動物

動物、昆虫、魚など

2018年10月14日 (日)

今年もアオゲラがやってきた

今年は暑さと台風で、裏の柿の木の実付きが悪かったが、それでも少しだけ残った柿の実を食べにアオゲラがやってきた。
台風で葉はほとんどが落ちてしまったので、アオゲラを撮すには最適だった。

1dsc_1673

2018年10月11日 (木)

大きくなったナガコガネグモ

毎年のことながら家の軒等にはジョロウグモ、庭木などにはコガネグモが巣を架け、今はずいぶん大きくなってきている。

1dsc_6251

コガネグモにはコガネグモとナガコガネグモの2種類があり、こちらははナガコガネグモ。

2018年10月10日 (水)

アサギマダラ

アサギマダラ

自宅近くの空地のセイタカアワダチソウにアサギマダラが来ていた。1,000キロ以上の渡りの途中に立ち寄ったのだろう、この地域ではこの時期に偶然に近い頻度しか見られないチョウ。

2018年10月 6日 (土)

ホシホウジャク

このところコスモスの花に早朝(日が射し込む頃)やってくるのはホシホウジャク。長い口吻でせわしなく吸密し、花から花へと飛び回る。
ホバリングしながら吸蜜するのでハチドリと勘違いされることもあるとか。

1dsc_1016

撮影は動きが速いので、連写で撮って良い写りものを選ぶしかない。

2018年10月 1日 (月)

おんぶバッタ

水田に、おんぶバッタを孫が見つけ「赤ちゃんをおんぶしている」と言った。「そうだね、かわいいね」と返事をした。
しかし、このおんぶバッタはコバネイナゴの交尾中で、小さい方がオス、大きい方がメス。つまり、お母さんにおんぶされているのはお父さんである。

1_20181001_165149_20181001_191217

動物界ではよくあることであるが、子供には説明が難しい。

2018年9月25日 (火)

ジムグリ幼蛇

ジムグリ幼蛇

初めてみたジムグリの子供。目だち過ぎる気がする。
初めてスマホからの投稿です。

2018年5月24日 (木)

クモの巣と水滴

昨日の雨で、今朝の庭は水滴でキラキラしていた。シトシト雨だったこともあり、クモの巣にはびっしりと水滴がついていました。

1dsc_9014001

咲き始めたサツキの花の上のクモの巣は、多くの水滴を付け下の花を写しこんでいました。

1dsc_9009

小さなクモの巣にも水滴がいっぱいつき、まるで首飾りのようです。

2018年5月23日 (水)

ケリ

田植えの時期と子育ての時期と重なるようで、このところケリの鳴き声がけたたましい。

1dsc_1162

1dsc_1190

水田近くの草地に営巣するため、田植えのこの時期人を警戒し威嚇行動をとるのだろうが、鋭いくちばしと鳴き声で近づいてくるので怖い思いをすることもある。

2018年5月18日 (金)

ヤマドリ

近くの山間の道にヤマドリが出るとの話を聞き、鳥好きの写友に案内いただき写真を撮りに出かけました。
行った時は道路沿いの林の中にいたが、人が近づくと威嚇のため道路に出てくる。

1dsc_1152

レンズを向けると尾羽を真っ直ぐのばし、顔も威嚇状態。

1dsc_1138

近づきすぎると襲われる。頭や目をねらうそうです。

1dsc_1149

人を追い払うと悠々と食事。

2018年5月 4日 (金)

コゲラ

このところ毎日のように家の近くにやって来るコゲラ。桜の古木から何かの虫の幼虫を引きずり出して食べていました。

1dsc_1932

1dsc_8918001_2

キツツキの仲間で一番小さなコゲラですが、時々幹をつつく音は遠くまで聞こえます。

より以前の記事一覧