植物

花、野草、樹木など

2019年5月12日 (日)

ユリの木、ハンカチの木、ナンジャモンジャの木

花フェスタ記念公園の珍しい木「ユリの木」「ハンカチの木」「ナンジャモンジャの木」がそれぞれ花を咲かせていました。

Dsc_1343

北米原産のユリの木。チューリップやユリのような花を付けることからユリの木又は、チューリップツリーとよばれます。

Dsc_1283001

ハンカチの木。中国の雲南、貴州地方の標高の高いところに自生する木で、白いハンカチをぶら下げたように見えることからハンカチの木と呼ばれる。

Dsc_1338

ナンジャモンジャの木。ヒトツバタゴと呼ばれる木で、 最近は園芸種として見られるようになりましたが、長野県の一部と岐阜県、愛知県、長崎県対馬の一部にしか自生していない。自生地は国の天然記念物に指定されている。

2019年5月 2日 (木)

小さな花

裏庭の雑草が花を咲かせている。小さな花をよく見ればなかなか綺麗だし、種を残すために懸命だ。

Dsc_1172

上、キュウリグサ

Dsc_1173

カタバミ

2019年4月 5日 (金)

自生するシデコブシ

東海地方の一部のみに自生するシデコブシ。最近は庭木や公園木で見られますが、私の住む近くでは自生するシデコブシが見られ、今年も沢山の花を付けています。

Dsc_2697 Dsc_2699

まだまだ沢山の蕾がついていました。

2019年3月27日 (水)

ショウジョウバカマも花盛り

カタクリの花と同時期に咲くショウジョウバカマ。みたけの森ではこちらも見頃を迎えていました。Dsc_0167
 Dsc_2651001

2019年3月26日 (火)

カタクリ

Dsc_2602001

Dsc_2598

この地域では、今、カタクリの花が見頃をむかえています。地元の人達で大切に守られてきた、可児市の鳩吹山の群生地もカタクリの花が満開で絨毯化していて、今日も大勢の見物客で賑わっていました。


2019年3月24日 (日)

ハルリンドウ

最近はほとんど見ることが無い、ハルリンドウがたんぼの山ぐろに咲いていた。フデリンドウトとよく似るがこちらの方が清楚で美しい。
Dsc_0158

Dsc_0157thumb1
ブログの投稿の仕様がが変わった、一度に記事が投稿できない、今までどおりで不便しなかったのに。
複雑になってしまった。

2019年3月22日 (金)

サクラ開花

今日は相次いで桜の開花情報が流れた。
我が家の裏庭の桜も開花し始めた、
といってもソメイヨシノではなく、
少し早めに咲くサクラのようだが名前は解らない。
Dsc_0139

2019年3月16日 (土)

菜花(なばな)

Dsc_0001001

我が家の畑の菜花(なばな)の花。つまり、菜の花が、今みごろを迎えている。
花の咲く前のつぼみの時期に収穫するのだが、 種まきを一度しか行わないので、あっという間に花に変わる。野菜としての利用期間は少ないが、畑を春にしてくれる貴重な野菜だ。

2019年3月13日 (水)

今も咲く河津ザクラ

Dsc_2302

Dsc_2298

Dsc_2304

2月22日のこのブログで咲き始めをお知らせした、道路沿いの河津ザクラ。今日の強い風で多くの花びらが落ちましたが、それでもまだ見頃です。1ヶ月ほど咲いている長寿のサクラです。

2019年2月22日 (金)

里は、いよいよ花盛り

梅の花は満開を迎え、早咲きの河津桜も咲き始め、里は本格的な春に向かい始めました。

Dsc_2146

Dsc_2147

Dsc_2152

上二つは梅の花。
最下段は咲き始めた河津桜(カワヅサクラ)。

より以前の記事一覧