動物

動物、昆虫、魚など

2019年10月 6日 (日)

カマキリの共食い

Dsc_0388

今日は秋晴れの爽やかさが戻り空を見上げた。そのとき見つけたのは、軒の雨樋に交尾中のカマキリを発見。でも、メスの背中に乗っかっているオスの首や頭部が無い。交尾中にメスがオスを食べ、産卵までの栄養にするよくある行動たそうだが、人間から見れば奇怪な行動にしか見えない。

2019年9月 3日 (火)

クモの巣づくり

Dsc_0330
裏庭で小さなクモが巣作りをしていたまるでレコード盤のようである。特に左下たのように糸が重ならないようUターンして巧妙に作り上げる技は誰に教わることもなく作られる。もうクモのDNAに仕組まれた技なのだ。

2019年8月27日 (火)

輪禍のホトトギス

Dsc_0323_20190827173301

ほとんど毎朝、裏山でトッキョキョカキョクと鳴いていたホトトギス。今日の朝、近くの道路上で無残な姿と化していました。山中の道路ですが、ゴルフ場やダム工事に係る車が早朝は多いため輪禍に遭遇してしまったようです。声はすれど、なかなか姿をカメラに収めることが出来なかったのにこんな姿で紹介することになり残念。

2019年8月24日 (土)

クモの巣と朝露

Dsc_0293

Dsc_0286

朝夕は少し涼しくなり蜘蛛がかけた巣に朝露がつき真珠玉のように輝いていた。

2019年7月29日 (月)

ショウリョウバッタと擬態

Dsc_0031

Dsc_0035

裏庭の芝生を刈り始めたたらショウリョウバッタがたくさん飛び出してきた。まだ羽の未成熟な子供バッタだが飛び跳ねる動作は素早い。それにしても、静かに芝生に止まっていればまったく気づかない巧妙な擬態。

2019年7月26日 (金)

イカルとホトトギス

Dsc_6460001
イカル 

Dsc_6469
ホトトギス

近くの林や山でイカルがツキーヒーホー、ホトトギスがトッキョキョカキョクと盛んに鳴くが姿を撮えることが出来ないでいた。今日は偶然にも2つの姿を捉えることが出来た。といっても出来上がりは標準ズームで慌てて撮ったのだからお粗末な写真でしかなかった。

2019年7月24日 (水)

ウチワヤンマ

Dsc_6307

Dsc_6301001

梅雨が明け、バンの池に再びバンの雛たちを見に行く。池に行くと今日は色々なトンボが飛んでいた。バンの雛たちの確認もそこそこにトンボを追っかけた。シオカラトンボ、チョウトンボ、ショウジョウトンボなどが飛び交っていたが、後ろ腹部に団扇状の突起をもつウチワヤンマを発見。初めてみるサナエトンボ科のトンボで、地域によっては絶滅危惧種にも指定されているとか。下の写真は元気に泳ぎ回るバンの家族。

 

2019年7月23日 (火)

コフキトンボ

Dsc_5301

Dsc_5302001

自宅近くの池で、シオカラトンボより少し小柄なコフキトンボが、さかんにお尻を水中に差し入れ、水中の枯れ草に産卵をしていた。なお、コフキトンボは雌雄共に白い粉を付したような体色は同じ。

2019年7月19日 (金)

訂正記事

Dsc_1968003
ササゴイの幼鳥

Dsc_4882
ゴイサギの幼鳥

先日(17日)ササゴイの幼鳥をゴイサギの幼鳥と紹介しましたが、間違いでしたので訂正をさせていただきます。

 

2019年7月16日 (火)

カイツブリの成長

Dsc_5702
元気に游ぐ子供達。

Dsc_5707
親に見守られながら潜水に挑戦する。

Dsc_5717 
久しぶりに可児川に行きカイツブリを確認した。3羽の子供達は元気に游いでいて、時折、水中に潜る練習をしていた。まだマダラ模様ではあったが確実に成長していた。

 

より以前の記事一覧