人の営み

2019年4月21日 (日)

久田見祭り

遅い桜の満開の下、この地域では春まつりの最後ともなる「久田見祭り」が今日 行われた。絢爛豪華な曳山が5台各町内から集結し、神社境内ではからくりが披露された。 
Dsc_3881

Dsc_3892

Dsc_3949

2019年2月23日 (土)

雪を求めて

この地域では、積雪となる雪もなく今年の冬は終わってしまった。昔は春のドカ雪があったが、どうも望めそうもない。ということで昨日は雪を求めて奥美濃の高鷲方面に出かけた。

Dsc_3454001

牧歌の里

Dsc_3389

ひるがの高原スキー場

牧歌の里、蛭ヶ野高原スキー場などにいった。さすがに雪はあったが、所々に地面がむき出しのところもあり、雪の少なさを感じた。
それにしても、日本人は少なく、台湾の方か、中国の方か、バスを連ねて来られた人ばかり、ほとんど日本語を聞くことはなかった。

2019年2月10日 (日)

今尾の左義長

今、全国の各地で左義長の行事が盛んに行われていて、今日は岐阜県海津市で行われた「今尾の左義長」に行ってきた。秋葉神社境内で次々と大きな左義長が燃やされ、氏子達が派手な衣装や化粧で飛び回る祭りは全国三大左義長の一つと言われている。

Dsc_0260

十基を超える笹神輿が各町内から繰り出される。

Dsc_0933

一基ずつ火が付けられ、火の粉と灰が境内に飛び散るが、その灰を浴びることにより一年無病息災といわれる。

Dsc_0966

Dsc_1123

左義長の回りで色々な行事が行われ、氏子の若い衆が勇猛果敢に飛び回る姿は圧巻でした。

2019年1月21日 (月)

説明書き

Dsc_2494

Dsc_2495

先に行った、岐阜各務原航空博物館に展示してある練習用の飛行機だろうか、機体に取り扱いの説明が具体的に書いてある。外見を気にしない農機具などにも採用してほしいと思った。

Dsc_9548

ただ、何が危険なのか解らないものもあったが、無理に近づくことだけは避けるべきと理解した。

2019年1月16日 (水)

三寺参り

Dsc_9479001

Dsc_9419

昨日は、岐阜県飛騨市古川町で「三寺参り」という行事が行われた。親鸞上人の遺徳をしのぶ200年以上前から続く行事で、特に三寺をお参りすることで、良縁を成就するとの言い伝えから、未婚の女性が着飾ってお参りする姿がみられる。
街中を流れる瀬戸川沿いでは、風情残る古川の町並みを背景に記念写真を撮る大ぜいの人でにぎわっていた。

2019年1月14日 (月)

岐阜清流里山公園

今日は、美濃加茂市にある、岐阜清流里山公園に午後より出かける。昨年より岐阜県昭和村から名称を変更し、入場料も無料となった。そのせいか入場者が大幅に増え、今日も祝日とあって、大勢のの来場者で賑わっていました。

Dsc_2978

名前のとおり、里山の雰囲気を充分楽しめる田んぼや水車小屋等もあり、夏には蛍も舞うとか。

Dsc_3011

最上部には藁迷路や藁アートある。

Dsc_3013

残念ながら、岐阜県中部で発生した豚コレラによって、人気の動物広場は立ち入り禁止で、人気のラマは見ることが出来なかった。広場に放牧されていたヤギが、人が来ないので手持ち無沙汰なのかあくびをしながら、人の姿の見える方を盛んに眺めていた。
写真は500mm相当で撮ったもの。

2019年1月 9日 (水)

大きくなったカブ、ダイコン

1_20190109_123626001

まだ畑に残っているカブとダイコンを収穫に行った。ダイコンは50㎝を越え、カブも大きなものは直径15㎝ほどになっていた。ここまたで大きくなると、どうして食べたら良いか知恵がいるが、冬場は野菜か少ない時期なので家に持ち帰った。

2019年1月 7日 (月)

トンネル

前にも一度取り上げましたが、丸山ダム再開発事業によって作られた大久後トンネルを今日も通った。このトンネルの照明がまだら模様で面白い。照明もナトリュゥム灯だろうか、見た目よりも写真に撮ると赤く写る。

1dsc_2891nef

2019年1月 4日 (金)

妻籠宿インスタスポット

1_20190104_174354

今日は写友と木曽路妻籠宿へ。最近インスタ映えするスポットとして人気の奥谷本陣資料館へも寄りました。
囲炉裏の煙と格子戸からの日の射し込みで幻想的な光のショーが見られ、今日も大勢の観光客や写真家が訪れていました。冬至前後のこの時期限定の眺めだそうです。

2019年1月 2日 (水)

年賀状

1dscf6484

今年も多くの方に年賀状をいただいた。やはり猪年だけあって猪のイラストを使用されたものが多かったが、よくよく見るとイラストの猪は全部違っているし、文体も文も(あたりまえですね)違い、私同様に年賀状作成に苦労されているのが解った。

より以前の記事一覧