カメラ

カメラ撮影技術

2018年7月12日 (木)

低空飛行

見慣れた鳥で、今まで撮ったことがないので、撮影に挑戦しました。
とわいえ電線などに留まっているツバメでは話にもならないので、
高速で飛ぶツバメに挑戦しました。

3dsc_1583

フイルムカメラの時代では撮すのがはなかなか難しい被写体も、強力なオートホーカス、手ぶれ補正と高速連写などのついたデジタルカメラが一般的となった昨今、労せず撮れるようになったのはありがたい。

2dsc_1581

1dsc_1580

今回は低空飛行するツバメを連写でねらってみました。

2018年7月 2日 (月)

アオハズクの撮影

ある寺に、アオハズクが見られるという情報に得た写友に誘われて撮影に。寺に到着後、最初は出没するという杉の大木を双眼鏡でくまなく確認するが見当たらない。でも、鳥撮りなれた友人は居場所を確認。おかげで、ようやくアオハズクの撮影成功しました。

1dsc_3856
500㎜でトリミング拡大したアオハズク。

1dsc_3823
こちらは双眼鏡で見た程度のアオハズク。どこにいるのか素人ではわからない。見えるに人には見えるから不思議。

2018年6月10日 (日)

岐阜県百年公園ハナショウブ

昨日訪れた岐阜県百年公園の花菖蒲が見頃をむかえていた。
ただ、これからもっと咲くのかも知れないが、例年より花が少なかった。

1dsc_1401

1dsc_1415

1dsc_1407_2

2018年6月 5日 (火)

新緑撮影

昨日はマキノのメタセコイア並木道と、福井県池田町のかずら橋、竜双ヶ滝の新緑撮影ツアー。

2dsc_9139

メタセコイア並木道
好天に恵まれ、ゼブラ模様の並木道。カメラを向けるとライダーがパホーマンスをしてくれた。

2dsc_9323

かずら橋。
300円のチケットが買う。何回渡ってもいいと言われたが、揺れるし、足もと透けていて、往復するだけで疲れる。結果、何回も渡る気にはなれない。

1dsc_9384

龍双ヶ滝。
水量が少なかったので、上部の水量の多い部分をPL、NDフイルターでねらう。

2018年6月 3日 (日)

みたけの森のササユリ

みたけの森のササユリが見頃を迎え、多くの人で賑わっています。
今年はやはり一週間ほど開花が早まっています。

1dsc_1370

1dsc_1373_2

ササユリの写真を熱心に撮るグループ。

1dsc_1327

一本の幹から4ッもの花を咲かせているものもありました。
みたけの森ササユリまつりが6月10日(日)に行われます。
なんとか、花がそれまで咲いていてくれると良いですが。

2018年5月17日 (木)

水張り水田

田植えが始まり水田の映り込みが見られるようになった。

Water_reflection_1526532628447

今は便利なソフトがあって、水面の反射を加工することができる。

1_20180517_132724

下は実際の映り込み。

2018年4月25日 (水)

ダムと濁流

昨日から今日にかけての大雨で、川は一気に増水し、どの河川も濁流となったようです。

1dsc_0840

木曽川も増水し、丸山ダムから放流される水も濁流となり、飛沫で虹がかかりました。

1dsc_0785

新小和沢橋から望遠レンズで撮ったダム下部。

2018年4月19日 (木)

コマドリ

今日は、鳥り好きな写友に誘われて、海津市にコマドリを撮りに出かけました。

1_20180419_175539001

撮影地には、すでに多くのカメラマンが、大砲のようなレンズ付けてスタンバイされていました。手前にあるのが私のカメラ。
カメラ負けし、端の方で撮らせていただきました。

1dsc_18611dsc_1787

茂みからコマドリ(オス)が現れると一斉に連写。
鳥撮りあこがれのスターの姿をなんとかゲットできました。

2018年4月16日 (月)

新緑

隣町、八百津町の旅足(たびそこ)橋からの新緑が綺麗との情報でいってきました。山桜もまだ咲いていてとても綺麗でした。
ただ橋から覗くと足が震えるので要注意です。

1dsc_8872002

1dsc_8871

1dsc_8863

200メートル上から覗く景色は飛行機かドローンで見る世界です。

2018年4月 5日 (木)

名古屋ルーセントアベニュー

名古屋駅から、ルーセントタワーに通ずる地下道には絵が画かれており素敵な空間を演出している。

1dsc_0031

1dsc_0022001

1dsc_8549

下の写真は上下逆にして掲載している。
数年前まで話題になったが、今は田舎者の私ぐらいしか写真を撮る者はいなかった。

より以前の記事一覧