自然

自然の風景

2018年10月16日 (火)

モズ(オス)

このところ早朝は冷え込みがして、朝起きがなかなかしづらくなってきている。そんな朝に裏の桜の木のてっぺんでキィーキィーなくモズを見つけた。

1dsc_6928

留鳥なので何時も居るのだろうが、なぜかこの時期は目立ちます。

2018年10月14日 (日)

今年もアオゲラがやってきた

今年は暑さと台風で、裏の柿の木の実付きが悪かったが、それでも少しだけ残った柿の実を食べにアオゲラがやってきた。
台風で葉はほとんどが落ちてしまったので、アオゲラを撮すには最適だった。

1dsc_1673

2018年10月11日 (木)

大きくなったナガコガネグモ

毎年のことながら家の軒等にはジョロウグモ、庭木などにはコガネグモが巣を架け、今はずいぶん大きくなってきている。

1dsc_6251

コガネグモにはコガネグモとナガコガネグモの2種類があり、こちらははナガコガネグモ。

2018年10月10日 (水)

アサギマダラ

アサギマダラ

自宅近くの空地のセイタカアワダチソウにアサギマダラが来ていた。1,000キロ以上の渡りの途中に立ち寄ったのだろう、この地域ではこの時期に偶然に近い頻度しか見られないチョウ。

2018年10月 6日 (土)

ホシホウジャク

このところコスモスの花に早朝(日が射し込む頃)やってくるのはホシホウジャク。長い口吻でせわしなく吸密し、花から花へと飛び回る。
ホバリングしながら吸蜜するのでハチドリと勘違いされることもあるとか。

1dsc_1016

撮影は動きが速いので、連写で撮って良い写りものを選ぶしかない。

2018年10月 3日 (水)

コルチカム

なぜこんな所にと思う空き地に突然花が咲いた。誰かが球根を捨てていったのが咲いたのかコルチカム花でした。
春にこつ然と咲くクロッカスに似てオータム クロッカスとも呼ばれる花でした。

1dsc_0009

耐暑、耐寒性に強いため、捨てられた球根から花をつけたようです。

2018年10月 1日 (月)

おんぶバッタ

水田に、おんぶバッタを孫が見つけ「赤ちゃんをおんぶしている」と言った。「そうだね、かわいいね」と返事をした。
しかし、このおんぶバッタはコバネイナゴの交尾中で、小さい方がオス、大きい方がメス。つまり、お母さんにおんぶされているのはお父さんである。

1_20181001_165149_20181001_191217

動物界ではよくあることであるが、子供には説明が難しい。

2018年9月26日 (水)

雑木林のキノコ

このところ雨が多いせいか、裏山の雑木林でおおくのキノコが顔を覗かせていました。

20180917

まだこのほかキノコが出ていましたが、ほとんど毒があるか、食毒不明のものばかり。

2018年9月25日 (火)

ジムグリ幼蛇

ジムグリ幼蛇

初めてみたジムグリの子供。目だち過ぎる気がする。
初めてスマホからの投稿です。

2018年8月28日 (火)

散水の飛翔

この地域では、7月中旬より雨らしい雨が降らず自宅の井戸水で毎日散水している農家もある。コストもかかり大変だが、そのぶん作物は例年より良いできだとか。何事もあきらめず努力することが大切なのかも知れない。

1dsc_5774001

散水機から水が、キラキラ輝きながら飛び散っていたが、肉眼では見えない写真ならではの世界を撮すことができた。

より以前の記事一覧