カメラ

カメラ撮影技術

2019年1月16日 (水)

三寺参り

Dsc_9479001

Dsc_9419

昨日は、岐阜県飛騨市古川町で「三寺参り」という行事が行われた。親鸞上人の遺徳をしのぶ200年以上前から続く行事で、特に三寺をお参りすることで、良縁を成就するとの言い伝えから、未婚の女性が着飾ってお参りする姿がみられる。
街中を流れる瀬戸川沿いでは、風情残る古川の町並みを背景に記念写真を撮る大ぜいの人でにぎわっていた。

2019年1月14日 (月)

岐阜清流里山公園

今日は、美濃加茂市にある、岐阜清流里山公園に午後より出かける。昨年より岐阜県昭和村から名称を変更し、入場料も無料となった。そのせいか入場者が大幅に増え、今日も祝日とあって、大勢のの来場者で賑わっていました。

Dsc_2978

名前のとおり、里山の雰囲気を充分楽しめる田んぼや水車小屋等もあり、夏には蛍も舞うとか。

Dsc_3011

最上部には藁迷路や藁アートある。

Dsc_3013

残念ながら、岐阜県中部で発生した豚コレラによって、人気の動物広場は立ち入り禁止で、人気のラマは見ることが出来なかった。広場に放牧されていたヤギが、人が来ないので手持ち無沙汰なのかあくびをしながら、人の姿の見える方を盛んに眺めていた。
写真は500mm相当で撮ったもの。

2019年1月11日 (金)

小さな作品展

今日から地元の御嵩町の商家竹屋という歴史施設で写真のミニ展示を始める。

Dscf6505001

写真は展示の一部。

Dscf6510002

商家竹屋は中山道沿いの歴史施設で無料で開放されているが、それだけでは集客に限度があり、色々な趣向を凝らしたイベントを実施しておられ、それに協力する形での展示です。近くにお住まいの方や興味のある方はぜひお立ち寄り下さい。展示は今月の26日まで。

2019年1月 7日 (月)

トンネル

前にも一度取り上げましたが、丸山ダム再開発事業によって作られた大久後トンネルを今日も通った。このトンネルの照明がまだら模様で面白い。照明もナトリュゥム灯だろうか、見た目よりも写真に撮ると赤く写る。

1dsc_2891nef

2019年1月 6日 (日)

部分日食

今日は、部分日食があるということで、さっそくチャレンジ。300mmレンズにND100000とかいうフイルターをつけチャレンジ。しかし最初と最後の方はなんとか晴れましたが、途中はほぼ薄雲の中で、2012年の金環食撮影のような作品は撮れなかった。

1

ちなみに下は2012.5.20の金環食。

12

2019年1月 5日 (土)

写らなかった四分儀座流星群

昨日の話ですが、早朝3時に起きてしぶんぎ座流星群ねらった。残念ながら肉眼ではかすかな流星を2個ほど確認したが、写真上には写っていなかった。明日は日食なので再度、天体写真にリベンジ。

1201914

30回のイクターバルで約15分ほどねらったが明るい流星は現れず失敗でした。

2019年1月 4日 (金)

妻籠宿インスタスポット

1_20190104_174354

今日は写友と木曽路妻籠宿へ。最近インスタ映えするスポットとして人気の奥谷本陣資料館へも寄りました。
囲炉裏の煙と格子戸からの日の射し込みで幻想的な光のショーが見られ、今日も大勢の観光客や写真家が訪れていました。冬至前後のこの時期限定の眺めだそうです。

2019年1月 1日 (火)

謹賀新年

1_20190101_080126

一ヶ月ふりのブログ更新。今年こそ早め早めの更新に心がけることに。

2018年12月 1日 (土)

モザイクタイルミュージアム

久しぶりのブログアップですが、昨日は岐阜県多治見市にあるモザイクタイルミュージアムへ。

1dsc_2547

美濃焼で知られるこの地域では、陶磁器の食器よりも多く製造されたのが磁器タイル。建築物の外壁や内装装飾などに多く使われ全国一の産地となったが、今をほとんど使われなくなり、人々が忘れ去られようとしている。その歴史の記憶を後世に残すため作られたミュージアム。建物の外観もなかなかユニークです。

1dsc_2561

かって銭湯と呼ばれる共同浴場にはモザイクタイルで絵が描かれ装飾されていた。

1dsc_2562

ミュージアムの中央には吹き抜けがあり青空が気持ちいい。
タイルのカーテンがしてあるが、雨が降ってきたらどうするのか聞くのを忘れた。

2018年11月 9日 (金)

かやぶきの里

町の文化協会視察で昨日は京都府の「美山かやぶきの里」に。

1dsc_2284002

日本の原風景として、国の重要伝統的建造物の選定保存されている地区で、昭和生まれの私たちにとっては故郷の原風景でもあります。

1dsc_2212001

昨日の汗ばむほどの陽気の中にあっても多くの観光客が散策を楽しんでいました。最近は外国の観光客も多く訪れるようになり、さらに賑わいを見せているようです。

より以前の記事一覧