsc_2062001

爽やかな花を付けたアガバンサス。
いずれもニコンマクロ60mm

2016年6月12日 (日)

今日のおもしろ画像

今日の夜からまとまった雨になるという天気予報で、畑の野菜の収穫を急いで行った。そんな中からおもしろ画像を紹介。

Dcim0001_2

ジャガイモの実。ジャガイモはナスカの植物で、多くはないが、中には実をつけるものもある。まるでトマトみたいだ。食べられない。

Dcim0002

こちらはセクシーな型をした夏大根。石混じりの畑ではこうした複雑に分かれた大根がよく見られる。

Dsc_0552

帰りの農道で見つけたコジュケイ。いきなり草むらから現れ、ビックリしたが、向こうもビックリしたようで、しばらくこちらを見ていたがすぐに元の草むらに戻っていった。

2016年6月10日 (金)

ゲンジホタル

町のビォトープにゲンジホタルが出ているという話を聞きカメラを持って出かけた。数組の親子ずれが来ていて賑やかだったが、ホタルは気にせずこっこう飛んでいた。

Dsc_7167

Dsc_7172
Dsc_7204

町の灯りなども入れて撮りたかったが、そんなアングルは見いだせなかった。

2016年6月 1日 (水)

オトシブミ

山の道にオトシブミが落ちていた。

Dsc_2022

葉を二つ折り(端を折っていたので正式には三つ折りともいえる)にして丸めたものだが、簡単には開かないようになっている。Dsc_2027
拾ったオトシブミを強引に広げてみたが葉の真ん中には何もなかった。

Dsc_2026001

巻き込まれた最初の部分に黄色い小さな卵を見つけた。オトシブミの卵らしい。卵を確認後、元のオトシブミの姿に戻そうと試みたができなかった。

2016年5月14日 (土)

露(つゆ)

今朝も庭の植物は露のしずくでキラキラ輝いていた。

Dsc_6292001

Dsc_6291_2
特にスギナには多くの露が付いていてとても綺麗だった。
考察すると、植物が地中から水分を吸い上げてできる露は、葉の広い植物の場合、空中に蒸散されやすいが、スギナなど葉からの蒸散が少ない植物はそのまま水滴でとどまるので露が付きやすいと思われる。

Dsc_6298
伸びた芝などにも水滴がつきやすいようだ。

2016年4月15日 (金)

生命力

ほとんど朽ちた桜の老木だがそれでも綺麗な花を咲かせていた。

Dsc_4849

花を咲かせることそれが桜の使命なのだ言っているよう。

2016年4月 8日 (金)

花の散るらむ

ひさかたの光のどけき春の日にしづこころなく花の散るらむ

Dsc_3853
満開をむかえていた桜の花もいよいよ散り始め、水面は桜の花びらによる花筏ができていました。

Dsc_3862002
路上は花びらのジュウタン。

Dsc_3855
空が透けるようになりました。

2016年4月 1日 (金)

トラツグミとカタクリとショウジョウバカマ

地元の環境保全林「みたけの森」にカタクリが咲くとの情報をいただいたのでカメラを持って出かけた。数は少ないが綺麗に咲いていて近くにはショウジョウバカマも咲いていた。数枚撮って満足しての帰り道に出くわしたのはトラツグミ。

Dsc_4871001

目の前にいたトラツグミ。むこうもびっくり、こちらもびっくり。少しスレンダーなので最初はヒバリかなーとも思いましたが、やっぱりトラツグミでした。 

Dsc_4797

みたけの森のカタクリ。数は少ないが綺麗でした。少しずつ増えるといいですね。

Dsc_4804

近くに咲いていたのは遅咲きのショウジョウバカマ。最近はショウジョウバカマの咲く湿地はイノシシに荒らされ少なくなってきているようです。

より以前の記事一覧