2018年7月12日 (木)

低空飛行

見慣れた鳥で、今まで撮ったことがないので、撮影に挑戦しました。
とわいえ電線などに留まっているツバメでは話にもならないので、
高速で飛ぶツバメに挑戦しました。

3dsc_1583

フイルムカメラの時代では撮すのがはなかなか難しい被写体も、強力なオートホーカス、手ぶれ補正と高速連写などのついたデジタルカメラが一般的となった昨今、労せず撮れるようになったのはありがたい。

2dsc_1581

1dsc_1580

今回は低空飛行するツバメを連写でねらってみました。

2018年7月 2日 (月)

アオハズクの撮影

ある寺に、アオハズクが見られるという情報に得た写友に誘われて撮影に。寺に到着後、最初は出没するという杉の大木を双眼鏡でくまなく確認するが見当たらない。でも、鳥撮りなれた友人は居場所を確認。おかげで、ようやくアオハズクの撮影成功しました。

1dsc_3856
500㎜でトリミング拡大したアオハズク。

1dsc_3823
こちらは双眼鏡で見た程度のアオハズク。どこにいるのか素人ではわからない。見えるに人には見えるから不思議。

2018年5月23日 (水)

ケリ

田植えの時期と子育ての時期と重なるようで、このところケリの鳴き声がけたたましい。

1dsc_1162

1dsc_1190

水田近くの草地に営巣するため、田植えのこの時期人を警戒し威嚇行動をとるのだろうが、鋭いくちばしと鳴き声で近づいてくるので怖い思いをすることもある。

2018年5月18日 (金)

ヤマドリ

近くの山間の道にヤマドリが出るとの話を聞き、鳥好きの写友に案内いただき写真を撮りに出かけました。
行った時は道路沿いの林の中にいたが、人が近づくと威嚇のため道路に出てくる。

1dsc_1152

レンズを向けると尾羽を真っ直ぐのばし、顔も威嚇状態。

1dsc_1138

近づきすぎると襲われる。頭や目をねらうそうです。

1dsc_1149

人を追い払うと悠々と食事。

2018年5月 4日 (金)

コゲラ

このところ毎日のように家の近くにやって来るコゲラ。桜の古木から何かの虫の幼虫を引きずり出して食べていました。

1dsc_1932

1dsc_8918001_2

キツツキの仲間で一番小さなコゲラですが、時々幹をつつく音は遠くまで聞こえます。

2018年5月 2日 (水)

子スズメ受難

我が家ではスズメが3ヵ所ほど家の軒などに巣をかけている。しかし、大きくなった雛が、巣から這出でて時々落下するケースがある。
大きくなった雛は、親スズメも助けることができず息絶える。残念だ。

1dscf6455

1dscf6452

家と家の間に張られた角形鋼管の中に巣を作っていたが、傾斜があり、雛は容易に這いだし落下したようです。

2018年4月22日 (日)

キジ

春は鳥たちにとって繁殖の季節。日頃あの見ないキジたちも里に出て賑やかになります。

1dscf0091

1dscf0100

隣町、八百津杣沢で見かけたオスのキジ。メスを呼ぶのでしょうかケン、ケーンと声高だかに鳴いていました。

2018年4月19日 (木)

コマドリ

今日は、鳥り好きな写友に誘われて、海津市にコマドリを撮りに出かけました。

1_20180419_175539001

撮影地には、すでに多くのカメラマンが、大砲のようなレンズ付けてスタンバイされていました。手前にあるのが私のカメラ。
カメラ負けし、端の方で撮らせていただきました。

1dsc_18611dsc_1787

茂みからコマドリ(オス)が現れると一斉に連写。
鳥撮りあこがれのスターの姿をなんとかゲットできました。

2016年7月13日 (水)

鳥撮り挑戦

200-500の望遠レンズを以前に購入したが、あまり使わないで時が過ぎた。そこであまり得意ではないが岐阜市の松尾池で鳥撮りに挑戦した。
今日はカワセミが頻繁に来ているということで、大勢のカメラマン(ウーマンを含む)がみえ、仲間に入れていただき挑戦した。

Dsc_1054

ISOを1600. Fを開放5.6にし、S 1/1000で撮ったが被写体ブレだった。カメラnikon7200

Dsc_1079

水面に飛び込む瞬間、飛び出る瞬間は、水しぶきでカワセミの姿がわからなかった。写真はカワセミの姿がどうにか写った一枚。

Dsc_1064_2

平凡だが木に止まっているのが一番クリァーだった。機材負けもありなかなか難しい。

コメントについて障害が出ているようです。書き込みができなかったらお許し下さい。

2016年4月 9日 (土)

ヒヨドリ

近所の桜の木にヒヨドリが数羽おしよせて賑やかだった。車から望遠レンズを取り出し鳥撮りの練習をした。手持ち撮影だったのでやっぱり少しぶれていた。

Dsc_3873_2

Dsc_4026

花から花へと、時には仲間同士けんかをしながら桜の花の蜜を吸っていた。

Dsc_3976

中にはホバリングしながら蜜を吸う横着者も。とわいえハチのようにストローを持ち合わせないので蜜をなめているだけだと思うが。

より以前の記事一覧